それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チャド「どうした一護こんなところに呼び出して」 一護「座れ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 20:58:39.40 ID:F2CAkv2o0
チャド「・・・」

一護「正座」

チャド「どうしたというんだ一護」

一護「お前どうして俺に呼び出されたか解るか?」

チャド「いや」

一護「お前俺の悪口言ってたみたいだな?逃げ出すだって俺が?」

チャド「だ、誰からそれを」

一護「誰だっていいだろうが!お前さ少しでも役に立ったことあんのか?アァン?」

チャド「そ、それは・・・」

一護「そりゃ俺だって精神的に脆いよ。でも逃げだしたことねえだろうが?」

一護「俺は何時如何なる戦いの時もビビらず勝って来ただろうが!」

チャド「あ、あれはつい口が滑って」

一護「役に立たないくせに口だけは達者だな。おい」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:00:32.37 ID:kLqnI5d00
月島さんのおかげ


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:02:05.64 ID:hRm/06N/0
いつもの奴か?久しぶりだな



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:02:47.04 ID:F2CAkv2o0
一護「ルキア助け出した時さお前何してたっけ」

チャド「・・・」

一護「俺と石田が隊長格倒してんのにお前ドジ踏んだみたいだな」

チャド「京楽さんは・・・強い」

一護「あんな大事になってるのに卍解使わねえ爺が強いわけねえだろうが!」

ルキア「やめんか一護!茶渡だって悪気があって言ったわけじゃなかろうが」

一護「退けよルキア。剣八も白哉も強かったな・・・それに比べてお前は」

チャド「・・・ごめん一護」

一護「謝って済むなら死神はいらねえんだよ」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:03:56.83 ID:ZKmUfEFB0
鰤最序盤のチャドさんのなんか凄そう感は異常だったのにな……
どうしてこうなった……



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:04:55.85 ID:Hfko06Vz0
チャド覚醒は今後無いの?


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:06:11.25 ID:cxQcWl930
>>8
二度も覚醒したチャドさんにどんだけ求めるんだよ・・・



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:06:02.65 ID:F2CAkv2o0
恋次「井上の時もそうだったよな」

一護「俺が破面落ちのおっさんやグリムジョーとウルキオラと戦ってる時何してた?」

恋次「俺と石田が眼鏡と戦ってルキアが十刃倒してる時だよ!聞いてんのか!!」

チャド「お、俺も一人倒した・・・その後に十刃に襲われた・・・」

一護「番号は?」

チャド「・・・5」

一護「本当に情けねえ・・・何だお前」

恋次「足ばかり引っ張りやがってクソかてめえは」

ルキア「言いすぎだぞ。茶渡気にするな事は無いのだぞ」

チャド「・・・」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:09:20.35 ID:F2CAkv2o0
一護「極めつけは月島と銀城の時だ」

恋次「見事に裏切ったもんな。こいつ」

チャド「つ、月島?」

一護「恍けてんじゃねえぞ!!」ドゴッ

チャド「うっ・・・」

恋次「頭いいんじゃねえの?それともバカなのか?」ボコッ

ルキア「何も蹴る事は無かろう二人そろって!あれは仕方がない事だ!」

一護「クソの役にも立たねえゴミ」

恋次「仲間の足引っ張るカス」

織姫「盾にすらならない能無し」

一護「お前・・・何で俺たちと行動してんの?」

チャド「ううっ・・・」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:10:11.60 ID:onZPOtiuP
どんどん増えててワロタ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:12:36.03 ID:F2CAkv2o0
一護「帰ろうぜ。一生そこで這いつくばってろ」

恋次「二度とツラ見せんじゃねえぞ」ペッ

織姫「キャハハハハ」

チャド「・・・」

ルキア「気にする事はないぞ茶渡。お前はお前なりに精一杯頑張って居たではないか?」

チャド「俺は弱い・・・一護や阿散井の言う通りだ・・・」

ルキア「案ずるな。きっとお前の力はまだ未完成だ・・・だから」

一護「おい行くぞ」

恋次「いつまでもそんなのに構うなよ」

ルキア「だから希望を持て茶渡。お前も私たちの仲間だからな忘れるな」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:13:05.06 ID:MMj+/Lej0
恋次も人の事言えないぞ!


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:14:49.09 ID:F2CAkv2o0
チャド「昨日朽木に言われた通りだな・・・今度こそ一護の役に」

チャド「おはよう二人とも」

啓吾「チッ。行こうぜ水色」

水色「え?何か聞こえたの?」

啓吾「・・・そうだったな。何も聞こえなかったぜ」

チャド「浅野・・・小島・・・」

水色「クスクス」

啓吾「気持ちわりい・・・何だあれ」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:17:58.55 ID:F2CAkv2o0
チャド「・・・」

一護「何突っ立ってんだ邪魔だバカ」

チャド「お、俺の机と椅子が」

一護「は?何言ってんだお前」

啓吾「うわぁ・・・」

水色「君は正座でしょ地べたに?」

チャド「・・・」

一護「座れよ。ほら」

チャド「い、一護」

一護「あ?座れよ」

チャド「・・・」スッ

一護「プッ」

織姫「キャハハハハハ」

啓吾「普通本当に座るかよ!バカじゃねえのお前!」

水色「だから必要とされないんだよ」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:20:38.85 ID:F2CAkv2o0
チャド「こ、これはイジメなのじゃないか・・・有沢」

たつき「・・・」

織姫「行こうたつきちゃん。変な病気移されちゃうよ」

チャド「・・・」

啓吾「ずっとこっち見てるぜあいつ」

一護「おいチャド。パン買って来いよ」

チャド「か、金は」

一護「お前持ちだろ?何だその態度」

啓吾「3分な。3分で買ってこないと」

一護「腹パン60発な。行けよほら」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:21:43.90 ID:8/ztudLqO
チャドの友達が


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:23:59.06 ID:MMj+/Lej0
グリムジョーだ
あいつなら喋ってくれる



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:24:53.00 ID:F2CAkv2o0
チャド「・・・はい」

一護「遅いだろお前」

啓吾「しっかりしろよ」

一護「ほら駄賃だ」チャリン

チャド「五円・・・」

一護「拾え」

チャド「ひ、拾ったら俺を仲間に・・・」

一護「ゴタゴタ言う前に拾えよ」

チャド「くっ・・・」

一護「惨めだなお前。それが親友に対して悪口を言った報いだ」

チャド「クソ!!」

一護「何だよ急に走り出して。自殺するんじゃねえぞ!面倒だから色々と」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:27:15.08 ID:F2CAkv2o0
チャド「一護も阿散井も井上もみんな・・・朽木なら・・・」

チャド「いや朽木もダメだ・・・尸魂界にでも行こうか・・・」

チャド「爺ちゃん・・・俺はどうすればいいんだ・・・」

アブウェロ「ヤストラ・・・もういいんだお前は強い、そうだろ」

チャド「・・・」

チャド「そうだったな・・・行くよそっちに・・・」

チャド「・・・」

チャド「」

チャド

チャ




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:30:35.51 ID:vR4c7yxL0
チャドの霊圧が…消えた…?


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:30:42.98 ID:F2CAkv2o0
グリムジョー「おい起きろデカいの起きろ」

チャド「・・・俺は爺ちゃんの元へ・・・」

グリムジョー「は?何言ってんだてめえ」

チャド「まさか虚圏に来るとは・・・」

グリムジョー「どうでもいいけどよ。早く帰れよ」シッシッ

チャド「現世に俺の居場所が無くなった・・・たった一言の失言でな」

チャド「俺はここで暮らしたい。いいだろ」

グリムジョー「・・・ここ俺の縄張りだ。寝床はてめえで探しな!」

チャド「こ、ここに居てもいいのか!?」

グリムジョー「うるせえ!デカい声出してんじゃねえぞ!!!」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:32:31.58 ID:MMj+/Lej0
流石仲間思いのグリムジョーさんだ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:33:45.88 ID:F2CAkv2o0
チャド「ここにしよう・・・グリムジョー」

グリムジョー「うるせえな何だよ一体」

チャド「食い物とかあるのか?」

グリムジョー「それぐらいてめえで探せよクソかてめえは」

チャド「腹が減った・・・」

グリムジョー「いい加減にしねえと本気でぶっ殺すぞ!アァン!?」

チャド「す、すまない・・・」

グリムジョー「てめえが居るって事は黒崎はどこよ来てんだろどうせ」

チャド「一護は来ない・・・俺は一護に見捨てられた・・・」

グリムジョー「一護、一護って気持ちわりいな・・・ホモかよこいつ」

チャド「俺には価値が無いんだ・・・」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:37:22.72 ID:F2CAkv2o0
グリムジョー「ほらよ」

チャド「こ、これは」

グリムジョー「情けかけんのはこれが最後だ。食え」

チャド「・・・」クチャクチャクチャ

チャド「・・・これは何だ」クチャクチャクチャ

グリムジョー「虚」

チャド「・・・美味い」クチャクチャクチャ

グリムジョー「じゃあな。これでてめえと会うのも最後だ」

チャド「行ってしまうのか・・・」

グリムジョー「うるせえな・・・何だよてめえはよぉ来るなら来いよ」

チャド「アリガトウ・・・オレウレシイ」

グリムジョー「チッ」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:38:54.43 ID:1dP+sukxO
ホモかよとか言いつつ苺気になるジョーさんはやっぱ優しいな


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:40:30.37 ID:F2CAkv2o0
チャド「おいあれは何だ」

グリムジョー「あー・・・何だっけなあれ」

日番谷「もう俺は尸魂界に帰る!何だよ左遷じゃねえか!!」

雛森「いい加減にしなよ。巻き込まれた私の身にもなってよ」

チャド「あれは日番谷冬獅郎・・・おい!」

日番谷「・・・茶渡・・・茶渡泰虎か!!!」

チャド「やはり俺とお前は同じような悲惨な目に会うのが」

日番谷「宿命のようだな」

チャド「フッフッフ」

日番谷「ヘッヘッヘ」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:43:58.93 ID:F2CAkv2o0
チャド「俺たちは所謂一つのかませ犬ってとこだ」

グリムジョー「かませ犬?」

日番谷「おう。俺たちのように毎度毎度懲りずにしばかれる事を言うんだ」

チャド「言うなれば敵の戦力を測るという役目で」

グリムジョー「情けねえ・・・お前もかませか」

雛森「私は違います。鬼道の達人ですから」

チャド「他にも狛村さんと言う人が居て」

日番谷「俺たちより弱いんだぜ!」

グリムジョー「じゃあ俺行くから。じゃあな」

チャド「行かないでくれ!!!」

日番谷「右も左もわからねえんだ俺!!!」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:45:07.26 ID:wV1cH2qK0
毎度毎度こいつらに何の恨みがあるんだよwww


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:45:16.18 ID:hRm/06N/0
わんこ一緒にするなよ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:47:09.16 ID:MMj+/Lej0
わんわんはハゲやレンジよりずっと強い!


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:47:38.11 ID:F2CAkv2o0
グリムジョー「付いてくんなよ」

チャド「俺たちが哀れだと思わないのか?」

日番谷「お前はいいよな・・・強そうだし」

チャド「一護と3度に渡って戦ったらしい」

日番谷「マジかよ黒崎と3回も」

グリムジョー「2勝1敗ってとこよ」

チャド「一護より強いな」

日番谷「尊敬するぜ・・・すげえよお前」

グリムジョー「そうだろ!すげえに決まってんだろうが!何が黒崎だ!!」

グリムジョー「だいたい黒崎何て片手で倒せるっつうの」

チャド「フッ・・・チョロいな」

日番谷「ああ。この手のタイプは煽てればどうにでもなる」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:51:44.13 ID:F2CAkv2o0
雛森「やめなよ惨めだよ」

日番谷「こんな悪環境の虚圏で生きていくにはこいつの力が必要だ」

チャド「俺は認めてくれる友達がほしい」

雛森「・・・」

チャド「それに見てくれこの4人を」

雛森「は?」

チャド「あんたが井上、日番谷が石田、俺は俺そしてあいつは一護だ」

日番谷「ほら何となく育ち悪そうなとこが阿散井や黒崎に似てるだろ」

チャド「俺たちは一人ではない」

日番谷「あいつが居れば俺たちもハクが付くってもんよ」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:58:06.96 ID:F2CAkv2o0
チャド「そうだ朽木には俺がここにいるという報告をしよう」

グリムジョー「して来いよ。一々声に出して言う事じゃねえだろうが」

チャド「頼む。行って来てくれ」

グリムジョー「おいチビ行けってよ」

チャド「違うグリムジョーお前だ」

グリムジョー「は?」

日番谷「ほら俺って左遷されたから戻ったらヤバいだろ?」

チャド「俺が行けば阿散井にボコボコにされてしまう・・・」

日番谷「でもお前は黒崎の知り合いだろ?行けるぜ」

チャド「多分一護も居る・・・と思う。決着をつけるなら今だぞ」

グリムジョー「・・・朽木って野郎に言えばいいんだな。おいお前案内しろ」

雛森「いいんですか適当な事を言って」

チャド「問題無い」

日番谷「俺たちが行くと酷い目に会うから・・・わかってくれよ・・・」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 22:04:03.71 ID:F2CAkv2o0
グリムジョー「ここか」

雛森「はい」

グリムジョー「とっとと行こうぜ。この門を壊せばいいんだろ」

雛森「いや門を壊すのは・・・あっ・・・」

グリムジョー「行こうぜ朽木って野郎に言いに行くついでに黒崎倒しによ」

雛森「・・・」

グリムジョー「ほら行くぞ。迷子になっちゃかなわねえから」

雛森「は、はあ・・・」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 22:08:09.74 ID:8/ztudLqO
一護がクズになるほどグリムジョーがかっこよくみえる


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 22:11:09.58 ID:F2CAkv2o0
チャド「ここはいいな・・・」

日番谷「俺たちを虐める奴がいねえ・・・」

チャド「本当に静かだ・・・」

日番谷「まったくだ・・・」

チャド「あいつどうしてるだろうな」

日番谷「すぐに帰ってくるだろ。どうせ・・・」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 22:22:29.49 ID:F2CAkv2o0
雛森「堂々と歩かないでくださいよ」

グリムジョー「いいんだよ。おい」

雛森「は、はい」

一角「何だこいつ破面じゃねえか」

雛森「やめてくださいね面倒起こすのは」

グリムジョー「おいハゲ!てめえだてめえ!何ガン飛ばしてんだ!!!」

一角「あ?何だとこの野郎・・・殺しちまうぞ」

グリムジョー「上等だハゲ」

雛森「や、やめてくださいよ。行きましょうよ朽木さんのとこへ」

グリムジョー「かかって来いよ。ほら」



49 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/12/05(水) 22:28:55.80 ID:bMbqMre+0
チャドって確か最初は一護が背中を任せられる様なキャラだったのに・・・


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 22:34:32.65 ID:8/ztudLqO
もう死んでも構わないキャラだよな


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 22:39:04.07 ID:NZLm0Ldd0
むしろ最初のあたりでさっさと死んでた方が扱い良かったかも


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 22:50:31.97 ID:F8eOag9CO
チャドには前線から外れて欲しくなかった


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 22:54:28.03 ID:F2CAkv2o0
チャド「こうボーっとしてると虚圏と同化した気分になるな・・・」

日番谷「そうだな・・・」

チャド「・・・」

日番谷「・・・」

チャド「」

日番谷「」

チャド

日番谷

チャ

日番






56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 23:07:27.00 ID:8/ztudLqO
重い


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 23:07:36.02 ID:NZLm0Ldd0
vip全体が落ちてる


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 23:14:37.42 ID:F2CAkv2o0
ルキア「茶渡がですか?」

雛森「うん」

ルキア「無事でしたか・・・あ奴は」

雛森「そうなんだけどね・・・ほら聞こえるでしょこの爆音」

ルキア「そういえば先ほどから騒がしいですな」

雛森「一緒に来たグリムジョーさんって人が暴れてると思うの。途中で逸れちゃったけど」

ルキア「・・・」

雛森「一角さんと弓親さんを倒してさそれでみんなから追われて」

ルキア「と、止めに行きましょう」

雛森「う、うん」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 23:26:35.21 ID:NZLm0Ldd0
鯖の霊圧が…消えた…?


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 23:28:37.70 ID:F2CAkv2o0
狛村「ぐわあああああああああああああああああああああああああ」

剣八「」

グリムジョー「ほら次来いよ次・・・どんだけ居るんだこいつら・・・」

グリムジョー「あの眼帯野郎・・・ズタズタに斬りやがって」

射場「よくも隊長を・・・生かして帰すわけにはいかんのう・・・」

雛森「ちょっと何やってるんですか!もう帰りますよ」

ルキア「貴様やりすぎだぞ!」

恋次「おい」

グリムジョー「あ?」

恋次「てめえのツラ覚えたぞ」

グリムジョー「上等だ。ぶっ殺してやるよ」

ルキア「茶渡の事をヨロシクお願いします」

雛森「う、うん。行きますよ」

グリムジョー「結局黒崎と決着付けれねえまま終わっちまったぜ・・・何だってんだクソが」





61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 23:32:11.92 ID:8/ztudLqO
終わり?


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 23:34:06.62 ID:ueAkH+LX0
    ,,,..-‐‐‐-..,,,
   /::::::::::::::::::::::::ヽ        _,..-‐‐-..,,,
  l::;;-‐‐-:;;::::::::::::ヽ//-‐,,__ /:::::::::::::::::::::ヽ
  l:l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ヽ   /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-'^~~^'‐;;:l
   ~ヽ/      ::::::::::::::::::::::::::U::ヽミ   .ll
    / / ̄^ヽ   ::::::::::::::::::::::U:::ヽ  ,.ノ ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    /  |  ・ .|     :/ ̄^ヽ:::::::l'^~ .<
  ‐/-,, ヽ,_,,ノ      |  ・  |:::::::l  <
   l  ~^''     `‐'   ヽ.,_,,ノ  :l  <   | ヽ                     / ̄ ̄\
  '''l^^~~~    / ̄ ̄ヽ    -‐‐‐--l-  <   |  ヽ   __                  |
   ヽ、 ,,,,  | |||!|||i||!| |   ~^'‐..,,_/  <  /    \   |ノ      ――――     /
    / (:::::} | | |ll ll !!.| |    ,,,, イ~'''  < /      \ 丿 アアァァ           |
    l:  ~~  | |!! ||ll| || |   {:::::) ::l    .<                            ●
   l:      | | !   | l    ~~  l   <
   l、     ヽ`ニニ'ノ       ,l>    V V V V V V V V V V V V V V V V VV V V V V
   /^‐-,,____,,,,,,,,..................,,,,,,,__,,,.--ヽ
   ~‐‐'~             ^'‐‐~



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 23:39:05.90 ID:F2CAkv2o0
この状況はマジでヤバいから終わり


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 23:41:23.35 ID:NZLm0Ldd0




元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354708719/

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/11 01:26 ] ブリーチSS | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。