それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雛森「ああ・・・」ブリブリブリ ルキア「何だ今の音は」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:23:24.34 ID:Ml5Qoe9A0
雛森「どうしよう・・・うんち漏らしちゃった」

ルキア「雛森副隊長先ほどの音は?」

雛森「えっ・・・ううん。何でもないよ・・・」

ルキア「そうですか。それでは引き継ぎの件で言い忘れてた事が・・・」

雛森「人様の家でうんち漏らすなんて・・・やだ。どうしよう・・・」

乱菊「にしてもあんたの部屋って臭いわね」

一護「ホントだ・・・何だこの臭い・・・」

雛森「・・・」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:24:01.79 ID:MbEQePE30
マジチキ


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:24:24.36 ID:SD6vIFMg0
どうせなんだかんだでチャドの霊圧が消えるんでしょ



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:26:45.08 ID:Ml5Qoe9A0
一護「じゃあなルキア。身体に気を付けろよ」

ルキア「ああ」

一護「乱菊さんルキアのこと」

乱菊「任せといてよ」

一護「くっせえな・・・何だよこれ」

雛森「さ、さあ」

一護「何だよこの臭い」

雛森「・・・」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:28:50.85 ID:Ml5Qoe9A0
一護「風呂入って来いよ。疲れたろ?」

雛森「いえ・・・いいです」

一護「そう」

雛森「は、はい」

雛森「立ち上がったら零れちゃうよ・・・」

雛森「正直に話そうかな。でも・・・」

一護「ほら布団敷いてやるから。どいてくれよ」

雛森「じ、自分でしますから・・・はい」

一護「あっそ」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:29:57.14 ID:lOMg3Asl0
くさいなぁ


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:31:31.75 ID:Ml5Qoe9A0
一護「押し入れの中、窮屈だったろ」

雛森「・・・」

一護「なあ」

雛森「は、はい!」

一護「自分の家だと思っていいんだぜ。ルキアなんて」

雛森「わ、わかりました」

一護「くせえと思わねえか?何か溝のような臭いがよ」

雛森「そ、そうですか。私は別に」

一護「ふーん」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:32:28.58 ID:NdkA7nC6O
こういう状況で、たとえばチャドが一人だけ良い香りだって言ったらド変態扱いされて漏らした事うんぬんはどうでもいい感じになるよな


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:33:45.46 ID:lOMg3Asl0
「済まぬ…」ブリブリブリブリ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:34:25.15 ID:1wZKVWKE0
狗村「ちゃんと後始末するワン!」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:34:32.96 ID:Ml5Qoe9A0
雛森「・・・寝たかな」

雛森「今のうちに厠で捨てちゃお・・・」

雛森「お願いだから起きないでくださいね黒崎さん」

雛森「・・・」コソコソ

雛森「・・・」コソコソ

一護「おい」

雛森「ひっ」ピク

一護「どうした?」

雛森「な、何でもない・・・です・・・」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:35:39.38 ID:DhjWafFs0
最近こんなの雛森じゃないと思うようになった


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:36:47.70 ID:Ml5Qoe9A0
石上「ええーっ!君の部屋で謎の異臭騒ぎが発生したのかい!?」

一護「すげえ臭いなんだぜ。マジで」

石上「心当たりは」

一護「ねーよ」

チャド「それはウンコではないのか一護」

一護「チッ」

石上「もしかしたらさウンコじゃないのかい?」

一護「ねえだろ。あの娘が漏らすと思うか?」

石上「案外ブリっとしたかもしれないヨ」

チャド「ムッ・・・」

石上「チッ」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:37:45.53 ID:SvPRhDwr0
何だこの空気


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:38:31.20 ID:lOMg3Asl0
チャドは臭い(断定)


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:39:22.40 ID:Ml5Qoe9A0
一護「ほらくせえだろ」

石上「くっさ・・・何ですかこの悪臭」

一護「寝てんのか」

チャド「こいつから臭いが」

一護「チッ」

雛森「あ、帰ってらしたのですね」

一護「すげえ臭うからさこいつに」

雛森「しまった・・・捨てるの忘れてた・・・」

石上「ああくっさ・・・何これ生ゴミだよこれ」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:39:56.83 ID:1wZKVWKE0
ブリSSはどんなにキャラ崩壊してても平気
師匠が明確にキャラを立たせてるから

バカにされてるけど描き分けはかなり上手いとおもう



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:41:44.28 ID:Ml5Qoe9A0
日番谷「はっ!」

一角「それで俺と一護が屋根に乗ってる弓親に球ぶつけてたらよ」

恋次「すっ転んで寝込んでるんすよね」

日番谷「雛森がヤバい・・・」

恋次「寝ぼけてんじゃねえぞガキが」

日番谷「ひ、雛森が」

恋次「あ?」

日番谷「いや・・・いいよ何でもねえよ」

一角「このガキだけはホントに狂ってんな」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:44:25.85 ID:Ml5Qoe9A0
雛森「黒崎さん!虚が」

一護「行くぜ石上」

石上「行こう!」

一護「てめえは留守番でもしてろ。足手まといが」

石上「雛森さんは」

雛森「その・・・体調が優れなくて・・・」

一護「てめえはくんなよクソ野郎」

チャド「・・・」

一護「来たら問答無用で斬るぜ。ウドの大木が」

チャド「わ、わかった・・・留守番してる」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:46:45.84 ID:Ml5Qoe9A0
チャド「お前漏らしてるな」

雛森「な、何を」

チャド「俺には解るんだ。漏らしてるな?」

雛森「・・・漏らしてません」

チャド「白状しろ。俺がまた一護にボコボコにされる」

雛森「・・・」

チャド「言え!!!」

雛森「うっ」ビクッ

チャド「言った方がいいぞ。なあ雛森」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:50:51.65 ID:4NmmvUku0
石上って誰だよ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:50:52.46 ID:Ml5Qoe9A0
織姫「くろさ・・・」

チャド「井上か」

織姫「チッ」

織姫「ふーん・・・居候まだ居るんだ」

雛森「はい・・・」

織姫「臭いね・・・本当に臭い」

織姫「雛森さんだったかな?あまり黒崎くんに近づくのやめてね?」

雛森「いえこれは仕事というか・・・それに朽木さんと」

織姫「黒崎くんには私が居るの?わかるよねそれぐらい?」

雛森「・・・はい」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:53:20.52 ID:Ml5Qoe9A0
織姫「どいてよ」

雛森「ど、退けません。だって退いたら」

チャド「いいから退け。なあ井上」

織姫「チッ」

雛森「・・・退いてしまったら。取り返しのつかない事に」

織姫「だから?」

雛森「だからその・・・」

織姫「あなたの事情には興味が無いの。私が退けって言ったら退くのが筋だよ」

織姫「ほら退いてよ!何様なの!?」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:57:46.54 ID:Ml5Qoe9A0
日番谷「・・・おい阿散井」

恋次「あ?」

日番谷「いえ・・・あの現世に行って雛森どうしてるかなって」

恋次「それしかねえのかよ?沸いてんじゃねえの頭」

日番谷「う、うるせえ!だいたい俺は隊長・・・」

恋次「隊長だろうが総隊長だろうが俺の知ったこっちゃねえよ」

恋次「雛森のことしかねえのかよ?腐れストーカー野郎が!!!」

日番谷「く、苦しい・・・冗談だって」

恋次「てめえの立場と雛森のことしか考えてねえもんな?なあ?」

日番谷「ご、ごめんなさい!マジで許してくれ俺が悪かった!!」

恋次「今度ナマ言ったら腕へし折るぞ。いいか」

日番谷「す、すんませんでした・・・」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:59:18.10 ID:8ICNaY1ZO
この>>1は雛森が好きなのか嫌いなのか


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:59:48.46 ID:SvPRhDwr0
いつも日番谷の扱いで笑ってしまう


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:02:19.47 ID:Ml5Qoe9A0
一角「あのバカは」

恋次「2、3発ぶん殴ったら伸びちまいましたよ」

日番谷「」

一角「あいつこの前隊士30人も見殺しにしたんだってな」

恋次「真っ先に逃げたらしいっすよ」

一角「態度がデカいくせに雑魚でチビ」

恋次「自分の事しか頭にねえゴミ野郎。救いようのねえタコガキだ」

恋次「オラ起きろよ。寝たふりしてんじゃねえぞ!!」

日番谷「・・・あ」

恋次「立て」

日番谷「は、はい・・・」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:04:55.07 ID:Ml5Qoe9A0
花太郎「宅配でーす」

夏梨「今日一兄居ないよ」

花太郎「そうですか。他の皆様は」

夏梨「織姫ちゃんと雛森って子が居るよ。あと気持ち悪いのが一匹」

花太郎「これ尸魂界からその雛森さん宛てに」

夏梨「渡しとくよ」

花太郎「それでは・・・」

夏梨「また遊びにきなよ。一兄にも言っとくからさ」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:08:05.80 ID:Ml5Qoe9A0
一護「何だそれ」

雛森「何でしょうね」

織姫「い、いつまで居るのこの女」

一護「ルキアが現場復帰するまでだから・・・」

石上「育児休暇とか諸々込みで1年とちょっとぐらいだネ」

織姫「ふ、ふーん・・・そんなに居るんだこのアマ」

雛森「これ・・・」

一護「南瓜か」

雛森「お婆ちゃんからですね。南瓜・・・」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:16:26.66 ID:Ml5Qoe9A0
石上「さて井上さん帰ろうか」

織姫「と、泊まってく」

石上「やめたまエ。黒崎の気持ちも考えるのだヨ」

一護「何がよ」

織姫「おい黒崎くんに手出すなよ。クソビッチ」

雛森「はい・・・」

織姫「いつまでも同じ場所に座ってるんじゃない!!!」

雛森「きゃっ」ボトッ

一護「お、おい・・・井上」

織姫「やだ・・・何これ・・・ウンチだよね・・・?」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:18:32.79 ID:Ml5Qoe9A0
一護「糞漏らしてたんだ」

雛森「ご、ごめんなさい」

一護「気にするなよルキア何て3度も漏らしてるんだぜ」

雛森「朽木さんがですか?」

一護「それこそ臭いや量なんざ比べ物にならねえよ」

雛森「は、はあ・・・」

一護「気にしねえ方がいいぜ」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:20:05.98 ID:Ml5Qoe9A0
織姫「何よ・・・あんな女の肩持っちゃって」

織姫「酷いよね石上くん」

織姫「石上くん?」

織姫「居ない・・・」

織姫「どいつもこいつも・・・ふざけるなよ」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:30:35.69 ID:Ml5Qoe9A0
日番谷「い、一緒に来てくれよ・・・頼むよ」

恋次「俺が忙しいの知ってんだろが」

日番谷「く、朽木孕ましやがって!死ねバーカ!!!」

恋次「おい」

日番谷「い、いえ・・・」

恋次「有り金よこせ」

日番谷「は、はい・・・これだけです」

恋次「しけてやがんな・・・」

一角「仕方ねえから行ってやるか」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:33:46.12 ID:Ml5Qoe9A0
一護「ここに来てどれほど経つ」

雛森「2週間ほどです・・・すみません漏らしちゃって」

一護「いいって言ってるじゃん。たまには外に出ろよ」

一護「ほら行こうぜ」

雛森「は、はい」

一護「一角も弓親も何でか制服来てウロウロしてたしルキアの貸してやるよ」

雛森「あ、ありがとうございます黒崎さん」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:37:25.76 ID:Ml5Qoe9A0
恋次「おーい一護!俺だ俺」ドンドン

夏梨「一兄なら居ないよ」

一角「どこ行った?」

夏梨「さあ」

日番谷「阿散井!斑目!話が違うじゃねえか!!」

恋次「クソガキが一角さん腕持ってくれないっすか」

一角「大人しくしろ!」

日番谷「な、なんだよ!やめろって!!冗談だろ!?」

恋次「腕・・・へし折るって言ったよな?」

日番谷「やめてくれよ!俺が悪かったって!!許してくれって!!!」

恋次「ポッキリとやってやるか・・・なあ日番谷」

日番谷「ごめんなさい!ごめんなさい!!本当にごめんなさい!!!」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:40:52.52 ID:Ml5Qoe9A0
日番谷「うぎゃあああああああああああああああああああああああああ」

恋次「もう一本行くか」

日番谷「も、もう・・・勘弁して・・・勘弁してくれよ・・・」

一角「折れただけで情けねえガキだ」

恋次「井上のとこでも行けよガキが」

日番谷「う、腕・・・俺の腕が・・・」

恋次「一丁前に痛がってんじゃねえぞクソガキが」

一角「今度悲鳴でもあげてみろ。目ん玉抉り出すぞ」

日番谷「も、もう勘弁してください・・・おねがいします」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:42:55.14 ID:8ICNaY1ZO
完全にDQNじゃねーか


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:47:49.54 ID:Ml5Qoe9A0
恋次「雛森頑張ってんのか」

コン「まあな」

恋次「そうか」

コン「普段から家に居るから家の事してるぜ」

一角「ある意味じゃルキアちゃんより頑張ってんだな」

恋次「ヤったのか一護」

コン「・・・それはわからねえ」

恋次「どこ行ったんだ一護」

コン「知らねえ」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:51:49.04 ID:Ml5Qoe9A0
織姫「腕折られたんだ」

日番谷「・・・」

織姫「ねえ知ってる?黒崎くんと雛森さんね」

日番谷「聞きたくねえ」

織姫「気の毒だよね。寝取られるなんて」

織姫「いっその事さ殺しちゃって永遠に自分の物にすれば?」

日番谷「殺すって雛森をか?」

織姫「うん」

日番谷「く、黒崎には負ける確実に・・・でも雛森なら」

日番谷「そんな事したら阿散井にボコボコにされそうだし・・・」

織姫「考えといた方がいいよ。フフッ」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 23:59:20.57 ID:kDEUZnl9O
今日のはあんまり面白くないよ


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/20(火) 00:09:39.96 ID:GBxE+S28O
誰も見てないけど俺は見てる


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/20(火) 00:12:18.70 ID:oSDqYBbl0



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/20(火) 00:14:41.13 ID:SwpL4pwJ0
終わったの?


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/20(火) 00:15:04.51 ID:GBxE+S28O
終ったんだ



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353331404/

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/24 00:44 ] ブリーチSS | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。