それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一護「へえールキアの代わりにあんたが」 雛森「はい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:37:42.73 ID:HMfgnvdH0
一護「・・・大丈夫なのかよ。こんな華奢な体つきで」

雛森「鬼道には自信があります」

一護「言っとくけど死神代行のサポートってハードだから」

雛森「はい」

一護「あと虚とかウジャウジャ出るから」

雛森「はい」

一護「それと寝床は押し入れになるけど。いいか?」

雛森「は、はい・・・」

一護「じゃあ頼むぜ」

雛森「よろしくお願いします黒崎さん」

一護「お、おう・・・」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:38:23.18 ID:UwNfhTBZ0
なんか可愛い雛森だな
それとも猫かぶりか?



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:38:33.64 ID:XACFGUgG0
あとぬいぐるみからのセクハラ



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:40:36.13 ID:HMfgnvdH0
石中「ええーっ!君の家にまた美少女が来たのかい!?」

一護「ああ」

石中「どうなの具合は」

一護「いや好みじゃねえし」

チャド「パンカッテキタ」

一護「そこ置いとけ」

チャド「オツリ」

一護「てめえにやるよ。失せろ」

チャド「アリガト。オレウレシイ」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:43:42.82 ID:7PPzvMRX0
チャドがインドネシア人になってる


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:43:48.54 ID:HMfgnvdH0
雛森「黒崎さん」

一護「どうした」

雛森「私は普段何をすればいいんでしょう」

一護「家で大人しくするか掃除でもしといてくれ」

雛森「は、はい」

一護「あと俺の頭とか蹴るの禁止な」

一護「マジで腹立つからあれ」

雛森「わ、わかりました」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:45:35.17 ID:Zs92PNYBO
黒くない雛森か


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:45:52.57 ID:HMfgnvdH0
一護「ここが雛森・・・さんの寝どこだ」

雛森「こ、ここですか」

一護「まあ平子の部下だし一応住みやすくしてあるからさ」

雛森「・・・狭いです」

一護「ルキアだってそこに住んでたんだから」

一護「ちょっとぐらい平気だろ?な?」

雛森「・・・そ、そうですよね。ハハッ」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:46:22.56 ID:OHkhrPij0
依存するんだろうな


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:49:56.79 ID:Db3SejcPO
黒くない雛森とか珍しい


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:51:24.60 ID:6RYEmrgB0
苺からただようそこはかとないゲス臭


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:08:26.04 ID:vzZPAGei0
>>12
いつものことだろ



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:53:15.52 ID:HMfgnvdH0
日番谷「は?聞いてねえし俺・・・」

檜佐木「いや乱菊さんに言ったんスけどね俺」

日番谷「えっ・・・何で黒崎の家に・・・」

檜佐木「朽木の代わりだとか言ってたじゃねえっすか」

射場「相変わらず頼りにならん隊長じゃの」

日番谷「お、おかしいだろ・・・何でどうして」

一角「狼狽えやがってよ・・・情けねえ」

弓親「しっかりしてくださいよ日番谷隊長」

日番谷「ぐぬぬ・・・」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:55:47.16 ID:HMfgnvdH0
日番谷「い、行こうぜ!射場、檜佐木、斑目、綾瀬川」

一角「一人で行って来いよ。うぜえなマジで」

日番谷「お、俺は隊長なんだぞ!」

一角「だから?」

弓親「それがどうしたって言うんですかね?」

日番谷「だ、だからその・・・一緒に」

一角「あ?」

日番谷「いえ・・・ごめんなさい。俺が悪かったマジで」

一角「雛森も今頃ヒーヒー言ってんだろな・・・なあ」

弓親「御気の毒様」

日番谷「くっ・・・ざけやがって黒崎のやつ・・・」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:57:39.52 ID:Db3SejcPO
ひばんたにさんは相変わらず


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:07:00.36 ID:HMfgnvdH0
雛森「やっぱり狭いや・・・」

雛森「く、黒崎さん」

一護「・・・」

コン「どうした?」

雛森「いえ別に」

コン「一護起こさない方がいいぜ。寝起き悪いから」

雛森「・・・怖いですか黒崎さん」

コン「ああ・・・怖い」

雛森「・・・おやすみなさい」

コン「・・・」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:09:01.90 ID:HMfgnvdH0
石中「どうだい雛森さんとの生活はヤったかい?」

一護「興味ねえよ」

石中「ンフフ」

一護「俺って胸がデカいのが好きなんだぜ。今日だって」

織姫「黒崎くーん!」

一護「ほらな」

石中「デートかい?」

一護「虚なら雛森に任せときゃいいし。なあチャド」

チャド「ウッス」

石中「羨ましいな・・・チキショー」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:09:50.29 ID:UwNfhTBZ0
織姫の扱いがいいだと!?


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:10:38.35 ID:CKVmRduq0
ウソダロwwwwwwwwww


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:11:23.63 ID:HMfgnvdH0
雛森「・・・」

石中「邪魔するよ!」

コン「げっ眼鏡」

雛森「ど、どこから」

石中「窓さ!」

コン「こいつ頭おかしいから気を付けた方がいいぜ」

石中「聞いたよ雛森さん。居候なんだってね?」

石中「僕がこの街を案内しよう!」

石中「おっと・・・君に発言を断る権利はない。いいね?」

雛森「わ、わかりました」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:13:59.54 ID:HMfgnvdH0
織姫「どこ行くの黒崎くん」

一護「そうだな・・・」

一護「へっ。別にお前なんか興味ねえよ実際問題」

一護「まあ女には不自由しないこの俺だ。井上ぐらいの上玉つれてりゃ」

織姫「?」

一護「ハクが付くってもんよ・・・ヘッヘッヘ」

一護「俺的には育美さんとか夜一さんとかがいいんだけどな・・・」

織姫「ねえ」

一護「そういえば買ったばかりのパンツどこやったかな」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:17:46.79 ID:HMfgnvdH0
グリムジョー「何だこれ」

ネリエル「パ、パンツだよ」

グリムジョー「誰の」

ネリエル「・・・井上さん」

グリムジョー「あいつか」

ネリエル「その届けて欲しいんだよねパンツを」

グリムジョー「何で」

ネリエル「ほらあの人に借りがあるとか言ってるからさ。これ返してチャラに」

グリムジョー「そりゃそうだけどよ」

ネリエル「お願いね。一護に渡せばいいと思うからパンツ」

グリムジョー「チッ。あーあめんどくせえな。ついでに黒崎でもぶん殴ってやろうか」

ネリエル「本当は一護のパンツなんだけどね」

ハリベル「本当の事を言ったらプライドの高いあいつだ断るだろうな」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:20:39.06 ID:HMfgnvdH0
石中「ここはねハッテン場なんだ」

雛森「?」

石中「初心だねぇ・・・」

石中「本当は妄想してるんでしょ?狛村さん×射場さんみたいな」

雛森「し、してませんよ!」

石中「可愛いね。デュフフ・・・」

石中「ちなみにハッテン場っていうのは男同士が・・・」

雛森「黒崎さんは怖そうだしこの人は頭おかしいし」

雛森「朽木さんや阿散井くん、平子隊長の言ってた話と違うよ・・・」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:21:10.80 ID:DFdIB7c00
>>1だけ見てまともな奴かと思ったけど違った


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:24:25.68 ID:HMfgnvdH0
石中「それとこれはね。大人のおもちゃ屋と言って」

雛森「この人絶対におかしい!」

石中「入ってみようか」

石中「・・・居ない」

石中「先に行っちゃったのか!そうかそうか」

石中「スケベだねぇ・・・ンフフ」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:27:47.25 ID:HMfgnvdH0
雛森「ただいま帰りました」

コン「おう」

雛森「・・・誰ですこの人」

コン「一護のライバルだってさ。井上さんのパンツ届けに来たとか」

グリムジョー「黒崎は」

雛森「わかりません。ごめんなさい・・・」

グリムジョー「チッ」

コン「何で一護に拘るんだよお前」

グリムジョー「野郎は死神で俺は破面だからだ!他にねえだろうが!」

雛森「でも黒崎さんって人間ですよ。死神代行ですけど」

グリムジョー「こ、細かい事はいいんだよ!うるせえな!!」

雛森「ひっ」ビク



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:32:04.54 ID:tdohlXdD0
前から雛森いいと思ってたけど、>>1の黒雛森と今回の雛森のお陰ですごく可愛く思える


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:32:51.78 ID:HMfgnvdH0
雛森「で、でも暴力はいけませんよ。絶対に」

グリムジョー「何で」

雛森「どっちも痛いじゃないですか?それに先に手を出した方が負けですよ」

グリムジョー「・・・負けんのかよ」

雛森「は、はい」

グリムジョー「それは嫌だね絶対によ。だいたい負けるのだけはごめんだぜ」

雛森「ですよね。だから黒崎さんに付き纏わない方がいいですよ」

グリムジョー「でも俺は勝ちたいんだよ!黒崎に」

グリムジョー「女のアンタには解らねえだろうぜ!!」

雛森「・・・」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:35:11.78 ID:HMfgnvdH0
一護「あー・・・もしもし・・・たつきか」

一護「今からお前ん家行くからさ。先にシャワー浴びてろよ。うん」

織姫「だ、誰と電話してるの・・・」

一護「誰でもねえよ。チャド」

チャド「ハイ」

一護「遊子に買い物頼まれてるから。てめえ行って来いよ」

チャド「了解」

一護「あいつら腹空かして待ってるからさっさと買って来いよ」

チャド「了解」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:38:46.62 ID:CKVmRduq0
若い内に豪遊して死んでからルキアと結婚すると金持ちニートになれるよ


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:43:02.12 ID:HMfgnvdH0
雛森「く、黒崎さんの得意分野で勝負してみてはどうでしょうか」

グリムジョー「よお小さいの黒崎の得意なのって」

コン「勉強じゃねえの特に国語。ほら見ろよテストだぜこれが」

グリムジョー「あいつクソ馬鹿かと思ったら100とか90あるじゃねえか」

雛森「べ、勉強得意ですか?」

グリムジョー「必要ねえよ!俺は虚から破面になったんだぜ!!」

グリムジョー「俺の拳は鉛筆握るためにあるんじゃねえ!」

雛森「でもその得意分野で勝った方が凄いと思いますよ。何ていうか」

コン「そ、そうだぜ!一護並に強いんだからそれぐらい余裕だろ!」

コン「や、やってみろよ。暴れられたら大変だし・・・」

グリムジョー「脳みその勝負で勝ったら俺は黒崎の倍強いって事だよな・・・」

雛森「頑張ってみましょうよ」

雛森「黒崎さんのサポートに来たのに・・・肝心の黒崎さんが」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:45:12.80 ID:HMfgnvdH0
チャド「コレイチゴカラ」

夏梨「悪いねいつも」

チャド「イチゴニサカラウ。ユルサレザルコウイ」

夏梨「ほらお駄賃あげるよ。10円でいいよね」

チャド「アリガト。オレウレシイ」

夏梨「ほら」

チャド「ヒトノヤサシサ。カンシャカンシャ」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:47:45.58 ID:Db3SejcPO
一護がクズになるほどグリムジョーがまともに見える


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:52:04.61 ID:HMfgnvdH0
一護「それでグリムジョーが家に居付いてよ・・・マジ勘弁だぜ」

石中「そう」

一護「まあ馬鹿だし雛森の言うことは基本的に聞いてるから害ねえけど」

一護「虚退治も雛森がチョクチョクしてるしよ」

一護「俺は遊べるってもんだぜ。なあ石中」

石中「そうっすね」

一護「何だよその態度は」

石中「別に」

一護「チッ」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:56:35.29 ID:CKVmRduq0
石中って中学校の略みてえ


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:00:34.24 ID:HMfgnvdH0
恋次「おい!今動いたんじゃねえのかルキア」

ルキア「そ、そうだな」

恋次「無事に産んでくれよルキア」

ルキア「ま、まだ先ではないか・・・」

恋次「あっという間だぜそんなの」

恋次「そういえば一護に報告してねえよな」

ルキア「何をしておるのだろうな一護は」

恋次「さあな」

恋次「雛森がサポートしてるし元気してるだろ。多分」

ルキア「一護だからな・・・」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:07:26.07 ID:CKVmRduq0
恋次死ね


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:07:41.98 ID:UwNfhTBZ0
恋次氏ね


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:09:11.98 ID:z5yoSyhk0
恋次氏ね


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:09:32.27 ID:HMfgnvdH0
遊子「お兄ちゃん最近帰り遅いね」

夏梨「まあ一兄も子供じゃないし」

雛森「大丈夫ですよ黒崎さんの事ですから」

夏梨「ほら」

遊子「うん・・・」

雛森「もう3日も帰ってない・・・」

雛森「何してるんだろ」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:13:51.36 ID:HMfgnvdH0
グリムジョー「なあ」

雛森「はい?」

グリムジョー「狭くねえのそこ」

雛森「もう慣れましたよ。ここで寝るの」

グリムジョー「黒崎居ねえならあそこで寝ろよ。いいんじゃねえの」

雛森「帰ってきたら怒られそうですから。勝手に寝てたら」

グリムジョー「文句あるなら言い返せばいいんだよ。黒崎なんて」

コン「お前が寝れば」

グリムジョー「ふざけんな!俺は世話にはならねえ!」

グリムジョー「その証拠に屋根で寝てるだろうが!!」

コン「お、おう・・・」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:17:12.61 ID:HMfgnvdH0
織姫「へ、へえ・・・黒崎くんの家に」

チャド「ソウダ」

織姫「雛森さんだっけ?」

チャド「アア」

織姫「ど、どうしてこうなるのかな?おかしいよね?」

チャド「オレニイワレテモコマル」

織姫「絶対に浮気してるよね・・・あいつ・・・」

織姫「許さない・・・燃やしてやる・・・」

チャド「・・・ゴクッ」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:21:35.42 ID:HMfgnvdH0
雛森「焦げ臭いな・・・何だろ・・・」

コン「おい起きろよ!起きろって」

雛森「ど、どうしたのですか!?」

コン「燃えてる・・・家が燃えてる!」

雛森「ほ、本当だ!妹さんたちは」

コン「まだ寝てるんじゃねえか」

雛森「黒崎さ・・・帰ってきてませんね」

コン「ど、どうすんの」

雛森「とにかく妹さんたち連れて出ましょう。それしかありませんよ!」

コン「い、急がなきゃ」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:31:05.70 ID:CKVmRduq0
井上wwwwwww


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:32:27.14 ID:UwNfhTBZ0
井上はブレないなぁ


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:35:05.93 ID:HMfgnvdH0
一護「なん・・・だと・・・?」

雛森「気がついたときには・・・」

一護「どうすんだよ!なあ!!」

雛森「ご、ごめんなさい!」ビクビク

一護「アンタさぁ火の玉出すよな斬魄刀から?」

雛森「は、はい」

一護「家燃やしたのアンタじゃねえの?」

雛森「ち、違いますよ!」

一護「おいグリムジョーてめえだろ!俺と喧嘩したいからってこれか」

グリムジョー「何だと・・・やんのかてめえ!」

一護「上等だクソ野郎が!ボコボコにしてやんよ!!」



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:38:44.56 ID:HMfgnvdH0
一護「何だ・・・威勢だけかよ」

グリムジョー「ペッ」

織姫「黒崎くーん!私のお家泊まる?」

一護「悪いな井上。遊子、夏梨来いよ」

夏梨「あの子どうすんの」

一護「ほっとけよ。とんだ疫病神だぜ」

雛森「・・・ごめんなさい」

コン「お、俺・・・どうしよ」

チャド「オマエオレクル。コイ」

コン「やめろ・・・やめろ・・・!」

チャド「クルンダ」

コン「やめろォ!!!!!」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:44:21.20 ID:HMfgnvdH0
雛森「自信無くしちゃいました・・・」

グリムジョー「もう帰ればいいんじゃねえの」

雛森「任務ですし朽木さんと約束しましたからね」

グリムジョー「どうしようもねえじゃん」

雛森「疲れました・・・何かもう・・・」

石中「あれれー?雛森さんと付き人じゃないかネ!」

グリムジョー「何だ眼鏡かよ」

石中「黒崎の家・・・派手に燃えたね」

グリムジョー「追い出されたぜ俺も雛森さんもよ」

石中「君はいいとして彼女は引き取ろう。いいね?」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:46:13.77 ID:UwNfhTBZ0
その時、俺の頭に嫌な展開がよぎる


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:47:56.48 ID:HMfgnvdH0
石中「プッ。黒崎にボコボコにされたんだ」

グリムジョー「勝ったんだよこれで」

石中「負けてるでしょ。常識的に考えて」

グリムジョー「先に手出した方が負けなんだよ馬鹿野郎!」

石中「このプライドの高そうな破面が・・・素晴らしい娘だ」

石中「僕の子供を身籠るのに最高の素材だ!」ペロッ

グリムジョー「勝ったのはこの俺だ」

石中「グフフ・・・」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:48:53.69 ID:UwNfhTBZ0
なん……だと……


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:51:03.94 ID:HMfgnvdH0
一護「は?泊まってんのあいつが?」

石中「そうだヨ」

一護「あっそ」

石中「まあコブ付きだけどネ」

一護「グリムジョーか・・・情けなくなったもんだぜあいつも」

一護「あの手のツッパリタイプってのは清純派に弱いんだ。それに頭が悪いあいつは」

一護「上手い事騙されやがって。ダサすぎんぜ」

石中「そうっすね」

一護「その返事やめろ」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:55:19.17 ID:NbvJNjeH0
いつチャドが世紀末覇者みたいな口調になるのかビクビクしながら見てる


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 23:56:35.39 ID:HMfgnvdH0
一護「ったくてめえの幼馴染だけはよ」

日番谷「す、すんませんでした」

岩鷲「うち来て説教すんのやめろよ」

一護「剣八のとこじゃうるせえからよ」

岩鷲「何だそれ」

一護「そうそう。お前の女な寝取られたよ」

日番谷「だ、誰にだよ」

一護「恋次みたいなタイプ。ようするにヤンキー系だ」

日番谷「お、俺の一番苦手なタイプだ・・・ど、どうして」

一護「知らねえよバーカ」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:04:04.15 ID:kDEUZnl9O
ひばんたに・・・


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:11:43.53 ID:Mp7Y6Pml0
石中「雛森さん!虚だよ!」

雛森「はい!」

グリムジョー「よっこらしょ」

石中「君はいいよ。来るなよ」

グリムジョー「うるせえないいだろうが暇なんだし」

石中「チッ」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:17:26.12 ID:Mp7Y6Pml0
一護「・・・ルキア」

ルキア「い、一護か」

一護「その腹」

ルキア「妊娠だ。恋次にな」

一護「ふーん・・・マジでかよ」

ルキア「ああ」

一護「腹が出っ張って胸が大きくなったな少しだけ」

ルキア「た、たわけ///」



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:35:13.62 ID:Mp7Y6Pml0
一護「その雛森ってのがさ」

ルキア「雛森副隊長は頑張っておられるのだぞ」

一護「どうしてもルキアと比較しちまうんだよな」

ルキア「家が焼けたんだろ石中から聞いたぞ」

一護「ああ」

ルキア「どうして焼けたかは知らんが一護」

一護「・・・」

ルキア「雛森副隊長に謝って来い」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:40:07.80 ID:Mp7Y6Pml0
一護「その・・・何ていうかあれだ」

雛森「?」

一護「悪かったなキツイ事言っちまって」

一護「俺もほら動揺してたっていうか。あの・・・あれだ」

雛森「別に構いませんよ。私は」

一護「ついついルキアと比較しちまうんだ・・・」

雛森「いいんですよ気にしないでくださいよ黒崎さん」

一護「マジで悪かった・・・本当にすまねえと思ってるよ俺」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:43:53.96 ID:iInFXLAo0
済まぬ……


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:45:12.25 ID:Mp7Y6Pml0
グリムジョー「帰るわ俺・・・」

雛森「そうですか。あまり喧嘩しちゃダメですよ」

グリムジョー「おうっす。色々世話になっちまって」

グリムジョー「何っつうか。ほら・・・」

雛森「はい?」

グリムジョー「やっぱりいいや・・・」

雛森「それではお元気で」

グリムジョー「・・・黒崎」

一護「何だよ」

グリムジョー「・・・何でもねえ。次勝つのは俺だぜ」

一護「何なんだあいつ」



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:50:56.15 ID:Mp7Y6Pml0
織姫「チッ。どうするの!ねえ!!」

チャド「オレ。シラナイ」

織姫「何よそれ・・・また燃やしてよ!ねえ!!」

チャド「ワ、ワカッタ。オレヤル」

グリムジョー「おい」

チャド「ナニオマエ!?」

グリムジョー「黒崎の家焼いたのはてめえらか」

チャド「オレハメイレイサレタダケ!」

グリムジョー「井上てめえには借りがある逃げな」

織姫「ラッキー!」

グリムジョー「悪いが黒崎を倒すのは俺だあと雛森さんには借りがある」

チャド「オレドウスルツモリ!?」

グリムジョー「ぶち殺してやる!!!」

チャド「グワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:53:57.84 ID:aXnmmGgB0
チャド死ね


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 00:56:07.96 ID:Mp7Y6Pml0
石中「それで雛森さんと組んで」

一護「ああ」

石中「そういえば茶渡くん死んだらしいね」

一護「ほっとけよ。そんなの」

雛森「黒崎さーん!」

一護「おお来た来た。じゃあ行ってくるわ」

石中「頑張りたまエ。応援してるヨ」

一護「よし行こうぜ!」

雛森「はい!!」





77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:05:12.48 ID:s/3d3hHl0
最近ヘタレだった奴らが地味な名誉挽回してるよな


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:06:10.34 ID:iInFXLAo0
乙ん


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:07:41.74 ID:yzBQDMnsT
おつ


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 01:26:12.34 ID:kDEUZnl9O
相変わらずグリムジョーは単純だよな



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353242262/

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/23 00:54 ] ブリーチSS | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。