それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日番谷「お前も氷雪系だったよな」 ルキア「は、はい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:34:34.58 ID:YGyYWF640
日番谷「何っつうか斬魄刀使うのやめろ」

ルキア「な、なぜですか」

日番谷「お前が活躍するとほら俺の影が・・・わかるだろ?」

ルキア「は、はあ」

日番谷「そもそもお前って副官クラスの実力ねえじゃん?」

日番谷「兄貴が偉いだけだし浮竹に気に入られてるだけだろお前」

ルキア「・・・」

日番谷「何だよその眼は!俺を見下す眼はやめろ」

ルキア「は、はい・・・」

日番谷「危なくなったら黒崎と阿散井が来るもんな」

日番谷「実力ねえんだから使うんじゃねえぞ。これは隊長命令だ」

ルキア「し、しかし」

日番谷「俺は隊長てめえは副官・・・格が違うんだよ。わかったな」

ルキア「はい・・・」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:35:19.84 ID:CQWzhf0w0
斬魄刀に加湿器つければ無敵やん?


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:35:39.73 ID:Le+iDF+G0
日番谷きゅん小っちゃい


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:36:38.48 ID:+VSEZbse0
総隊長が卍解したら役立たずになる二人がなんか言ってる


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:43:51.10 ID:SvBcQaz+0
>>5
ルキアのは役に立たないとは言ってない




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:38:47.82 ID:YGyYWF640
日番谷「それともう一つ」

ルキア「まだ何か」

日番谷「あんまり調子に乗るな」

ルキア「はい」

日番谷「後はほら虚出ても出張るなよ。俺がヤバいから」

ルキア「はい」

日番谷「斬魄刀没収な。置いとけよここに」

ルキア「いやでもこれは・・・」

日番谷「おい!俺は隊長なんだぜ隊長!!!」

日番谷「朽木とか浮竹にチクるぞ!!」

ルキア「は、はい」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:39:46.65 ID:9tkH0G6W0
雛森「背も器もちっちゃいままだね、シロちゃん」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:40:24.26 ID:WAJ2Ajvy0
>>8
雛森「チン....」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:42:06.03 ID:YGyYWF640
日番谷「これで俺も一安心だな・・・」

日番谷「おーい松本・・・いねえのか」

雛森「乱菊さんなら檜佐木さんと一角さん引き連れて現世に行ったよ」

日番谷「ならお前がお茶入れろよ」

雛森「は?」

日番谷「お、怒るなよ。俺が淹れるから」

雛森「あれ?これって」

日番谷「こ、これは何でもねえよ・・・何でも」

雛森「斬魄刀だよね。一つじゃ役に立たないから誰かの盗んだのかな?」

雛森「盗人が・・・これだから強くなれないんだよシロちゃんは」

日番谷「くっ・・・」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:43:50.38 ID:wWYivNHM0
あれ、雛森最高じゃね?


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:44:37.82 ID:HWZl6GIs0
一番下の階級とはいえ十刃を倒したルキア
ご自慢の氷を十刃ですらない破面の叫び声で割られた上雛森を刺した日番谷
どっちが偉いんですかね?



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:45:06.49 ID:YGyYWF640
雛森「帰さなきゃダメだよ。これ」

日番谷「い、嫌だ」

雛森「言うこと聞きなよ。引っ叩くよ」

日番谷「で、でも俺・・・これは俺」

雛森「言い訳するな。惨めに見えるよ」

日番谷「た、頼むよ!これ俺のだから!もうダメだから絶対に」

雛森「他人のじゃ扱えないの理解してるよね?誰のなのこれ」

日番谷「い、言えねえ・・・」

雛森「言わなきゃ熱湯かけるよ?熱いよこれ」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:46:35.95 ID:uRYmPJOw0
相変わらず雛森さん


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:47:46.84 ID:9uu8TQBGO
折れても再生したり、使い手がぬいぐるみにされても能力使えたりで袖の白雪のほうが使い勝手良いよね
威力はともかく技の射程やたら広いし


氷雪系最強さんって活躍してる場面思い付かない



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:48:08.10 ID:YGyYWF640
日番谷「ひ、拾った・・・」

雛森「熱湯・・・熱湯・・・」

日番谷「拾ったんだ!信じてくれよ!!!」

日番谷「俺だって拾い物ぐらいするぜ」

雛森「へえー」

雛森「二本あれば平子隊長から私を取り戻せると思ってるんだよね?」

雛森「哀れだよね・・・何もかも」

日番谷「う、うるせえ!」

雛森「強くなって私を護ってくれるんだよね?そうだよね」

日番谷「お、おうよ・・・当たり前だろが・・・」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:49:50.87 ID:Le+iDF+G0
あれ?たしか 東仙の斬魄刀は一応、他人の物だったよな?


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:51:11.09 ID:YGyYWF640
弓親「王手」

恋次「ぐぬぬ・・・」

一護「は?強くしてくれって」

雛森「お願いします。強くしてあげてください」

雛森「お願いします!!!」

弓親「そんなに頭下げなくても。ねえ」

一護「他人のために優しいんだなアンタって」

恋次「昔からこういう奴なんだよ雛森って」

一護「いいぜ。強くしてやるよ冬獅郎を」

雛森「あ、ありがとうございます(ふっ・・・チョロい)」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:52:50.54 ID:HWZl6GIs0
強くしてやるぜってご都合な修行しかしてこなかった主人公が何を・・・


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:53:16.59 ID:9tkH0G6W0
一護じゃチートすぎて参考にならないだろwww
せめて浦原サン連れてこいwww



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:53:27.65 ID:urGwdOsI0
ルキアって鬼道そこそこ達人だから刀なくてもシロちゃんより活躍しそう


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:53:45.92 ID:YGyYWF640
一護「じゃあ頼んだぜ剣八」

恋次「死なない程度に」

日番谷「ま、待てよ!おかしいだろ!!」

雛森「やれよチビ」

日番谷「こ、来い!」

剣八「あ?」

日番谷「ダ、ダメだ・・・ダメだ俺・・・」ジョロロロロロ

弓親「うわぁ・・・漏らしたよあれ」

恋次「情けねえな・・・さすが日番谷」

一護「惨めなやっちゃのう」

日番谷「クソ・・・」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:56:45.75 ID:YGyYWF640
一護「いい加減にしろよ冬獅郎」

恋次「弱いなアンタ。死ねよ」ペッ

日番谷「だ、だって・・・強いんだぜ更木って」

恋次「その強いのに挑むのが男って奴だろうが!そうだろうが!!」

日番谷「は、はい・・・」

雛森「ごめんね阿散井くん・・・迷惑かけちゃって」

恋次「雛森の弟分じゃなかったらボコボコにしてんぜてめえは」

一護「ビシッとしろよ。殴るぞ」

日番谷「ご、ごめんなさい・・・俺が悪かった・・・」

一護「仕方ねえ。あいつに頼むとするか」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:00:07.15 ID:YGyYWF640
一護「頼むぜ白哉」

日番谷「く、朽木白哉か・・・いや待てよ」

日番谷「妹の方チクってねえだろな。頼むから言うなよ・・・」

ルキア「来ておったのか一護、恋次」

一護「あれ袖白雪どうした?」

日番谷「シーッシーッ」

ルキア「ああ・・・ちょっとな」

恋次「ちょっとって何だよ」

一護「よし行け白哉!」

白哉「何故私なのだ黒崎一護」

一護「俺に借りがあるだろ。返さねえなんてそれでも貴族なのかよ」

白哉「済まぬ・・・」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:00:52.41 ID:C5PdqKXH0
ルキアは日番谷をビンタしていい


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:02:51.18 ID:iDRsbBul0
>>31
それより雛森に俺のマグナムビンタしてほしい



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:04:53.87 ID:Fd1MSqWF0
>>32
その稚魚しまいなよ



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:09:31.31 ID:iDRsbBul0
>>35
雛森に言われてると思えばむしろ怒張する



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:10:59.72 ID:xL91MKfS0
>>42
不愉快だ、その稚魚を仕舞い給えヨ



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:13:16.66 ID:iDRsbBul0
>>46
あんたの名前って女の子っぽいよね…ハァハァ



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:13:20.38 ID:9tkH0G6W0
>>42「すんません嘘言いました
13cmやて言うたけどそんなに伸びまへん」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:15:10.80 ID:iDRsbBul0
>>49
1.3cmや



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:03:46.09 ID:YGyYWF640
日番谷「もういいって!勘弁してくれ!!!」

一護「いいってよ」

日番谷「ハァハァ・・・」

恋次「またかよ。いい加減にしろよ」

雛森「大丈夫?」

ルキア「さすがは雛森副隊長。お優しい」

日番谷「表面上だけじゃん・・・だって」

雛森「余計な事言うな。キンタマ握りつぶすぞ」

日番谷「お、おっす」

一護「悪かったな白哉。ほらお駄賃だ」

白哉「いらん」ポイッ

一護「10円でも金なんだぜ!粗末にすんなよ!!!」

白哉「済まぬ・・・」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:05:36.03 ID:9uu8TQBGO
済まぬさんの扱いwww


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:07:34.07 ID:YGyYWF640
石原「ええーっ!日番谷冬獅郎を鍛えるのかい!?」

一護「だから連れて来た」

恋次「奴隷のようにこき使ってやれよ一護」

ルキア「日番谷隊長。私の」

日番谷「シーッシーッ」

雛森「は?何やってんのお婆ちゃん泣くよ?」

日番谷「ご、ごめんなさい」

一護「ほら買い物行って来い」

日番谷「お、俺が」

一護「行け」

日番谷「はい・・・」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:10:20.26 ID:YGyYWF640
雛森「見てシロちゃん」

日番谷「な、何だこれ」

雛森「オナホールだよ?知らないの?」

日番谷「・・・?」

雛森「藍染隊長がよく使ってたな。懐かしい」

日番谷「メモには人参とたまねぎと」

雛森「これ買いなよ。好きだよねこういうの?」

日番谷「別に好きじゃ・・・」

雛森「買えよ・・・殴るよ・・・」

日番谷「か、買うよ。買えばいいんだろ」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:10:22.67 ID:iuVk3aN6P
石なんとかの人何本書いてんだよw


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:13:52.75 ID:YGyYWF640
石原「ところで日番谷の隣に居た彼女は誰」

一護「・・・誰だ」

恋次「雛森だ。平子隊長の」

一護「ああ思い出したぜ!平子の奴があの娘とのハメ撮り画像送ってきてよ」

石原「あの子だったのか!!!」

ルキア「お優しい人なのだぞ」

恋次「優しい女なんだぜ」

一護「ルキアもさ見習えよ。可愛いんだしさ」

ルキア「た、たわけ///」

恋次「何赤くなってんだよこいつは」

石原「HAHAHA」



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:16:54.50 ID:YGyYWF640
一護「・・・は?」

石原「何故オナホールが!!!」

雛森「日番谷くんが買いたいって・・・すみません」

一護「いい加減にしろよてめえ」

恋次「買い物もロクにできねえのかよ」

日番谷「だ、だって」

ルキア「袖白雪を」

日番谷「シーッ」

石原「僕ね石原って言うんだ。黒崎と並ぶ尸魂界の英雄さ」

雛森「は、はい(やだ色白眼鏡でイケメンの人だ・・・食べちゃいたい・・・)」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:18:52.95 ID:C5PdqKXH0
いつ返すんだ


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:20:03.48 ID:OMTQoO020
ひばんやさんのこと悪く言うのやめろや・・・


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:20:48.88 ID:YGyYWF640
一護「じゃあ石原。頼むぜ二人を」

石原「別に僕は妹の部屋で寝ていいんだよ」

石原「朽木さんや雛森さんを交えてね」

一護「そういうのがあるから嫌なんだよ!」

恋次「てめえと一緒だとルキアの貞操があれなんだよ!!!」

一護「ルキアの貞操って」

ルキア「余計な事を言うんじゃないぞ一護」

一護「そうか恋次には秘密だったよな・・・」

ルキア「そういう事だ」

石原「解ったよ。引き取りますよー」ブッ



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:24:03.98 ID:YGyYWF640
石原「ここが僕の実家さ」

日番谷「つ、強くなれるのか俺」

石原「愚問だな。奴を呼ぼう・・・」

石原「ねえ僕の父親居るだろ?何してんの」

「執刀中ですよ。だから」

石原「それなら良し!」

石原「手術してようが何してようが僕が頼みがあるんだ!!!」

石原「僕の頼みは人の命より重い!!!」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:26:39.89 ID:C5PdqKXH0
外道杉クソワロwwwwwwwwww


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:28:31.83 ID:YGyYWF640
石父「メス」

「お止めください坊ちゃん!!!」

石原「ええい!離さんか!!!」

石父「雨竜・・・また金をせびりに来たのか」

石原「彼らに修行をつけろ」

雛森「お、お願いします」

石父「しかし私は今」

石原「誰の手術だい?」

石父「彼だ」

チャド「スゥ・・・スゥ・・・」

石原「何だ茶渡くんか。じゃあいいやメスをこうやって・・・心臓に・・・」

チャド「グフッ・・・」

石父「おい!何してるんだお前は!!」

石原「この男は居ても居なくても何の問題がない。僕の方が重要だ」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:29:24.38 ID:1hDMCW/G0
まあチャドだしな


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:30:04.52 ID:wWYivNHM0
チャドの霊圧が消えた


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:30:09.22 ID:OMTQoO020
まーたチャドの霊圧が消えたのか


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:30:39.48 ID:GtzXERV/O
チャドの心音が消えた


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:32:12.89 ID:YGyYWF640
日番谷「誰なんだよ。この親父は」

石原「僕の師匠・・・つまり祖父の息子」

雛森「お父さんですね!(やだ・・・親子揃ってイケメンなんて)」

石原「どうしようもないダメ親父なんだよ」

石父「それで私は何を」

石原「適当にゼーレシュナイダーの使い方でも教えろよ。僕は雛森さんと」

雛森「やだ・・・誘われちゃってるよ私」

石原「あっ。財布貰ってくから・・・車もね」

石父「おいコラ!何を考えて」

石原「おっと当てちゃった・・・傷物にしちゃったよ父親の車を」プッ



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:35:59.34 ID:YGyYWF640
日番谷「ゼーレシュナイダー」テローン

一護「石原の奴と全然違うじゃねえかよ」

日番谷「あの眼鏡親父の教え方が!!」

虚「郵便でーす」

ルキア「一護手紙だぞ」

日番谷「伸びろ・・・ゼーレシュナイダー・・・」

恋次「ダメじゃねえかよ!」

ルキア「私の袖白雪は・・・」

日番谷「言うな!言ったら黒崎と阿散井に殺されちまう!!!」



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:40:17.13 ID:YGyYWF640
一護「えーっと・・・平仮名で書いてるぜ読めねえよ」

ルキア「どれどれ」

日番谷「出ろ・・・ゼーレシュナイダー・・・出るんだ」テローン

恋次「途中で折れてるじゃん」

雛森「頑張ってるねシロちゃん」

日番谷「お、おうよ」

雛森「強くなったら一発ぐらいやらしてあげるよ」

日番谷「おう!おうよ!!よっしゃあ!!!」

恋次「単純だぜ。なあ一護」

一護「そうだな・・・すげえ単純だ」



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:41:43.12 ID:cNaBqFJD0
ひばんたにさんかわいい


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:44:37.37 ID:YGyYWF640
ルキア「死ぬほどクソうざいアホ黒崎へ・・・と書いてあるな」

日番谷「い、石原とはやったのか」

雛森「してないよ。途中でね井上さんって人と出会ってさ」

雛森「あの人と私ってちょっとあるからね。殴り合いの喧嘩しちゃったの」

雛森「それに石原さんってチャラいじゃん?」

日番谷「助かった・・・助かった・・・」

恋次「にしても童貞なのが俺とてめえと一護だけとか・・・なあ一護」

一護「いや俺は」

ルキア「おいまだ言うんじゃない」

一護「お、おう」



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:48:26.36 ID:cNaBqFJD0
この雛森なら土下座すればいける


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:49:04.79 ID:YGyYWF640
一護「何々・・・てめえみたいなのに手紙なんて書くのはうぜえけど・・・」

ルキア「これは」

一護「グリムジョー以外いねえだろ。字汚いし漢字かけねえし」

日番谷「童貞卒業!童貞卒業!」

恋次「頑張るねアンタも・・・」

日番谷「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

一護「前振り長いんだよこいつ」

雛森「貸してください」

一護「読めんのかアンタ」

雛森「はい」

一護「優しいなーすげえ優しいよ」



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:53:50.49 ID:0G8qGU6z0
グリムジョーが相変わらずかわいいな


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:54:00.16 ID:YGyYWF640
雛森「何か子供ができたみたいですよ。この人」

雛森「それと最後に死ね黒崎。俺のが強いって言うか最強って」

一護「野郎・・・調子に乗りやがって!!!」

日番谷「どこ行くんだ黒崎」

一護「虚圏だよ!」

恋次「よし俺も行くぜ」

ルキア「わ、私は」

一護「お前斬魄刀持ってねえじゃん」

恋次「危ないから一護の家に居ろよ」

ルキア「わ、わかった」

雛森「ほら腕立て伏せしろ」

日番谷「はい・・・」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:54:53.84 ID:C5PdqKXH0
子持ちwwwwwwwww


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:56:56.10 ID:YGyYWF640
日番谷「60・・・61・・・」

雛森「それにしても汚い字だよね」

ルキア「そうですな」

雛森「どういう人なの?」

ルキア「何というかヤンキーのような破面ですよ」

ルキア「現世の諺でヤンキー早く子を産むと言うのがありまして」

日番谷「70・・・もうダメ」

雛森「ここでへばったら下の蝋燭に当たるよ。直に」

日番谷「い、今でも熱いんだよ!勘弁してくれよ」

雛森「殴るよ」

日番谷「71・・・72・・・」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:59:40.54 ID:YGyYWF640
石原「おやおや・・・君は!」

檜佐木「やった・・・やっと知り合いに会えた・・・」

石原「檜佐木・・・檜佐木何とかくん!!!しっかりしろ!!」

石原「どうして」

檜佐木「酔っぱらって乱菊さんと斑目と貨物船に乗っちまってよ・・・」

檜佐木「気がついたら・・・グフッ・・・」

石原「よし・・・」

石原「面倒な事は黒崎の家だ!!」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:03:53.89 ID:YGyYWF640
雛森「は?一角さんと乱菊さんと逸れたんですか」

雛森「情けな」

檜佐木「だって俺・・・だって」

ルキア「お可哀想に」

日番谷「200・・・201・・・」

石原「黒崎達は」

ルキア「虚圏へと行ってしまった」

石原「なーにやってんだ!あのコンビは!!」

ルキア「一度動き出したら止まらんからな」

檜佐木「は、腹減った・・・」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:10:27.49 ID:YGyYWF640
石原「元気だすんだ檜佐木くん!」

日番谷「240・・・241・・・」

石原「ここにパンツが二着ある。どっちがいい」

檜佐木「誰の・・・」

石原「黒崎の妹さ。しかも双子」

檜佐木「ど、どっちがいい身体つきしてる」

石原「・・・夏梨ちゃんかな。どうなの朽木さん」

ルキア「知らんわ」

檜佐木「そっちで」

石原「ありがとナス!!!」

日番谷「250・・・くっ・・・」

雛森「ほら腕が千切れるまでやりなよ。千切れたら私が代わりにシゴいてあげるから」

日番谷「251・・・252・・・253・・・」



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:11:07.93 ID:h7Busq8f0
かしこまり!


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:14:40.58 ID:iDRsbBul0
よーし!!!
俺も腕千切るか!



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:22:49.90 ID:YGyYWF640
石原「グリムジョー・・・ヤンキーは子供作るのが早いからね」

石原「黒崎も早いんだろな」

ルキア「な、何だその目は!」

石原「一人ぼっちの阿散井はマスを掻く日々を送るんだね」

日番谷「308・・・309・・・」

石田「おっとゼーレシュナイダーが」

日番谷「ぐわっ・・・」

雛森「300ちょっとか。情けない」

日番谷「だ、だって」

雛森「言い訳するなよ。クズが」

日番谷「ぐぬぬ・・・」



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:26:06.80 ID:YGyYWF640
日番谷「つ、次は」

雛森「腹筋だよ」

日番谷「つ、疲れた・・・」

雛森「これで終わりだから。ほら上に乗ってあげるからしろよ」

日番谷「う、上」

雛森「いいからしろ!!」

日番谷「おっす!」

雛森「見てよ可愛らしいね。健気な子・・・」

雛森「本当にイジメがいがある・・・」



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:46:01.10 ID:YGyYWF640
一護「へえリーゼントなんだ。男なのかよ」

ネリエル「女だよ」

恋次「は?何で・・・」

ネリエル「ほら」

一護「ああ・・・あいつの趣味か」

一護「それにしてもどうしてグリムジョーと」

一護「てっきり俺に惚れてると思ったのに。残念だぜ」

ネリエル「何か寂しそうな後姿してたからね。だから」

一護「やったのか!」

恋次「見かけによらず淫乱な女よのう」

一護「詳しく教えてくれねえか・・・そのズリネタに」

ネリエル「?」

一護「妄想でいいや。それでグリムジョーは」



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:49:36.88 ID:YGyYWF640
グリムジョー「きやがったな黒崎。じゃあ一勝負」

一護「待てよグリムジョー!ネルを寝取るなんて酷すぎるぜ」

グリムジョー「知らねえよ!寝取った覚えねえよ」

一護「酷すぎるぜ・・・俺はな」

グリムジョー「お前もほら居るだろ死神とか井上とか」

一護「そりゃルキアは・・・この話は後でしようぜ」

グリムジョー「お前はあれか童貞なのか」

恋次「俺と一護は数少ない死神の童貞よ」

グリムジョー「だっせえ!ダサすぎんぜ!!!」

グリムジョー「これでまた俺の一勝だな。童貞って」プークスクス

一護「このクソ野郎・・・」



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:52:29.38 ID:mS7+LBXhO
動機がブルマとベジータみたいだな


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:02:07.74 ID:YGyYWF640
一護「じゃあ帰るとするか」

恋次「そうだな」

グリムジョー「もう帰るのかよ!一つ言っといてやるぜ俺のが先輩だからよ」

グリムジョー「男は常に女の上に立たなきゃならねえ!尻に敷かれたらクソ野郎だぜ」

ネリエル「ほら帰るよ」

グリムジョー「おうよ。それと死んだら虚圏来い。毎日ぶっ飛ばしてやるから」

グリムジョー「あとは俺に腹立ったらいつでも殴りこんで来い勝負してやるよ」

一護「わかったから。いつでも相手になってやるよてめえだけは」

グリムジョー「俺だって現世に行っててめえと勝負したいけどよ。わかるだろ!!」

ネリエル「一護たちも忙しいんだからさ迷惑かけちゃダメだよ。帰るよ」

グリムジョー「後はねえ。失せろ黒崎!いつでも挑戦を受けてやるぜ!死ねアホ黒崎が」ペッペッペ

一護「お、おう。わかったからもういいだろ」

一護「じゃあな」



122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:04:13.25 ID:11xi9mJy0
おおう


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:05:04.56 ID:YGyYWF640
石原「見てよ檜佐木くん」

檜佐木「黒崎のやつエグいAV持ってるんだな」

日番谷「おー・・・」

雛森「何勃起させてんの?当たってるんだけど」

日番谷「えっ・・・いやだってさ」

雛森「本当にどうしようもないね。変態」

日番谷「そ、そんな蔑む目で見るなよ。俺だって」

雛森「さっさとしろ」

日番谷「80・・・81・・・」

雛森「そうそう頑張ってシロちゃん」



124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:09:38.27 ID:YGyYWF640
石原「おやおや?ゴミ箱にこんなのが」

雛森「それ・・・コンドームじゃないですか」

檜佐木「しかも精子入りだ!!」

石原「黒崎ってオ●ニーするときコンドームするんだね朽木さん」

ルキア「いや・・・そ、そうだな」

石原「どうしたんだい?赤らめちゃって」

ルキア「な、何でもない」

石原「ん?何かな」

檜佐木「これは黒い匂いがするぞ」クンクン

ルキア「///」



125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:13:47.40 ID:YGyYWF640
石原「ええーっ!これは黒崎との性交渉の痕跡なのかい!?」

日番谷「な、なんだってー!?」

雛森「おい」

日番谷「は、はい」

檜佐木「つまり黒崎は朽木と・・・やったのか」

石原「そうなるね」

ルキア「///」

雛森「朽木さんもやる事はしてるんだね。いいと思うよ」

石原「阿散井知ってるのかな」

檜佐木「知らなかったら・・・プッ」

日番谷「寝取られてやんの」

雛森「笑ってないで腹筋ぐらいしろよ。引っ叩くよマジで」

日番谷「とほほ・・・」



127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:16:31.57 ID:YGyYWF640
弓親「はい・・・ああ石原くんか」

弓親「えっ!?」

弓親「ほ、本当に・・・そ、そうなの・・・じゃあね・・・」

剣八「何だ一角が見つかったのか」

弓親「いえ違います」

弓親「一悶着起きますよこれは」

剣八「は?」

弓親「阿散井怒るぞ・・・これは」



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:17:10.28 ID:xL91MKfS0
日番谷こなれてきてんなwwwwwwww


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:21:57.92 ID:YGyYWF640
雛森「よくやったね今日は終わりでいいよ」クチャクチャ

日番谷「い、いいのか」

雛森「頑張ったご褒美にガムあげるね」ペッ

日番谷「こ、これ」

雛森「拾え。よく味わって噛んでね」

日番谷「あ、ありがとうございます」

雛森「フフフ」

日番谷「ひ、雛森が噛んだガム・・・」

雛森「待って。這いつくばって食べなきゃ」

日番谷「はい!」

雛森「可愛いねシロちゃんは」



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:26:49.45 ID:YGyYWF640
石原「黒崎たち遅いな」

ルキア「恋次には言うんじゃないぞ」

石原「勿論さ!」

日番谷「・・・」クチャクチャ

雛森「ねえいつまで噛んでるの」

日番谷「も、もう捨てるのか」

雛森「は?捨てろって命令してないよね?飲み込んでよ」

日番谷「お、おう・・・」ゴクッ

雛森「私の唾液美味しかった?」

日番谷「う、美味かったぜ!」

雛森「・・・変態。それでも隊長なの?お婆ちゃん悲しむよ」



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:32:12.64 ID:YGyYWF640
一護「ただいま」

石原「やあ!」

檜佐木「プッ」

恋次「何笑ってんすか。ぶん殴るぞ」

檜佐木「・・・」

石原「阿散井。これあげるよ」

恋次「何だこれ」

石原「オナホール。君にはこれが必要だと思って・・・」

檜佐木「たまには先輩らしいことさせろよ」

日番谷「ざ、ざまあみろ」

雛森「大人の会話に混ざるな。あっち行ってろ」

日番谷「はい」



134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:36:54.56 ID:C5PdqKXH0
刀はいつ返すんだ


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:38:37.87 ID:YGyYWF640
石原「こういう場合どうするよ君は」

檜佐木「ええー・・・」

日番谷「阿散井!お前は寝取られたんだ!!」

雛森「おい」

日番谷「黒崎と朽木は」

石原「落ち着け!セクロスじゃないぞ交尾だ交尾」

檜佐木「そ、そうだぜ!交尾だぜ交尾」

雛森「おい。何言っちゃってんの・・・お仕置きね後で」

日番谷「ええっ!?(やったぜ。どんな事されるんだろ・・・クヒヒ)」

一護「れ、恋次」

ルキア「恋次・・・その済まぬ・・・」



136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:42:03.68 ID:53K7cycY0
朽木家伝家の宝刀兄貴直伝の済まぬキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:42:07.53 ID:YGyYWF640
恋次「ふーん・・・そうか」

一護「殴りたきゃ殴ってもいいぜ」

恋次「別に。お似合いだぜお前とルキア」

檜佐木「阿散井。俺はお前の仲間だぜ」

恋次「そういうのいいから」

ルキア「どこへ行くのだ恋次」

恋次「帰るんだよ。ほら俺って副隊長だろ?」

恋次「やる事あんだよ色々と」

一護「おい恋次」

石原「落ち着け阿散井!まるで僕が悪いみたいじゃないか!!」



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:42:11.61 ID:iuVk3aN6P
済まぬ…


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:42:58.38 ID:IN/CBfa70
恋次いい奴だな


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:43:39.49 ID:11xi9mJy0
済まぬ…済まぬ…


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:46:38.47 ID:YGyYWF640
日番谷「ご覧よ阿散井の後姿を」

檜佐木「朽木寝取られたんだもんな。南無阿弥陀仏・・・」

石原「アーメン・・・」

石原「これで心置きなくやる事もできるね!」

一護「おい檜佐木さん。恋次に付いてってやれよ」

檜佐木「お。俺?」

一護「行かねえと蹴っ飛ばすぞ」

檜佐木「待て!阿散井!!」

日番谷「ゆ、許して!許して」

雛森「お前はそれだけのことしたんだよ」

日番谷「ひっ・・・」



143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:46:46.45 ID:3sgBfeJh0
氷雪系最強丸さんェ…


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:47:10.10 ID:NGoulans0
袖白雪が卍解できたら立場なさそうだな


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:48:16.26 ID:SoJjvI1+0
日番谷実質三番に買ったけどな


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:52:34.66 ID:YGyYWF640
檜佐木「お、落ち着けよ!自殺するなよ」

恋次「は?」

檜佐木「日番谷のチビ見ろよ。二回も寝取られてんだぜ」

恋次「何か言いたい事でもあんのかよ」

檜佐木「いや・・・ねえよ。うん」

恋次「俺は朽木隊長を超えたかったルキアも護りたかった」

恋次「でも一護は全てそれを遣って退けちまったよ。俺の生き甲斐をな」

檜佐木「ま、まさかお前・・・黒崎を殺す気か」

恋次「ちげーだろ。ちゃんと話聞けよ」

檜佐木「はい」

恋次「今日から俺は一護とルキアの前に立ち塞がる奴を全部叩き斬ってやる」

恋次「それがこれからの俺の生き様だ・・・解るか檜佐木さん」

恋次「俺が燃えつきて真っ白な灰になるまでよ・・・ヘッヘッヘ」

檜佐木「・・・怖い。漏らすかと思ったぜ・・・」



149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:56:03.50 ID:YGyYWF640
日番谷「ひ、雛森見たかよ。寝取られた男の末路を」

日番谷「ぜ、絶対に自殺するぜ・・・あれ」

雛森「だから?」

日番谷「お、俺も死んじゃうよそろそろ」

雛森「そんな度胸ないよね?クズが」

日番谷「あ、ありません」

雛森「無いなら文句言うな。わかるね?」

日番谷「はい・・・。文句言いません・・・」



150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:57:19.44 ID:C5PdqKXH0
はよルキアに刀返せや


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:59:13.47 ID:YGyYWF640
一護「どうする」

ルキア「・・・」

石原「悩む必要はないさ。そうだろ」

一護「・・・」

石原「後は二人で考えたまエ」

石原「じっくりとネ」

石原「尸魂界に戻るヨ。グズグズするんじゃないヨ」

雛森「はい」

日番谷「ま、待てよ」

石原「早くしたまエ。ウスノロが」



152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:59:39.09 ID:WSkFlxDq0
恋次さんかっけー


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:00:53.82 ID:vzBxplVb0
石田が義父さんに似始めてる


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:02:05.09 ID:SfqQKPH20
これ前スレとかあるのか


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:05:28.10 ID:Y0O30F0B0
最近のブリーチSSはほぼこの方の


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:10:47.71 ID:P692G8KH0
狛村「おっと。すまん」

恋次「・・・」

狛村「ひっ・・・」

恋次「何か俺の顔に付いてるっすか」

狛村「い、いや別に・・・」

恋次「そうっすか・・・」

狛村「鬼だ・・・鬼が憑りついてるぞ」

日番谷「あの調子なんだぜ。あいつ」

一角「何の話だよ」



159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:17:49.06 ID:P692G8KH0
雛森「シロちゃんが余計なこと言うから。死ねよ」

日番谷「ご、ごめん」

狛村「しかしあのままじゃ」

日番谷「じゃあお前説得しろよ」

狛村「わ、儂にはできぬ。怖い・・・」

日番谷「じゃあ斑目お前なら」

一角「てめえでやれよ隊長だろ」

日番谷「お、お前!お前黒崎の知り合いだろ。なら」

花太郎「か、勘弁してくださいよ・・・」

日番谷「じゃあ・・・」

雛森「命令ね。シロちゃんがやれよ・・・殴り飛ばすよ」

日番谷「や、やります。俺が」



160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:19:01.26 ID:CzEz08Q90
力関係が絶妙だな


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:22:38.63 ID:P692G8KH0
日番谷「と、特訓の成果を見せて・・・や」

恋次「退け」

日番谷「はい」

雛森「しっかりしなさいよ」

恋次「俺に構うなよ」

日番谷「く、黒崎たちのことだろ!!やっぱり気にしてるんじゃ」

恋次「してねえだろうが!舐めてんじゃねえぞ!!!」

日番谷「ごめんなさい!ごめんなさい!」

雛森「落ち着きなよ。ほらこっち来て阿散井くん」

恋次「チッ」



163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:28:22.19 ID:P692G8KH0
花太郎「寝取られたんですね一護さんに」

恋次「そういうんじゃねえよ」

雛森「みんなって事はないけど集まってくれたんだよ」

日番谷「狛村も斑目もそれに何故か居る更木だって」

一角「弓親は屋根の補強中に足滑らかしてよ寝込んでるぜ」

狛村「鉄左衛門も現世で車に跳ね飛ばされてな」

雛森「それに檜佐木さんなんて一角さんに乱菊さん寝取られて引き籠ってるし」

花太郎「六車隊長なんて沼に嵌って溺死したらしいですよ」

日番谷「お、お前だけじゃねえんだぜ不幸な目にあってんのは」

恋次「だから何だって言うんだよ」



164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:31:43.44 ID:AhiMFLq6O
ソウルソサエティどうなってんだよwww


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:41:00.30 ID:P692G8KH0
恋次「俺は不幸だなんて思っちゃねえ」

一角「何とかしろよ」

雛森「幼馴染が寝取られるなんて悲しいよね。辛いよね」

雛森「でも黒崎さんは悪くないのは解るよね」

恋次「それぐらい解るに決まってんだろ」

日番谷「俺も幼馴染だよな!!」

雛森「シロちゃんは私の忠犬。ただのワン公よ」

狛村「わ、儂は」

雛森「死ね」

狛村「クーン・・・」

恋次「俺に構うなよ!あっち行け」



169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:43:59.20 ID:P692G8KH0
剣八「待ちやがれ」

恋次「何すか」

剣八「情けねーツラしやがってよ。そんなに死にたいならよ」

剣八「叩き斬ってやるよ阿散井」

恋次「上等だ!殺せるもんなら殺してみやがれ!!!」

狛村「ま、まずいぞ」

花太郎「い、一護さんに一護さんに」

一角「落ち着けよ。大丈夫だと思うぜ・・・多分」

恋次「殺してやる。更木隊長アンタを殺してやる・・・」



170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:44:29.85 ID:uKlXDZQo0
わんこ隊長いじめんなよ!


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:46:42.62 ID:JIY/UpOOO
叫びたいのはお前だけじゃないんだワンのAAまだか


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:53:03.54 ID:P692G8KH0
雛森「見てくださいよ」

一角「ああ・・・すげえガチの殺し合いだぜ」

花太郎「どうするんですか。これじゃ」

雛森「動かないでくださいね狛村隊長」

狛村「・・・ゴクッ」

剣八「死ね!死ね!!死にやがれ!!!」

恋次「てめえがくたばれ!!!」

雛森「しっかりしなさいよ。ねえ」

日番谷「そ、そんなこと言われても・・・言われても・・・」



176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:54:47.02 ID:JIY/UpOOO
わんこ隊長は今週のジャンプで一番萌えた


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 00:54:48.30 ID:vBeounMD0
\              ヽ _ , イ ´  ̄ `ヽ、__  | |    /    , イ/.::フ/ヽ
\\            /_´__-── ̄ ̄  ` 丶 、     /::´::::::::::/´ ヾヾ
   \         /´, ∠´_--二-─ ̄    __`_ソ/: : :}::::::::/    ヽ
            ノ∠二-二-─ ̄   _-_二二-─ ̄: : : : : : /:/:::/  __.‐'"´|
二─-_      /´, イ   ,__ -─  ̄ヾl|||||||||||||ノ|||∥: : : __: /:i  ::/  __.‐'"´| ク
 ̄─-     _/イ ´_-二二=ヽ、: : :ヾヽ !||||||||||||//// : : : :':::::::ノ :::/  __.‐'"´´| ゥ
ゝ-─==二二-─ ̄::  ̄ ̄ ̄: ,.-ヽ: : : : ヾヽ、ヾ||||||||// : : : : : :ヽ彡 :::/       | l
>─ : : : : : : : : : : : : -─-: _(( οヽ、: : : : ))、|||||∥// : : : : `|::::/    __, -| ン
: : : : : :__--゙``ヽ__ : : : :  ̄二=ノ≡-ヾ///|||||∥´: : : : __-─´ヾ ̄-     ─|
──´: : : : : : : :  ̄ヽ: : :  ̄─-<<_: : : :/::::::::::::::. ''::!、: :__: : : : :二} ̄─  ___|
: :__>      __-`ー ̄ヽ二二>ー-,\::::::::::::::::::::)=(ο ヾ: : :彡/ヾヽ       |
: :\    ─ ̄   _─ ̄ _    `ーヽ:::::::::-´: : : `ヾ´_: : : {          |
 ̄ ̄ヽ        ̄/´ヾ、 ̄          ̄`ー─フ-::|──-:|_        i
 ̄ ̄ ヽ       .ヾ /7ヽ二二===二ソヽ     `ー::|─: : :.ヽ.  ̄      //
イ´   ヽ       i {/ヾノl/!/|  ノ  / ヾヽ、    =::|─-: : : :\     / //
__   .ヽ      i i/´{    ゝ´ l/`l /`ヾ--、 .\::l\: : : : : :\     /./   /´`l
    ̄-_|  .| l  | |/{.         "´ノ/ .ヽヽ、ノ\ \-,:_: : :(      /  /   / /´ ̄ヽ
___    `l   ヽ,:|  .| |/´{`ヽ        ´ !// //:::: \ ヽ.ゝ: :ゝ     ./ /     //     ヽ  /´
:::::::ヽ    |   :::::|  .i |/{.  ヽ     _  ./l/´/:::::::   ヽ  ミ: :{     //     /        | l
:::::::::::ヽ/ !   :::::|  .|.|/{  ヽ  /´  )∥//:::::::::::......    ミ: ゝ   /\   \    \     | |
ヽ,イ/ /   :::::::|  l.|/l、  ヽノ   /  /´  ::::::::::::::::::   ミヾ`\     \   \    \ \ ||
{/, イ´     :::::::|  .}| /lヽ ,.、   / / ..::...::::::::::::,イ--二ヽ´、   \     \   \    \ \|
{/   /   :::::::::|  { l!  `/ {/l/i //::::::::::::::::::::::::::{ /´ ̄ ̄ ̄`ヽ   \     \   \    \ \
.|/ /     ::::::::|  ヾ`==、/ ./ .ノ./:ヘ:::::::::::::::::::::::_|/  _ ─  ̄ ヽ ヽ   \     \   \    \ 
i / / /  :::::ヽ/     ヾ二´ノ  :::::::::::::::::::::/´l| /   ___\ヽ、   \     \   \    \
/ / /    :::::::ヽ  / /      | ::::::::::::::::::::::i  |、l  /     `ヽヽ    \     \   \



180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:01:06.89 ID:P692G8KH0
雛森「意気地なし・・・」

日番谷「くっ・・・」

一角「氷雪系最強なんだろ!何とかしろよ!!!」

花太郎「このままじゃ瀞霊廷が壊されますよ」

狛村「貴公ならやれる。絶対に」

雛森「上手くいったらやらせてあげる」

日番谷「なん・・・だと・・・?」

雛森「させてあげるよ。シロちゃんの筆おろしてあげる」

日番谷「・・・やります」

日番谷「聞いたか氷輪丸!!!」

日番谷「全力の超パワーでやってやんぜ!!修行の力見せてやる」



181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:02:42.89 ID:RoWjyr/j0
わんこ隊長片耳なくなってたりとかしないよね


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:05:46.54 ID:JIY/UpOOO
ひょうりんまるの中の人も泣いてるだろうな


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:13:50.07 ID:P692G8KH0
日番谷「おーい氷輪丸」

氷輪丸「何だ・・・お前かよ」

日番谷「力をさ出してくれよ全開で」

氷輪丸「あれマジで疲れるから。ダメだって言ってんだろうが」

日番谷「そこを頼むよ」

氷輪丸「報酬は」

日番谷「斬魄刀(♀)連れてくるからさ飛梅とか」

氷輪丸「あいつ俺にべた惚れじゃん。勝手に股開くだろ」

氷輪丸「それに女なんて俺が誘ったら股開くぜお坊ちゃん」

日番谷「か、貸してくれよ」

氷輪丸「仕方ないな。尸魂界がどうなっても知らんぜ俺は」



187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:16:31.45 ID:vBeounMD0
そういえば卍解使える奴等は斬魂刀と喋れるんだっけな


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:21:29.50 ID:vzBxplVb0
この日番谷は絶対に斬魄刀を服従させてない


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:29:17.79 ID:P692G8KH0
日番谷「ああ・・・寒い。手加減しろよ」

一角「すげえ・・・辺り一面カチ●コチンだぜ」

雛森「やだ・・・私の飛梅が濡れてる」

狛村「ワオーン」

剣八「何だこの氷の龍は」

恋次「ざけんなよ!俺と更木隊長の一騎打ちを邪魔しやがってよ」

日番谷「ふん。この氷の龍を単なる飛び道具だと思うなよ・・・こいつは!」

日番谷「取り込むことで霊圧が爆発的に上がるんだよ!!」

花太郎「うわー・・・凄いですね」

日番谷「行くぜ阿散井!更木!!」

日番谷「氷輪丸の力を舐めるなよ!!!」



193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:32:41.21 ID:P692G8KH0
石原「・・・何だこれ!!」

石原「起きたら凍ってるじゃん。マユリ!おい」

マユリ「・・・」

石原「凍ってる・・・何てマヌケな奴なんだ」

石原「これがマユリの研究データの詰まったパソコンか」

石原「・・・」

石原「醤油かけとこ」

石原「ああ!ネムさんまで凍ってる!!!」

石原「仕方がない。僕の体温で溶かしちゃる」

石原「起きたら僕に惚れちゃうだろな彼女。ンフフ」



194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:35:00.85 ID:P692G8KH0
日番谷「ハァ・・・ハァ・・・」

雛森「やればできるじゃない。頑張ったね」

日番谷「ふ、筆おろしは」

雛森「マスでも掻いてろ」

日番谷「ぐぬぬ・・・」

一角「隊長も恋次も凍ってやがるぜ」

日番谷「こ、この二人を倒しちまったんだ」

日番谷「後は黒崎さえ倒せば俺が最強だぜ。ケッケッケ」



196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:38:48.88 ID:P692G8KH0
恋次「・・・」

狛村「気がついたか」

花太郎「死んじゃったのかと思いましたよ」

恋次「ふざけんなよ・・・俺が」

日番谷「こ、これさ返して来てくれよ」

恋次「これはルキアの」

雛森「やっぱりパクッたんだね。後で覚悟しといてね」

恋次「何で俺が」

一角「返しに行こうぜ。そんで一護達に」

恋次「・・・チッ」



197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:41:50.74 ID:P692G8KH0
一護「ほらほら」

ルキア「よ、よさぬか一護///」

恋次「・・・」

一角「イチャついてやがるぜ。なあ」

恋次「このまんま会わずに帰りますよ俺」

一角「お、おい」

恋次「いいんすよ。これで」

恋次「これで・・・」

一角「そ、そうか。お前がそういうならいいんじゃねえのか」

恋次「うっす」

一角「ここにおいときゃ気がつくだろうぜ」



198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:42:28.42 ID:I9FXwJTj0
日番谷殴れ


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:48:02.92 ID:P692G8KH0
一角「大変だったんだぜ」

弓親「あの騒ぎはそれだったんだ」

射場「何っちゅうか。阿散井も」

乱菊「居た居た!ちょっと探したわよ一角」

一角「な、何だよ」

乱菊「アンタね・・・できちゃったのよ」

一角「なん・・・だと・・・?」

乱菊「だからちゃんとゴムしなさいって」

一角「一夜の過ちが・・・どうしてこうなった・・・」

弓親「避妊具ぐらい付けなよ一角。もう遅いけど」

射場「アホやのう。やってええ事と悪いことっちゅうのが」

一角「・・・」



200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 01:51:31.29 ID:P692G8KH0
狛村「そうか斑目が」

砕蜂「らしいぞ。あのハゲは女の敵だ」

狛村「阿散井は」

砕蜂「そんなこと自分で確かめればいいだろう。どうして私が」

狛村「ウーウー」

砕蜂「ひっ」

砕蜂「そ、その目で見るな・・・こ、怖いんだ」

砕蜂「お前のその目は何というか・・・私はだな」

狛村「そんなに怯える事はないぞ砕蜂隊長」

砕蜂「くっ・・・」



203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:00:31.02 ID:P692G8KH0
グリムジョー「いいかチビ。この虚圏以外にも現世ってのがあるんだぜ」

グリムジョー「現世にはてめえあれよ。俺のライバルがバカ面下げて生きてんだぜ」

ネリエル「ねえ」

グリムジョー「うるせえな。俺が教えを説いてんだぜ黙ってろよ」

ネリエル「漏らしてるよ。うんち」

グリムジョー「それを先に言えよ!糞垂らしやがって!」

ネリエル「仕方ないよ。そうでしょ」

グリムジョー「・・・」

グリムジョー「あー現世に行って黒崎ぶん殴りてえ」

ネリエル「ダメだよ。しばらく大人しくしててよ」

グリムジョー「来ないならあいつから来いよ。お前もそう思うだろ」

グリムジョー「だいたい俺はあれだぜ。あれだからよ」



206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:04:02.23 ID:P692G8KH0
一護「高校卒業したら俺も死神になろうかな」

ルキア「死ぬのかお前」

一護「そこをどうにかしてよ就職しなきゃ」

ルキア「本当になるのか」

一護「こっちじゃ職が見つからねえだろ」

ルキア「そ、そうだな」

一護「俺が死神になりゃ・・・なあ」

ルキア「?」

一護「隊長格なんて楽勝だろ?」



208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:06:37.25 ID:P692G8KH0
剣八「へっ」

一角「どうにかならんもんすかね」

剣八「しらねーよ」

一角「どうすりゃいいんすよ」

剣八「しらねーって言ってんだろうが」

花太郎「ここに置いときますね荷物」

一角「なあ聞いてくれよ俺さ」

花太郎「はい?」

一角「いや・・・やっぱりいいや」

一角「お前に話してもな・・・」



209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:07:08.35 ID:uKlXDZQo0
あっちでは霊圧無い奴は死んだときの姿になるっぽいし若いうちに死んだほうが得だよな


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:12:26.88 ID:P692G8KH0
石原「ええーっ!隊長に昇格したのかい!?」

恋次「朽木隊長があれだろ。だからよ」

石原「それはそうと黒崎も高校卒業したら来るってさ」

恋次「お前はいつ帰るんだよ」

石原「知らんな」

恋次「何だよそれ」

石原「嫌でも黒崎たちと顔を合わすんだぞ?どうするよ」

恋次「別にいいんじゃね。関係ねえよ」

石原「果たしてどうなる事やら」

恋次「ぶん殴るぞてめえ」

石原「殴れるものなら殴りたまエ!」

恋次「野郎・・・」



214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:16:27.46 ID:P692G8KH0
日番谷「いや松本は妊娠するし黒崎はこっち来るみたいだし」

日番谷「どうすんの俺」

雛森「もう死神やめちゃえば?昨日も負けたんだよね」

日番谷「くっ・・・」

雛森「もっと強くなって平子隊長から私を奪ってみせてよ」

日番谷「わ、わかったよ。やりますよ・・・やればいいんだろ」

雛森「何その態度。蹴るよ」

日番谷「す、すみません」

雛森「じゃあ早速特訓しようか。鞭もあるし」

日番谷「えっ・・・」

雛森「やらないと引っ叩くよ。これで」

日番谷「わ、わかりました!!」

雛森「ウフフ。頑張ってねシロちゃん」





215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:19:42.13 ID:BSObfTia0



218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:22:50.07 ID:lC6RgvpiO
おつおつ


219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:23:39.13 ID:TJq3RS0D0
雛森ぃぃぃぃぃぃぃ


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:27:09.79 ID:/mhGXcfrO
しっかり尻に敷かれてるグリムジョー


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 02:29:20.17 ID:Y0O30F0B0
乙乙



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352806474/

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/18 01:02 ] ブリーチSS | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。