それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一護「チャド金貸してくれよ」 チャド「・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:21:33.70 ID:L7MV5SQj0
一護「チャド!」

チャド「ムッ」ビクッ

一護「金だよ金」

チャド「も、持ってない」

一護「嘘ついてんじゃねえぞ出せよ」

チャド「・・・」

一護「これだけかよ」

チャド「ま、前に貸しただろ・・・い、いつ返してくれるんだ」

一護「また今度返してやるよ」

チャド「そ、それじゃ俺が生活・・・」

一護「あ?」

チャド「何でもない・・・」

一護「今度別の形で返してやるよ。それでいいだろ」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:23:55.34 ID:0YfddEL80
チャドの財布の中身が消えた


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:23:59.97 ID:SJAqN4dH0
またお前か


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:25:15.29 ID:g81T2mll0
一護「いつから借りてると錯覚していた?」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:25:40.35 ID:L7MV5SQj0
ルキア「また茶渡から金を巻き上げたのか」

一護「仕方ねえだろ。バイトしてないんだから」

ルキア「それぐらいしか使い道がないからなあ奴は」

一護「どこ行っても長続きしない・・・ならさ」

一護「チャドに借りるしかないだろ?」

ルキア「それもそうだな」

一護「あいつはその程度の男だよ」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:28:07.42 ID:L7MV5SQj0
チャド「い、一護」

一護「何だよ気安く喋りかけてんじゃねえよ」

啓吾「シカトしようぜ一護」

チャド「べ、別の形でって言ったよな」

一護「だから何だよ」

チャド「・・・」

一護「ハッキリしろよぶん殴るぞ」

チャド「い、妹が欲しい。い、一護の」

一護「は?」

チャド「い、妹」

一護「放課後屋上来いよボコボコにしてやるよお前」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:31:57.81 ID:0zOcGYLH0
チャドがロリコンになった
そういえばチャドとロリコンって心なしか似てるな



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:35:00.75 ID:K8TiUhVx0
これはチャドが悪い


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:35:06.31 ID:L7MV5SQj0
夏梨「チャド?」

遊子「誰それ?」

一護「あの図体のデカいウスラバカだよ」

一護「きっちり締めといたけど気を付けろよ二人とも」

遊子「う、うん」

夏梨「あのオッサン何かしたのかよ一兄?」

一護「狙ってんだ二人を・・・いや違うな」

一護「随分前にチャドの好みの女聞いたらよ髪の黒い女がいいんだとさ」

夏梨「げっ・・・」

一護「だから夏梨は特に気を付けた方がいいぜ」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:37:46.94 ID:L7MV5SQj0
チャド「くっ・・・」

啓吾「だから言っただろうが一護に逆らうなって」

水色「もう帰ろうよ啓吾。こんなの相手にしても仕方ないじゃん」

啓吾「一護からの命令だけど明日から毎日一護の机磨いとけってさ」

チャド「は、はい」

水色「どうしてこんな風になってるか理解できるよね?」

チャド「・・・」

啓吾「そんな事もわからねえのかよパシリ野郎が。帰るぞ水色」

水色「フフッ」

チャド「クソ・・・」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:40:39.84 ID:L7MV5SQj0
たつき「みなよ茶渡がいる」

織姫「プッ。悲惨」

チャド「い、井上・・・あ、有沢」

たつき「ほら織姫近づいたら変な病気移されるよ」

織姫「クスクス」

チャド「お、俺は何をしたんだ・・・」

織姫「黒崎くんを裏切った役に立たない。ゴミなんだよ茶渡くんって」

チャド「くっ・・・」

たつき「近づくなよ私たちに」

織姫「キャハハハハハハハハ」

チャド「くっ」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:43:22.40 ID:0xND/dcH0
(お前も裏切っただろ…)


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:43:58.53 ID:L7MV5SQj0
石木「ええーっ!茶渡くんが夏梨ちゃんと遊子ちゃんを狙ってるのかい!?」

一護「多分な」

石木「あんな薄気味悪い見た目してんのに黒髪が好きなんて」

一護「馬鹿だろ?今や黒髪の女なんて裏じゃ何してっかわからないぜ」

石木「だよね!僕の朽木さんも裏でスケベな事を」

一護「おいルキアは関係ねえだろ。ぶっ飛ばすぞ」

石木「でも朽木さんが変態だったらソソるだろ黒崎も」

一護「そりゃ・・・そうだけど」

石木「だろ?超高速騎乗位とかしちゃったりしたヤバいだろ」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:47:25.68 ID:L7MV5SQj0
一護「そういえば涅マユリのとこの」

石木「ネムさんかい?あの子も大人しいのに変態だよ超ド級のね」

一護「黒髪変態説ってマジなんだな」

石木「卯ノ花さんも性欲凄そうじゃない?」

一護「いやババアじゃんあれ」

一護「平子のとこの雛森ってのもエゲツないらしいぜ」

石木「なんだってー!それは本当かい!?」

一護「平子に聞いたんだけどよ布団の中じゃ獣なんだとさ」

石木「そういうの好きだよ僕!スケベ万歳だよ!!」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:50:59.20 ID:L7MV5SQj0
チャド「一護、井上、石木・・・俺は何をしたというのだ」

チャド「クソ・・・明日ぶん殴ってやる一護も啓吾達も」

ルキア「さ、茶渡」

チャド「朽木お前何をしてるんだ」

ルキア「一護に頼まれてな買い物を」

チャド「朽木・・・俺は」

ルキア「喋りかけるな貴様のような奴に話されただけで吐き気がするわ」

チャド「・・・」

ルキア「解ったら私の前から消え失せろ。良いな」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:54:00.44 ID:L7MV5SQj0
一護「ルキアのやつ帰り遅いな」

石木「ホントよね」

夏梨「何で石木くんも居るんだよ」

石木「晩御飯をご馳走に。ダメなのかい!?冷たい娘さんだ君は」

夏梨「・・・」

遊子「お兄ちゃん・・・お兄ちゃん!」

一護「どうした遊子」

遊子「ル、ルキアちゃんが・・・ルキアちゃんが!!」

一護「ルキア!どうしたんだよボロボロじゃ」

ルキア「茶渡にやられた・・・後ろから襲われて・・・」

一護「ルキア!しっかりしろ!!」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:59:48.21 ID:L7MV5SQj0
一護「レイプはされてないみたいだ」

石木「服はボロボロだけどね」

夏梨「一兄。外見てよ」

一護「チャド・・・あの野郎!」

遊子「あっお兄ちゃん」

夏梨「一兄!」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:02:42.03 ID:L7MV5SQj0
一護「よくもやりやがったなチャド」

チャド「だ、だから何だと言うのだ一護」

一護「女に手を出すとかどうかしてんじゃねえのかお前」

チャド「一護お前が金を払わないからだ・・・お前が」

チャド「今回は服をびりびりに破るだけで終わらせた・・・しかしだ」

一護「しかし何だよ」

チャド「次はどうなるか・・・」

チャド「お前の仲間を犯してやる。どんなに足掻こうが喚こうがな。クックック」

一護「いい加減に・・・」

一護「野郎・・・消えやがった」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:03:43.62 ID:k9L4Kflg0
チャドごと消えた!?


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:03:59.47 ID:AF6s5GBy0
霊圧どころかチャドそのものが消えたっ!?


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:04:52.98 ID:BPZIwoijO
チャドが…消えた…!?


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:06:36.44 ID:L7MV5SQj0
一護「犯すってよ俺たちを・・・」

石木「僕もかい!?」

一護「安心しろよお前は仲間じゃねえと思ってるから」

一護「きっと啓吾も水色もたつき、井上、剣八や恋次もだ」

一護「どいつもこいつも穿り回すだとさ」

石木「恐ろしいね。そうだよね朽木さん」

ルキア「・・・ゴホゴホ」

一護「よっぽどチャドに襲われた事がショックだったんだろな」

一護「でもレイプされなかっただけ良かったよお前は」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:07:25.83 ID:WCYiILYu0
濃厚なホモスレ


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:09:17.54 ID:L7MV5SQj0
チャド「ふん!ふん!ふん!!」パンパンパンパンパン

砕蜂「ああああああ」

チャド「次だお前は一護と関わりがない・・・しかし」

大前田「ふ、ふざけんな!俺は男だぞ」

チャド「性別は関係ない・・・そうだろ?」

大前田「お、おかしいんじゃねえのかお前」

チャド「穴さえあればどれも一緒だ」

チャド「さあ大人しくしろ。すぐに済むから・・・」

大前田「や、やめろォ!!!!」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:09:28.42 ID:82lusZoH0
ホモスレですか(歓喜)


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:12:14.75 ID:L7MV5SQj0
狛村「静かだ・・・いや静かすぎる」

射場「こ、狛村隊長・・・」

狛村「鉄左衛門!どうした精液塗れじゃないか!!」

射場「護廷十三隊も終わりですわ・・・」

狛村「どういう事だ言え言うんだ」

射場「わかりません・・・ただ言える事は」

射場「わしを含め全員が犯されたって事ですわ・・・ぐふっ・・・」

狛村「鉄左衛門!」

狛村「恐るべき敵だ・・・一体誰が」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:13:03.19 ID:ChbzGWvW0
一護:死神化→始解→卍解→虚の仮面→覚醒→無月(色々超越)→消失→オサレスーツ→死神Ver.2→滅却師

チャド:覚醒→巨人の右腕→(奪還編特になし)→悪魔の左腕→虚の力に近いことがわかった→完現術であることがわかった



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:15:35.92 ID:L7MV5SQj0
織姫「えっ?朽木さんが襲われたの」

一護「だからお前も気をつけろよ」

織姫「犯されたの?」

一護「ギリギリ逃れたみたいだチャド見つけたら真っ先に逃げろよ」

織姫「うん!」

一護「じゃあ俺帰るからルキア心配だし」

織姫「えっ・・・わ、私は」

一護「石木が護衛するってよ」

織姫「へえ・・・私より朽木さんなんだ」

織姫「朽木さんを優先にして私は護ってくれないんだ・・・ふーん・・・」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:16:27.29 ID:tDV4clvd0
石木ってだれだよ


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:19:51.35 ID:L7MV5SQj0
一護「チャドの行方はわからないのかよ浦原さん」

浦原「どうやら瀞霊廷内に紛れ込んで次から次へと犯してるらしいんスよね」

一護「なん・・・だと・・・?」

浦原「肛門を破壊されたり何かして」

一護「恋次や一角たちは無事なのか!浦原さん!!」

浦原「何とも言えないッスね。とにかく茶渡さんは」

一護「チャドのやつ問答無用ってわけか」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:31:40.39 ID:L7MV5SQj0
一護「・・・こいつは酷い」

剣八「」

一護「剣八!ダメだ犯されてる・・・」

一護「平子も京楽さんもメチャクチャにされてたな・・・チャドの奴」

恋次「おい一護」

一護「お前無事だったのか!」

恋次「ああ・・・マジでヤバかったぜあいつだけはよ」

恋次「腕変化するだろあのアホ?チ●ココ変化させてよ」

一護「どんな風にだよ」

恋次「触手っていうかタコの足みたいによ・・・」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:34:38.66 ID:L7MV5SQj0
一護「残ってるのは恋次と」

恋次「一角さんも居るぜ」

一角「弓親も酷いもんだぜガン掘りにされてた・・・恐ろしい野郎だよあいつは」

一護「3人だけかよ」

日番谷「俺も居るぜ!」

狛村「儂も居るぞ黒崎一護」

一護「どうするよ3人ってマジでヤバいぜ」

日番谷「おい黒崎。俺も居るぜ俺も」

一護「クソの役にも立たねえよお前たちは」

日番谷「ぐぬぬ・・・」

狛村「クーン・・・」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:37:49.09 ID:bbICEMo00
一角もネタキャラだぞ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:41:12.88 ID:L7MV5SQj0
一護「使えるのは俺たちぐらいだぞ」

恋次「ああ・・・あれ見ろよ一護」

一護「あいつは」

日番谷「雛森だ!おーい!おーい!!」

恋次「お前も無事だったんだな」

雛森「うん。突かれたけどね」

一角「さすが頑丈な女だぜお前ってやつは」

雛森「フフフ」

日番谷「マジで良かったよ!お前犯されたら婆ちゃんに何ていえば」

雛森「生きてたんだねシロちゃん・・・厄介払いできたと思ったのに」

雛森「本当に運だけは強いね」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:42:55.67 ID:g81T2mll0
漫画読んでないから知らんがなんでこうなった


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:45:50.84 ID:L7MV5SQj0
拳西「ぐわあああああああああああああああああああああああああ」

チャド「ふん!ふん!ふん!ふん!ふん!」パンパンパンパンパン

一護「チャドだ!野郎!!!」

チャド「一護・・・今日までの事はお前が俺に金を」

一護「うるせえ!何が金だこのクソ野郎が」

恋次「たかが銭のためにここまでするかよ!」

一角「ぶち殺してやるよてめえだけは」

チャド「そうか・・・だが俺を倒せると思ってるのか?」

チャド「使えるのは一護と阿散井ぐらいじゃないか」

一護「上等だこっちは4人も居るんだぜ」

恋次「袋叩きにしてやるよ・・・茶渡」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:54:05.72 ID:aVkvvl4I0
いいぞもっとやれ


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:58:40.08 ID:L7MV5SQj0
狛村「ぐわああああああああああああああああああああああああああ」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:59:49.21 ID:ySFjH2p70
>>50
ク、クロk(ry



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:00:49.09 ID:1U4Ud+uV0
ダイーン!


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:10:56.78 ID:HI197ExoO
終わった


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:11:34.06 ID:3dpJVdCX0
まだだまだ終わらんよ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:18:10.43 ID:zs6K3TEc0
一護「狛村さんを一撃で」

一角「まあ驚く事ねえわな」

雛森「退いてください!一撃で終わらせますから」

日番谷「い、一撃って」

雛森「滲み出す混濁の紋章 不遜なる狂気の器 湧き上がり・否定し痺れ・瞬き眠りを妨げる」

一護「ヤバいぞ恋次!一角!逃げるぞ!!!」

狛村「わ、わしも」

恋次「離せ負け犬が!!」

雛森「爬行する鉄の王女 絶えず自壊する泥の人形」

一角「何だよあれ・・・一護」

一護「見てろよ」

雛森「結合せよ 反発せよ 地に満ち己の無力を知れ!!」

雛森「破道の九十『黒棺』!!!!」

チャド「ぐわああああああああああああああああああああああああああ」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:19:12.25 ID:3dpJVdCX0
負け犬wwwww


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:29:10.49 ID:zs6K3TEc0
一護「ざまあみろ」

恋次「俺たちに逆らうからこうなるんだぜ!」

一角「ペッ」

一護「狛村さんと冬獅郎・・・死んじまったな」

雛森「シロちゃんは目障りでしたからね。これでやっと」

日番谷「ああ・・・死ぬかと思った。狛村が盾になってよかったぜ」

雛森「チッ。生きてたんだね・・・クソ」

日番谷「・・・」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:33:30.12 ID:zs6K3TEc0



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:50:14.86 ID:HI197ExoO
終わったんだ


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:54:32.63 ID:zs6K3TEc0
こんなつまらない事で眠りを妨げられたくない



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352208093/

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/10 00:38 ] ブリーチSS | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。