それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルキア「ここにいれるのだぞ一護」 一護「お、おう・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:19:01.09 ID:zWULDzcb0
一護「い、いれるぞ」

ルキア「たわけ!こっちだと言っておるだろうが」

ルキア「それにちゃんとゴムをせんか」

一護「初めてだから仕方ねえだろうが。これつければいいんだろ?」

ルキア「そうだ」

一護「・・・どうやるんだ」

ルキア「貸せ。これをこうして・・・こうやって・・・」

一護「うっ」ドビュ

ルキア「もうイったのか一護。これで三度目だぞ」

ルキア「たかがゴムを付けるぐらいで貴様という奴は」

一護「・・・」



3 :危険な好奇心 忍法帖【Lv=9,xxxP】(1+0:15) 2012/11/05(月) 23:19:46.69 ID:mvaaArhI0
俺の知ってる一護じゃねぇ


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:19:46.81 ID:2bWNla+NO
チャドの性欲が消えた…?



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:22:38.70 ID:zWULDzcb0
一護「もう一回頼む」

ルキア「もう朝が来たぞ。お前がモタモタしておるから」

一護「しかし手馴れてるよなルキア」

一護「初めてじゃねえよな?相手は誰だよ」

ルキア「・・・」

一護「恋次か?」

ルキア「そ、それは言えん」

一護「教えろよ」

ルキア「・・・」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:25:57.37 ID:zWULDzcb0
石田「ええーっ!またセクロスに失敗したのかい!?」

一護「ああ」

石田「いい加減にしろよ黒崎。もう高3なんだぞ」

啓吾「俺たちの中で童貞なの一護だけなんだぜ」

水色「早くやっちゃいなよ」

一護「あるだろタイミングってのが」

チャド「パン買ってきたぞ」

一護「カレーパンって言っただろうが。焼きそばじゃねえか全部」

チャド「それしかなかった」

一護「買い直して来い」

チャド「はい・・・」

一護「早くしろよ」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:26:20.33 ID:wTsyG+EWP
チャド「いくぞ!一護!」ズドン
一護「ケツが…昇天ッッ!!」ドピュ



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:29:06.58 ID:zWULDzcb0
一護「それでルキアって非処女なんだぜ。俺が思うに」

石田「それはあり得ない。絶対にだ」

一護「でも手馴れてるっていうか・・・あれなんだよ」

石田「いや処女だと思うね僕は」

一護「・・・」

チャド「カレーパン無かった」

一護「じゃあコンビニで買って来い」

チャド「金」

一護「てめえで出せ」

チャド「・・・」

一護「グズグズしてんじゃねえぞ!行って来い!」

チャド「は、はい」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:29:41.45 ID:WzyYxCCD0
チャドの地位が消えた・・・


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:32:18.54 ID:zWULDzcb0
石田「もしも処女じゃなかったら誰だと思う?」

一護「恋次しかいねえだろ」

石田「阿散井が非童貞だと思うか?笑わせちゃ困るよ」

一護「じゃあ誰だよ」

一護「白哉か?白哉なら死んでるじゃねえかよ」

石田「彼女はほら貧しい環境で育ってきたらしいじゃないか」

一護「ウリしてたっていうのかよ」

石田「阿散井でも朽木白哉でもなければ売春しかあるまいよ」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:34:55.50 ID:QEXjRtvjO
まさか……石田………


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:35:11.23 ID:zWULDzcb0
チャド「パン買ってきた」

啓吾「一護と石田なら帰ったぜ。お前がノロノロしてるから」

水色「二人からの伝言だけど荷物家まで届けろってさ」

チャド「ムッ・・・」

啓吾「何だよその目は」

チャド「べ、別に・・・何でも」

啓吾「お前は図体だけなんだから一護に使ってもらえるだけ有り難く思えよ」

チャド「はい」

啓吾「それとパンは俺と水色の分」

チャド「わ、忘れた」

啓吾「チッ」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:38:20.86 ID:zWULDzcb0
恋次「ルキアが非処女・・・だと・・・?」

一護「・・・ビビったろ」

恋次「マジかよ!誰にやられたんだ」

石田「例えば売春してた実例はないのかい?」

恋次「ねえよ」

一護「じゃあ白哉がやったのか」

恋次「朽木隊長(故)しかいねえわな」

石田「強姦という説もあるよ」

一護「レイプか・・・」

恋次「強姦か・・・」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:41:29.52 ID:zWULDzcb0
一護「俺とお前ぐらいなのか童貞なのは」

恋次「多分な。見ろよ一護」

狛村「て、鉄左衛門!ハァハァハァ!!」パンパンパン

射場「な、中はあきません!中だけは!!」

狛村「も、もう我慢できん」パンパンパン

恋次「な?」

一護「酷い話だぜ童貞なのが俺たちだけっての」

恋次「腐ってるよなマジで。俺なんて女に惚れられた事もねえよ」

一護「・・・俺もねえよな。惚れられてたら卒業してるもんな」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:41:59.97 ID:7UGPKkbgO
     ∧∧    /
*~'´ ̄(''・∀・) _ノ ワロタ
  UU ̄U U   `ヽ.



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:45:57.47 ID:zWULDzcb0
マユリ「処女か非処女か見極める機械」

石田「うん。作れよ」

マユリ「やだネ。帰りたまエ」

石田「お断りだ!作るまで僕はここを動くことはしないぞ!!」

石田「ネムさんお茶」

マユリ「そんな物を作っても意味はない馬鹿かネ君は」

石田「馬鹿って言う奴が馬鹿なんだよハゲ」

マユリ「ハ」

石田「天才とか言ってるけどそんな物も作れないなんてね」

石田「何が技術開発局だよ所詮は二代目のくせに」

石田「二番煎じのダメ科学者が」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:47:33.87 ID:AHl0+jshO
設定の確率は

100%
チャドが不遇
石木のキャラが不安定
80%ぐらい
石塚の名前が不安定
織姫、雛森がクズ
わんころ、素人が不遇

ぐらいか



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:50:13.29 ID:zWULDzcb0
一護「しかしルキアは誰にレイプされたんだろな」

恋次「見つけたらぶっ殺してやろうぜ」

一護「ああ絶対に殺してやる白哉が死ぬ間際にルキアを頼むとか任せたぞって言われたからな」

一護「絶対に叩き殺してやるよ」

恋次「俺は檜佐木さん辺りが臭いと思うんだよな」

恋次「あれってよく覗きとかしてんだぜ」

一護「檜佐木さんか」

恋次「どうするよ一護」

一護「臭い奴は片っ端から絞めてこうぜ。それしか道はねえ」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:51:28.10 ID:4KQ6FHpJ0
チャドがレイプ犯にされるかチャドと経験済のどっちかになる展開だね?


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:53:38.14 ID:zWULDzcb0
一護「てめえだろうが!ええコラァ!!」

恋次「吐けよ檜佐木さん本当にぶっ殺しちゃうっすよ俺たち」

檜佐木「し、知らん」

一護「知らねえってよ」

恋次「てめえが一番怪しいんだよ檜佐木さんよぉ・・・」

檜佐木「待てよ!ロクに話したこともないんだぞ俺」

恋次「しらばっくれやがって」

恋次「だから後輩から慕われねえんだよ。死んだ吉良も陰で悪口言ってたぜ」

一護「ほら歯喰いしばれゲロるまで何発でも殴るぞ」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 23:58:14.91 ID:zWULDzcb0
乱菊「一護と恋次が暴れてるの?」

雛森「はい。檜佐木さんをもう凄い形相で締め上げてましたよ」

乱菊「ふーん」

雛森「笑っちゃいましたよボコボコにされちゃって。フフフ」

日番谷「何でボコられてたんだよ」

雛森「知らないよ。自分で見に行けば」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:03:41.54 ID:VttZBUiAO
雛w森www


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:09:01.88 ID:fCJVGmIW0
石田「できたかい?」

マユリ「こんな物を作って意味はあるのかネ」

石田「別にただ気になるからさ」

石田「君は誰が朽木さんの処女を奪ったと思う?」

石田「阿散井でも朽木白哉でも無いとしたら」

マユリ「志波海燕」

石田「架空の人物をでっち上げてるんじゃない!」

石田「さっさとつくらんか!!!」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:13:36.96 ID:fCJVGmIW0
一護「どいつもこいつも知らんの一点張り」

恋次「キリがねえぜ」

石田「おーい!できたぞ!!」

一護「何だこれ」

石田「処女か非処女か見極めるスカウターさ」

一護「だからこんなのよりも」

恋次「ルキアを犯した奴をだな」

石田「いいから使ってみてよ」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:14:07.22 ID:uAQmF3RE0
そしてチャドの存在が消えた


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:24:35.12 ID:fCJVGmIW0
石田「それでマユリ的には志波カイエンだって言うんだよ」

一護「ふーん・・・」

恋次「後にしろよ」

一護「見ろよ恋次!あの女非処女だぜ」

恋次「あんな大人しそうなツラしてんのに」

一護「世も末だぜ」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:26:58.54 ID:fCJVGmIW0
一護「乱菊さんは処女で」

恋次「雛森は非処女」

一護「逆じゃねえのこれ」

恋次「乱菊さん処女っすか」

石田「それは断じてあり得ん!こんな女性が処女だったら僕は死にます!」

乱菊「処女よ」

一護「世の中捨てたもんじゃねえな恋次」

恋次「そ、そうだな」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:31:47.25 ID:fCJVGmIW0
一護「それで志波が何だって」

石田「さあマユリの戯言だよきっと」

恋次「お前経験済みだったんだな」

雛森「うん」

一護「何人」

雛森「二ケ・・・二人です」

日番谷「そ、そんなの俺聞いてねえぞ!!」

雛森「は?口出さないでくれる?」

雛森「これは大人同士の話なんだからシロちゃんは隅っこでマスでも掻いてれば」

日番谷「ぐぬぬ・・・」



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:36:50.39 ID:uAQmF3RE0
みんな性格歪んでんな


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:39:37.34 ID:fCJVGmIW0
一護「それで何だって」

石田「カイエン」

一護「聞いた事あるか恋次」

恋次「あー・・・あるようなねえような」

一護「そいつが処女を奪ったんだなルキアの」

石田「って言ってたよあいつが」

一護「どんな野郎なんだよ」

恋次「とにかく探し出して締め上げようぜ」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:42:54.76 ID:fCJVGmIW0
一護「おい一角!弓親!出てこい!」

一角「うるせえな何だよ」

恋次「げっ・・・肛門の処女損失してんのかよ一角さん」

弓親「どうしたんだい?」

恋次「うげっ・・・マジかよ。二人とも掘られてるのかよ」

一護「カイエンって知ってるか」

一角「は?」

一護「志波だとか言う死神だよそいつがルキアの貴重な処女を」

恋次「知ってる事あったら教えてくださいよ!一角さん!!」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:46:59.52 ID:uAQmF3RE0
ホモ祭


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:47:19.94 ID:fCJVGmIW0
一角「知ってるっすか隊長」

剣八「しらねーな」

一護「おい石田」

石田「マユリの奴に騙された!」

恋次「あんな胡散臭いオッサン信じるからこうなんだよ」

石田「あのインチキ科学者め・・・」

石田「よくもこの僕に恥をかかせてくれたな・・・許さん」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 00:56:00.39 ID:fCJVGmIW0
石田「居ないじゃないか!このインチキ科学者!!」

マユリ「黙れ」

石田「なーにが志波カイエンだ!架空の人物作り上げちゃってさ」

マユリ「随分前の事だが居たんだヨ。十三番隊の副隊長で」

石田「もう僕は騙されん!死ねインチキ科学者が!!」

マユリ「ネム」

ネム「はい。確かに居ました」

石田「まあ・・・ネムさんが言うなら仕方ない。居なくても居るんだろうな」

石田「これで最後だ僕が信じるのは」

石田「もし居なかったらここを爆破する」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:04:50.58 ID:fCJVGmIW0
チャド「ニモツ」

ルキア「一護のか」

チャド「ソウダ」

ルキア「それで一護は?」

チャド「オレワカラナイ」

チャド「ワカルコトヒトツ。イチゴノメイレイゼッタイ」

チャド「サカラウコトユルサレナイ」

ルキア「解ったから帰れ」

夏梨「悪かったなオッサン。ほら五円やるよ」

チャド「アリガトウ。オレウレシイ」



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:06:14.54 ID:YvY98WsY0
チャド・・・(´;ω;`)


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:10:26.59 ID:fCJVGmIW0
浮竹「そうか話す時が来たようだね二人に」

一護「教えろよ浮竹さん」

恋次「どこに居るんすか」

浮竹「海燕はもうゴホゴホ・・・」

浮竹「ウゲボエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ」

一護「う、浮竹さん!」

恋次「誰か誰か!!!」

一護「しっかりしろ浮竹さん!!!」



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:16:11.91 ID:fCJVGmIW0
一護「居るのか居ねえのかハッキリしねえ」

恋次「そいつがルキアの処女奪ったのかもわからねえ」

石田「居場所ぐらいわかるだろ!君は科学者だろうが!!」

マユリ「一度だけ虚圏で目撃されたと情報があるヨ」

石田「本当かい?」

マユリ「本当だヨ。今度こそネ」

一護「三度目の正直だ」

恋次「行こうぜ一護!」

阿近「いいんですか。あんな事言って」

マユリ「これで厄介払いができたヨ。特にあのクインシーだけは」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:21:31.02 ID:fCJVGmIW0
ハリベル「カイエン?」

一護「アンタ虚圏のリーダー的存在だろ」

恋次「知ってるだろ教えろよ」

石田「今晩僕の部屋に来なよ君」

ハリベル「知らんな」

一護「知らねえ事ないだろ!」

恋次「それでも十刃だったんだろアンタ!」

石田「僕の名前は石田雨竜。ご覧の通りのクインシーさ」

石田「ん?何も言わなくても解るよ。僕に惚れたんだね君は」

ハリベル「・・・」



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:32:24.63 ID:YvY98WsY0
石田も非童貞なんだっけ?このナンパテクで・・・


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:42:06.51 ID:fCJVGmIW0
ルキア「一護の事だとここ以外には」

雛森「朽木さん?」

ルキア「一護を見ませんでしたか」

雛森「そういえば阿散井くん達と虚圏に行くとか何か言ってたよ」

ルキア「虚圏へ?」

雛森「うん。鉄砲玉のように走ってったよ」

ルキア「一護と恋次は何を考えているのだ」

ルキア「何故虚圏に」



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:45:35.64 ID:fCJVGmIW0
ネリエル「さあ聞いた事ないよ」

一護「やっぱり架空の人物なんじゃねえの」

恋次「俺もそう思えて来た」

石田「見ろよ黒崎!今僕はデカパイ美人の間に立ってるぞ!!」

一護「頭おかしいんじゃねえのかあいつ」

恋次「シカトしろ。あいつはここが狂ってんだ」

石田「先生見てください僕は滅却師としてこんな美人に囲まれてます」

石田「これってハーレムですよね。そうですよね先生」

一護「いよいよどこかに喋り出しやがった・・・」



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:47:48.33 ID:VZ+Msanr0
イチゴ達が冷静なのか冷静じゃないのか


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:52:32.74 ID:fCJVGmIW0
グリムジョー「死ね黒崎!!!」

一護「おっと。お前カイエンって知ってるか」

グリムジョー「知らねえよ!誰だよそいつは」

恋次「ルキアの処女奪ったとんでもねえ野郎だ」

一護「ほらお前が腹に穴開けた死神居ただろうが」

グリムジョー「・・・知らねえ」

一護「ちゃんと脳みそ入ってんのお前」

グリムジョー「うるせえ!」

ハリベル「その男を探しに来たらしいんだ手伝ってやれお前も」

グリムジョー「誰が探すかよ。こいつは敵だぜ敵」

ハリベル「その敵に我々は救われたのだぞ」

ネリエル「そうだよ。受けた恩はちゃんと返さなきゃ」

グリムジョー「くっ・・・」

一護「男なら借りを返すのが流儀だろうがグリムジョー」

グリムジョー「今回だけだぞ黒崎。言っとくが俺はてめえに借り返すだけだぜ」



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 01:56:38.39 ID:fCJVGmIW0
石田「君は童貞なのかい?」

グリムジョー「女に興味がねえ」

石田「ホモだ!」

一護「マジかよライバルがホモとかドン引きだぜ」

恋次「つっぱったナリしてんのにホモなのかよ」

グリムジョー「ざけんな!誰がホモだ俺は戦うことしか興味がねえんだ」

一護「やたら俺に絡んできたのはホモ故にか」

恋次「勘弁してくれよホモとか」

石田「たとえば彼女たちがやらせてくれるって言ったらどうだい」

グリムジョー「断る」

一護「どうして」

グリムジョー「カッコ悪いからに決まってるだろうが」



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 02:04:38.98 ID:fCJVGmIW0
雛森「今日は井上さんだったっけ居ないね」

ルキア「井上は忙しいだとかで」

雛森「でもあの人って私とキャラ被るから嫌いなんだよね。病んでる部分が」

雛森「今の私には平子隊長が居るからね。フフッ」

ルキア「そ、そうですか」

雛森「あとは目障りな幼馴染が消えてくれたら最高なんだけどね」

雛森「阿散井くんみたいな頼りになる男ならいいけどあんなちんけな子供じゃ・・・」

ルキア「・・・」

雛森「黒崎さんってみんなを護ってくれるんだよね?」

ルキア「それが一護の口癖ですから」

雛森「今度頼んでみようかな。ストーカーを退治してくれって」

ルキア「・・・」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 02:09:06.04 ID:yO/oSXUA0
ひばんたにさん…


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 02:10:22.81 ID:fCJVGmIW0
ハリベル「ところでそのカイエンって男はどういう顔なんだ」

恋次「石田!」

石田「それが解らないんだよね。記録と言うか情報的なのが消えてるのよ」

一護「どういう事だよ」

石田「いちいち僕に聞くんじゃない!自分で考えんか!!」

恋次「きっと悪い事したんだぜ。虚圏に居るようじゃな」

一護「どうせとんでもない顔面してんぜ。眉毛無かったり目つき悪かったりよ」

恋次「体中に刺青彫ってんぜ絶対に」

グリムジョー「髪型もパンチパーマとかじゃねえの。絶対に悪い奴だぜ」

一護「グラサンかけてたりしてよ」

恋次「それで白のクラウン乗り回してよ」

グリムジョー「スーツ着て金バッチ付けてんぜそいつは」

一護「とにかくルキアをレイプしたんだ悪い男だそいつは」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 02:15:34.58 ID:fCJVGmIW0
ルキア「それでは私は」

雛森「ふーん・・・私を見捨てるんだね」

ルキア「違います」

雛森「それでどうやって虚圏に行くの?」

ルキア「涅隊長に」

雛森「あの胡散臭い人が頼みを聞いてくれると思う?絶対にありえないよ」

ルキア「ならどうすれば」

雛森「私に任せてよ」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 02:23:06.38 ID:fCJVGmIW0
藍染「それで私に」

雛森「はい。でも勘違いしないでくださいね貴方は過去の男ですから」

藍染「でも私にはそれは不可能だ」

雛森「は?虚圏に居たのに行けないんですか?」

雛森「鏡花水月が無いと本当にダメ死神ですね藍染元隊長は」

藍染「違うよ雛森くん。この格好ではどうにもならないんだ」

ルキア「危険すぎますよさすがにこの男だけは」

雛森「大丈夫だよ朽木さん。たとえこの過去の男が出てもまた牢にぶち込めばいいんだよ」

雛森「こっちには平子隊長に更木隊長、阿散井くんや黒崎さんも居るんだよ」

ルキア「それはそうですが」

雛森「開けますから下がってくださいね」

藍染「待つんだ雛森くん!この格好じゃ下がれ」

雛森「もしもそれで死んだら運が無いと思って諦めてくださいね」



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 02:35:46.51 ID:fCJVGmIW0
一護「行けども行けども砂しかねえ」

恋次「よくこんな砂だらけの世界で生きられるな。どこで寝てんだよ」

ネリエル「それなりの住み家みたいなのはあるよ」

ハリベル「さすがに住み家ぐらいないとな」

一護「お前あるのかよ」

グリムジョー「あ、当たり前だろうが・・・何言ってんだてめえは」

一護「どこにだよ」

グリムジョー「あるけど見つからねえんだ」

恋次「どういう事だよ」

ネリエル「迷子なんだって」

グリムジョー「何言ってんだわざとに決まってんだろうがわざと帰らねえんだ」

一護「何か意味あんかよ」

グリムジョー「うるせえな!どうだっていいだろうが」



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 02:39:51.59 ID:fCJVGmIW0
ルキア「虚圏か・・・久しいな」

雛森「頑張ってね朽木さん」

ルキア「はい」

雛森「帰りますよ藍染元隊長」

藍染「やっと出られたんだ私」

雛森「戻れ」

藍染「・・・」

雛森「戻らないと死にますよ。鏡花水月無しの貴方に何ができるんですか?」

藍染「き、鬼道」

雛森「私は達人ですからそっち系の」

雛森「ほら帰らないと死にますよ。グズグズしないでくださいよ」

藍染「・・・ッッ」



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 02:49:04.24 ID:fCJVGmIW0
石田「アアーッ!」

一護「ル、ルキア」

恋次「どうしてここに」

ルキア「それはこっちのセリフだ。お前たちこそ」

一護「俺はカイエンって奴を探してんだ」

恋次「俺も」

ハリベル「私たちはその手伝いを」

グリムジョー「チッ」

ルキア「海燕殿はもうおらぬ」

一護「どういう事だよ」

ルキア「・・・」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 02:53:52.15 ID:fCJVGmIW0
ルキア「虚夜宮はどっちだ」

グリムジョー「こっちだ付いて来いよ」

ハリベル「あっちの方角だ」

一護「何であそこ行くんだよ」

恋次「居ねえってどういう事だよルキア」

ルキア「いいから来い」

石田「フフ。何か仰天する事があるんだね」

グリムジョー「・・・」

ネリエル「あっちだってさ」

グリムジョー「うるせえんだよ!俺は黒崎達を引っかけてよ」

ネリエル「ほら行くよ。みんな行っちゃったよ」

グリムジョー「クソッタレ共が・・・どいつもこいつも」



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 03:03:55.69 ID:fCJVGmIW0
一護「ここは」

ルキア「ここで私は海燕殿と再会した。いや海燕殿では無かったがな」

恋次「いねえってのは」

ルキア「私がこの手でな。尸魂界で虚に乗っ取られた海燕殿を手にかけ」

ルキア「その姿をした十刃を殺してな」

恋次「・・・」

一護「居ないってのはそういう事だったのか」

ルキア「そういう事だ一護、恋次」

一護「・・・帰ろうぜ」

恋次「そうだな・・・悪かったなルキア」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 03:09:37.70 ID:fCJVGmIW0
一護「巻き込んじまって悪かったな3人とも」

ハリベル「いいんだ。せめてもの恩返しとして」

ネリエル「また遊びに来てね」

一護「おいグリムジョー」

グリムジョー「今度会う時はてめえと必ず決着つけてやるよ必ずな」

一護「へっへっへ」

石田「おっ」

恋次「どうした石田」

石田「別に・・・何でもないよ」



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 03:14:32.39 ID:fCJVGmIW0
石田「それで朽木さんとは」

一護「何もやってねえよ」

石田「あっそ。そういえばね朽木さん処女だったよ」

一護「は?何言ってんだお前は・・・あいつ手馴れてたぜ」

石田「これで測ったんだよ」

石田「きっと朽木さん的に黒崎を安心させるために手慣れたフリでもしてたんじゃないか」

石田「彼女はそういう女性だよ黒崎」

チャド「イチゴ。ジュースカッテキタ」

一護「今大事な話してんだよ。あっち行け」

チャド「ハイ」



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 03:19:55.28 ID:umjwHw+O0
チャド…



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 03:22:54.75 ID:fCJVGmIW0
一護「・・・」チーン

一護「そうか岩鷲の兄貴だったんだ」

岩鷲「言わなかったかお前に」

一護「知らねえよ」

恋次「思い出したぜ!この人だ俺会った事あるわ確か」

一護「思い出すのが遅いんだよお前」

一護「・・・それにしても恋次、岩鷲」

恋次「どうした」

一護「俺に似てるな」

岩鷲「似てねえよ。絶対に似てねえよ」

一護「似てんだよな・・・この人」



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 03:31:11.77 ID:fCJVGmIW0
ルキア「どうだった海燕殿は」

一護「俺に似てた」

ルキア「よく見れば似ておるのな」

一護「今日こそはお前を抱いてやるよルキア」

ルキア「本当に大丈夫なのか一護」

ルキア「お前の早漏っぷりは異常だぞ」

一護「うるせえよ」

一護「今夜こそ決めてやるからなルキア」





108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 05:31:21.11 ID:iovoRDMr0
こっからが本番でしょうが!


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 06:26:17.30 ID:uAQmF3RE0
終わったか


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 09:19:26.36 ID:v3l0qvreP
グリムジョーが馬鹿すぎて愛着が湧いてくる



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 10:18:29.12 ID:wR17QoQW0

いい暇つぶしになった




元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352125141/

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/09 00:34 ] ブリーチSS | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。