それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

織姫「1回3万円だけど黒崎くんはタダでいいよ」 一護「?」【未完】

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:08:30.81 ID:cl90PY1V0
織姫「ほら脱いで脱いで」

一護「タダってお前・・・そりゃ駄目だろ」

織姫「別にいいよ。こういうの慣れてるし」

織姫「早くしてよ。夏梨ちゃんと遊子ちゃん帰ってきちゃうよ?」

一護「・・・ゴクッ」

織姫「いつまでも童貞って嫌だよね?私がおろしてあげるからさ」

一護「全部脱ぐのか」

織姫「うん。脱いじゃって」

織姫「ほら恥ずかしがらないでパンツも」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:09:13.24 ID:6Os58WMX0
うん、脱いだ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:10:25.10 ID:B1axZQF60
                       ____
                     /     \
                      /  ー  ー ヽ       ああ おれたちは皆
                      | ( ●)  (●)|
                     |   (__人__)  i       眼をあけたまま
..                    |    `⌒´  i
                        i           i 空を飛ぶ夢を見ているんだ
                       !         !
                      ヽ._   __.ノ
  | ̄ ̄ ̄ ̄|             /  ヽ,.ノ  \
  |____|             /       ,  }                FORTEEN
_||.____||_____ (. ( _{  ヽ,____.ノ.- ノ_.,:-y-、_ DAYS
            /   __)_)__ \___ヽ  と)_/ /,.:':/|  .\ FOR
           /   6{””””}.、  ヽ;シ     /,.:':/ ::::|--、  .\ CONSPIRACY
         /    (. ゙.ー '゙ )       .:i⌒⌒i:::: / ./   .\
        /       ゙ ー― '´         /i__i/ ./      .\
 (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ 9
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ   
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:11:42.91 ID:cl90PY1V0
チャド「一護!」

一護「チャ・・・ド」

織姫「・・・」ジュポジュポ

チャド「お前は恥ずかしくないのか!?」

チャド「井上に・・・仲間にこんな事をさせて!!」

一護「うるせえな関係ねえだろうが」

チャド「し、しかし」

一護「井上がしてえって言うからさせてんだろうが。なあ」

織姫「うん」

チャド「そこまで落ちぶれたと言うのか・・・一護」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:11:51.77 ID:uOlslLrr0
    , -∧,,∧-- 、
   / (-ω-` ) /
   r-くっ⌒cソ、 / ん、起きてるよ?大丈夫起きてるよ。見てる見てる。
  ノ '、 , 、 _, ' / /  ちょっと横になるだけ。ちょっと目を瞑るだけ・・・
.(_,.       ././
,(.,_ `'ー-、_,,..ノ/
  ~`''ー--‐'



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:13:26.48 ID:gUebaOJ40
あれ?会話してる


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:16:01.81 ID:cl90PY1V0
チャド「くっ・・・俺は一護を見損なった」

石田「は?」

チャド「井上の身体を弄ぶなど・・・解せぬ」

石田「は?」

チャド「石田。うぬは何とも思わぬのか」

石田「いや井上さんってそういう女でしょ。それに黒崎には」

チャド「貴様までそういうか・・・何という事だ」

石田「黒崎の女がやらせないからこうなったんだろね。ビール一つ」

TIT「かしこまり!」

石田「井上さんってほらネジが二本ほど外れてるだろ」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:16:41.74 ID:4GTWBmcd0
チャドは3万はらったんだな


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:18:13.55 ID:cl90PY1V0
チャド「一護!一護はおらぬのか」

夏梨「何だよオッサンか一兄なら上に居るよ」

遊子「さっきからガタガタうるさいよね。何してるんだろお兄ちゃん」

チャド「もしや・・・一護」

チャド「許されざる行為だ!仲間を弄ぶなど」

チャド「この茶渡泰虎が許さぬ」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:18:41.54 ID:DD3XLtpi0
チャドが途中ラオウ入っちゃってるのはデフォ?


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:20:15.66 ID:dk4Tbzp/0
石田って誰だよ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:21:11.30 ID:cl90PY1V0
一護「人のセクロス邪魔するんじゃねえよ」

チャド「ぐっ・・・」

一護「どうした立てよチャド。立って」

一護「へっ。ざまあねえな相変わらずてめえだけは」

チャド「い、一護・・・俺は」

一護「俺は?何言ってんだてめえ」

織姫「キャハハハハハハ」

織姫「情けないね茶渡くん。プークスクス」

一護「てめえは地面に蹲ってる方がお似合いなんだよ。バーカ」

織姫「本当に無様だね。クスクス」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:24:19.46 ID:cl90PY1V0
石田「あ・・・屁が出た」ブッ

マユリ「クサッ」

石田「茶渡くんって居るだろ?あいつ黒崎に挑んでさ」

石田「死んだんだってさ。笑っちゃうよね・・・ハーハッハッハ」

阿近「お前帰れよ」

石田「黙らんか!」

阿近「ぐふっ・・・」

石田「いいよな黒崎はタダでやれて・・・どう思う君は」

マユリ「興味ないネ」

石田「嘘つけ!このムッツリ科学者が!!」

マユリ「ぐぬぬ・・・」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:25:48.22 ID:21BMg/cP0
チャド君昨日ソープで一護に撃ち殺されてなかった?


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:26:53.81 ID:cl90PY1V0
啓吾「ふーんチャド死んだんだ」

水色「どうしたの死体は?」

一護「埋めといた」

啓吾「ふーん・・・」

織姫「黒崎くーん」

啓吾「呼んでるぜ井上さん。まだ続けてるのかよ肉体関係」

一護「ああ」

啓吾「それでいいのかよ。だってお前」

一護「うるせえな。いいんだよそれだけで」

一護「井上はそれで満足してんだよ。俺に命令してんじゃねえぞ啓吾」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:28:49.51 ID:tVevugGX0
黒崎は通す、石田も通す
チ ャ ド は 通 さ な い



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:30:30.01 ID:cl90PY1V0
チャド「そうか俺は・・・死んだのか・・・」

岩鷲「あ。お前一護の仲間の・・・誰だったか」

チャド「俺は正しい事を言っただけだ。なのになぜ殺されたのか・・・」

チャド「この俺が間違っていたのか・・・いや違う」

チャド「間違ってるのは一護の方だ。俺は強くならなければならぬ」

岩鷲「お、おう・・・何言ってんだこいつ」

チャド「一護に天誅を・・・」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:33:35.81 ID:cl90PY1V0
チャド「邪魔する」

剣八「あ?おめー一護のとこの」

チャド「代々剣八という称号は強者のみが持つと許されてるらしいな・・・」

チャド「その剣八の座を俺に譲れ。うぬには荷が重すぎる」

弓親「君ね。一護の友達だからって調子に乗っちゃダメだよ」

チャド「失せろ。うぬには用はない・・・」

弓親「くっ・・・何て霊圧だ・・・これはまるで」

チャド「俺は一護ほど甘くないぞ」

剣八「おもしれえ」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:34:43.81 ID:Pcc/M0/z0
弓親「くっ・・・何て霊圧(の無さ)だ・・・これはまるで」

に見えて仕方がない



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:34:41.57 ID:6Os58WMX0
パンツはいていい?


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:37:46.11 ID:cl90PY1V0
織姫「あ・・・そこは・・・」

一護「んん?どうした・・・んん???」

織姫「だめだよ・・・そんなところ」

一護「ほらほらどうした・・・どうした?」

一護「ほらほら石田が見てるぞ~」

織姫「馬鹿な事言ってないで入れてよ」

一護「お、おう」

コン「・・・」シコシコシコシコシコ



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:40:14.89 ID:6Os58WMX0
やっぱはくのはよそう


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:41:52.12 ID:cl90PY1V0
チャド「どうやら俺の勝ちのようだな。この俺が剣八だ」

剣八「」

チャド「今より護廷十三隊は俺の指揮下に入る。良いな?」

荒巻「あ・・・あ・・・」

荒巻「何ということだ更木隊長も綾瀬川五席も一撃で・・・何者なのだ」

チャド「聞こえぬのか」

荒巻「は、はい」

チャド「この俺が全てを掌握する」

チャド「一護の嘆く顔が見えるわ。フフフ」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:43:38.97 ID:rOa2EwP/0
最近のチャドはどうしちゃったの?


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:45:02.03 ID:cl90PY1V0
ルキア「一護は・・・あ」

織姫「しゅごいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」

織姫「黒崎くんのチン●ンが子宮に当たってるよおおおおおおおおお」

一護「ふんふんふんふんふん!!!!!」

織姫「あひいいいいい」

一護「ふんふんふんふんふん!!!!!」

コン「どうした姐さん」

ルキア「いや茶渡が・・・暴れてるんだが」

コン「やめといた方がいいぜ。一護見てくれよ」

一護「ふんふんふんふんふん!!!!!」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:48:32.05 ID:cl90PY1V0
石田「ええーっ!茶渡くんが尸魂界で暴れてるのかい!?」

ルキア「そうだ」

石田「何という事だ・・・これは・・・」

ルキア「どうした」

石田「いや別に」

ルキア「一護と井上はベッドで暴れておる。お前しか頼む物がいないのだ」

石田「そう・・・朽木さんにはオレンジジュースね」

TIT「かしこまり!」

石田「行こうか朽木さん尸魂界に」

石田「これ代金ね。お釣りいらないから」

TIT「あ、ありがとナス!」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:51:34.65 ID:cl90PY1V0
石田「凄いね・・・何だあれ」

ルキア「十字陵だそうだ。何でも祖父の墓だとか」

狛村「汚物は消毒だ!!!」

ルキア「罪もない民を働かせそして殺していく」

石田「阿散井とかは」

ルキア「それが逸れてしまってな」

拳西「ヒャッハー!!!」

ルキア「あのように茶渡側に寝返った者もおるのだ」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:52:55.70 ID:gUebaOJ40
ワンちゃん隊長がモヒカングラサンに


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:53:38.22 ID:HbLbvcAMO
聖帝チャウザー


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:56:19.94 ID:cl90PY1V0
チャド「・・・」モグモグ

チャド「今日の飯は口に合わん」

乱菊「ちょっとチャド!何ひっくり返してるのよ!!」

チャド「で?」

日番谷「俺たちが心を込めて・・・」

チャド「何か文句でもあるというのか日番谷冬獅郎よ」

日番谷「い、いや・・・それは・・・」

乱菊「大アリよ!!!」

日番谷「やーめーろよ茶渡怒らせんなよ。頼むから」

チャド「俺は女でも手加減はせぬぞ」

日番谷「ひ、ひい・・・」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:59:14.77 ID:cl90PY1V0
一護「なあ井上・・・」

織姫「どうしたの?」

一護「実は俺な・・・たつきと付き合ってるんだ悪いな」

織姫「そ、それって」

一護「あいつやらせてくれねえからさ・・・そうだろ」

織姫「私の身体目当てだったのね・・・そうなんだね」

一護「悪いな。俺は」

織姫「・・・聞きたくないよ」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:01:39.10 ID:CUPZABj0O
たつきいいよな


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:07:18.91 ID:TNejELru0
たつきが理想だよな


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:10:52.24 ID:0PPPn6cs0
恋次「何だよ一護いねえのかよ」

一角「冗談きついぜ・・・」

石田「更木剣八を倒して平子真子まで破ったんだね」

石田「茶渡くんのくせに生意気だ」

ルキア「恐らく茶渡の目的は尸魂界の掌握」

石田「な、なんだってー!?」

ルキア「更木隊長を倒した茶渡に・・・我々は勝ち目はない」

石田「さてと・・・帰りましょうか。無理だろこれは」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:14:55.13 ID:0PPPn6cs0
チャド「生き残りか。一匹たりとも逃がさぬぞ」

石田「待てよ。黒崎が来るまで待つんだ」

一角「うるせえ!待ってられるかよ!!!」

石田「ああ!待つんだ」

チャド「ふん。消え失せいッッ」

ルキア「気合だけで弾き飛ばした・・・だと・・・」

チャド「我が拳に構えはいらぬ。唯一それを見せるときは」

チャド「この茶渡泰虎と対等の力を持つ男のみだ」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:23:21.49 ID:0PPPn6cs0
石田「ふっ・・・面白い」

石田「君の拳が最強の矛ならこちらも盾を用意しよう」

チャド「この俺に砕けぬ物などないわ!!!」

石田「雛森さん君の出番だ!」

恋次「そ、そうかあいつなら」

一角「雛森なら茶渡の拳を防げるかもしれねえ!!」

石田「朽木さん黒崎に連絡を」

石田「さて茶渡くん。砕いてごらんよ彼女を」

チャド「おのれ・・・」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:26:17.83 ID:0PPPn6cs0
チャド「くっ!なぜだなぜ砕けぬ!!!」

雛森「それは私と貴方の心構えの違いです。わかりますよね」

チャド「死なぬのか・・・俺の拳を持ってしても」

一角「ざまあねえぜ!」

恋次「どうだ茶渡!恐れ入ったろうが!!」

チャド「なるほど・・・この俺に構えを取らせるのがまさか・・・」

チャド「女だとは思わなかった・・・ハアア・・・」

雛森「黒崎さんは」

石田「まだ連絡つかないらしいよ。もうちょっと耐えて」

雛森「は、はい」




元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351606110/

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/01 02:04 ] ブリーチSS | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。