それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルキア「む、胸が・・・」 一護「どうしたルキア」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:12:55.95 ID:umjp7rzD0
ルキア「ああああああああああああああああああああああ」

一護「お前・・・何だよそれ!!!!!」

ルキア「胸が大きくなるううううううううううううううう」

一護「すげえデカくなってやがる」

ルキア「止めてくれ!止めてくれ!!!!!」

一護「すげえ・・・」

ルキア「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

ルキア「千切れてしまう・・・千切れる!!!」

一護「すげえ」

ルキア「んああああああああああああああああああああああ」

ルキア「んおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

一護「やべえ。マジやべえ」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:13:37.30 ID:vgiNO7kpP
ルギア爆乳


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:13:49.30 ID:0KYmTrOj0
デカパイルキアとか誰得だよ



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:15:21.81 ID:umjp7rzD0
一護「乱菊さん並だな」

織姫「チッ」

ルキア「何をいやらしい目で見ておるのだ!!」

チャド「すまん・・・」

一護「どうよ感想は」

ルキア「お、重い・・・」

織姫「チッ」

ルキア「どうすればよいのだ私は・・・」

織姫「チッ」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:17:49.77 ID:BzbEMFrlO
あの体型で乱菊のデカさか


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:18:35.89 ID:bkv1mr9B0
石川って誰だよ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:21:02.81 ID:umjp7rzD0
一護「白哉に見せたらひっくり返るだろうな」

ルキア「兄様には見せられん」

織姫「チッ」

一護「いいんじゃねこのまんまで」

ルキア「・・・」

一護「どうした」

ルキア「乳首が・・・ムズムズする・・・」

一護「は?」

ルキア「乳首だ!乳首いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」

ルキア「いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」ブシュシュシュシュシュ

一護「母乳・・・だと・・・?」

ルキア「ひぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」ブシュシュシュシュシュ



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:23:21.15 ID:umjp7rzD0
一護「チャド!行って来い!」

チャド「俺にはどうする事も」

一護「吸え!吸って吸って吸いまくれ!!!」

ルキア「茶渡に吸われるぐらいなら死んだ方がマシだ!!」

一護「やれよ!でくの坊が!!!」

ルキア「やめろ茶渡!あっちに行け!!!」

一護「グズグズしてんじゃねえぞウドの大木が!!!」

ルキア「来るな!その薄気味悪い顔面を近づけるな!!!」

チャド「・・・」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:25:16.48 ID:U0QhOAp40
チャドになんの怨みがあるっていうんだ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:25:31.77 ID:zvU7bqlP0
チャドは悪くない

悪くない



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:27:02.14 ID:umjp7rzD0
一護「これでよし・・・」

ルキア「ハァ・・・ハァ・・・」

一護「最初から縛ればよかったんだ」

織姫「チッ」

ルキア「とにかくしばらくの間、匿ってくれ」

一護「白哉には言うのか」

ルキア「言わんでいい」

織姫「チッ」

チャド「お、俺は」

一護「お前はもう帰れよ。役立たず」

チャド「・・・」

一護「行こうぜ井上」

織姫「チッ」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:30:07.65 ID:umjp7rzD0
一護「ってわけでよ白哉に言っといてくれ」

恋次「ルキアの胸がか」

一護「やっと女らしくなったぜ」

恋次「隊長には言わなくてもいいんだな」

一護「適当に言っといてくれ。浮竹さんの方には俺が」

狛村「聞かせてもらったぞ。朽木の胸が大きくなったと?」

一護「おい恋次。このワン公は口軽いのか」

恋次「さあな。でも聞かれちまったしな」

一護「消すしかねえな!」

恋次「卍解!!」

狛村「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:33:03.11 ID:ZKg7zifEP
織姫が拒絶しそう…


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:33:11.51 ID:umjp7rzD0
恋次「ルキアの奴。行方不明になったんすよ」

白哉「・・・」

恋次「でもすぐに出てきそうな予感するんすよね」

恋次「俺の勘って劇的にヤバいっすから」

恋次「そうっしょ?」

白哉「恋次」

恋次「はい?心配せんでいいんすよ別に」

白哉「下がれ」

恋次「はいはい(相変わらず態度デカいなこのチクワ・・・)」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:36:55.97 ID:umjp7rzD0
一護「浮竹さんにも言っといたし帰るとするか」

一角「おい一護」

一護「くっ・・・眩しい・・・」

織姫「チッ」

一角「聞いたぜルキアちゃんの胸がデカくなったんだってな!」

一護「は?誰から聞いたんだよ」

一角「何か狛村隊長が死ぬ間際に書き残したらしいぜ」

一護「あの野郎!完全に息の根止めたと思ったのにッッ」

一角「とにかく野郎共は胸みたさに現世に押し掛けるらしいぜ」

一護「マジかよ」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:41:49.71 ID:umjp7rzD0
チャド「俺は何か悪い事をしたのだろうか」

石木「はいですぞ」

チャド「・・・」

石木「冗談ですぞ」

石木「茶渡くんは悪い事してないですぞ」

チャド「石木ィ・・・」

石木「しかし・・・」

チャド「しかし?」

石木「僕たちのチームで君は唯一のブサメンですぞ!!」

石木「君いれるぐらいなら浅野くんの方がマシですぞ!!」

チャド「・・・」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:45:36.69 ID:umjp7rzD0
一護「月牙★天衝!!!!!」

拳西「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

一角「な?」

一護「確かに。よっぽど溜まってんだなこいつら」

一角「真面目な奴ほど見境ねえから」

一護「乱菊さんに抜いてもらえばいいのに」

一角「松本ら女共は温泉旅行だぜ。いい御身分だろ」

一護「剣八も狙ってんのか」

一角「知らねえよ。あの人の事だからねえと思うけど」

一護「弓親は?」

一角「痔の手術」

一護「は?」

一角「痔」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:49:22.57 ID:umjp7rzD0
一護「来た来た」

恋次「くっ・・・眩しい・・・」

一角「・・・」

一護「野郎共はルキアの乳を舐ろうとしてるらしいぜ」

恋次「六車隊長もか!?」

一護「あいつはやっといた」

恋次「そうか・・・」

一護「犬と拳西は先に潰しとかねえとな」

一護「そうだろ井上」

織姫「うん。黒崎くんの邪魔になるならみんな死んだ方がいいんだよね」

織姫「朽木さんも死ねばいい・・・クケケケケ」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:52:36.56 ID:umjp7rzD0
石木「ゲェーッ!!」

一護「来るからよ現世に野郎共が」

石木「朽木さんのおっぱいを」

石木「なるほどですぞ。これは滅却師ミサイルを使うっきゃないか!」

一護「何だそれ」

石木「ミサイルですぞ」

恋次「だから何だよそれ」

石木「滅却師がいつから弓矢だけだと錯覚していた?」

一角「なん・・・だと・・・」

石木「真の滅却師はミサイルで虚を退治するのですぞ」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:56:11.07 ID:umjp7rzD0
一護「こいつは戦争だぜ。そうだろみんな!」

恋次「ああ。俺は一護側に回るぜ」

一角「こっちのが楽しそうだからな」

織姫「くっ・・・眩しい・・・」

チャド「・・・」

一護「お前は帰れよ」

織姫「今日は攻撃受けてもシカトするよ」

恋次「デカいうえに邪魔なんだよな。お前って」

一角「今日は俺が居るからてめえは必要ねえんだよ」

チャド「・・・」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:57:21.04 ID:0KYmTrOj0
チャドさん・・・


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:01:00.57 ID:UNyjDQih0
チャドの霊圧が消えてない…?


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:01:25.64 ID:umjp7rzD0
石木「持って来ましたですぞ!」

一護「これが滅却師ミサイルか」

一護「前に悪い眼鏡滅却師が石木はハンパねえって言ってたけど」

一護「これだったんだな・・・」

恋次「どうすんだよこれで」

石木「まずは狙いを定めて・・・あれにしようか」

一護「チャド!そこ動くなよ」

チャド「こうか?」

一角「で?どうすんだ」

石木「発射ッッ!!!!!!」

チャド「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

織姫「キャハハハハ」

一護「ヤベえ!マジでパネえよ石木」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:05:02.79 ID:umjp7rzD0
一護「来たな。石木!」

石木「発射ッッ!!!!!」

射場「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

檜佐木「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

吉良「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

大前田「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

日番谷「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

一角「蚊みたいに落っこちてくな」

恋次「うちの隊長や平子隊長らはいねえんだな」

一護「拳西以外の仮面の軍勢はまともな神経してっからよ」

織姫「冬獅郎くんって本当に弱いよね。プークスクス」

日番谷「くっ・・・」



36 : 忍法帖【Lv=10,xxxPPT】(1+0:15) 2012/09/11(火) 21:06:57.97 ID:cw4pZbk00
チャドの霊圧が消えた・・・!?


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:07:03.49 ID:6J+ouw5X0
俺「ぐわあああああああああああああああああ」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:10:01.27 ID:umjp7rzD0
一護「残りは」

一角「げっ・・・隊長だ」

恋次「総隊長も居やがるぜ!!」

山じい「童共!儂に乳を吸わせんか!!!」

剣八「一護ォ!殺し合おうぜ!!」

一護「石木!ミサイルは」

石木「もうありませんぞ!!」

一護「なん・・・だと・・・?」

石木「安心するですぞ。今から電話して持ってきてもらいますぞ」

石木「・・・父ちゃん?ミサイルが切れてさ持ってき・・・えっ手術中!?」

石木「わかったよ。うんうん・・・ウンコ・・・」

一護「どうだった」

石木「ダメでした!」

一護「・・・」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:15:13.25 ID:umjp7rzD0
剣八「ヒャッハアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

一角「隊長!俺がやってやるぜ!うおおおおおおおおおおおおおおおお」

一護「爺さん。アンタは」

山じい「卍解」

一護「へっ?」

石木「ええーっ!それが総隊長の卍解なのかい!?」

山じい「左様」

石木「黒焦げじゃないか!」

一護「奇しくも俺に近いな・・・もしかして俺の爺さんだったりしてな」

日番谷「クックック・・・総隊長の斬魄刀は炎熱系最強・・・勝ち目はねえ」

射場「氷雪系最強でも弱い奴はおるけんのう」

檜佐木「背も小さいし」

日番谷「くっ・・・」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:25:02.21 ID:BzbEMFrlO
氷雪系最強(笑)


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:29:49.02 ID:umjp7rzD0
石木「黒崎!炎の弱点を突くんだ!」

一護「弱点を・・・突く・・・そうか!!!」

恋次「あ?」

一護「恋次。爺を引き付けとけ!」

恋次「お、おう」

一護「わかったぜ!爺さんの弱点が!」

一護「外部から無理なら中からやりゃいいんだ!」

恋次「でも総隊長の炎はどうすんだよ!!!」

一護「いい方法があるんだぜ俺には」

恋次「方法・・・だと・・・?」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:39:50.15 ID:jOpAOOT70
バラガン閣下と山じいのジジイ対決みたかったのは俺だけじゃないはず


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:57:48.73 ID:umjp7rzD0
一護「こうやってホースを爺さんの肛門に突き刺して」

山じい「グホォ」

一護「石木ィ!回せ回せ!!!」

石木「OKですぞ!!!」

山じい「ひぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」

山じい「んほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

山じい「ぎょえええええええええええええええええええええええええええ」

恋次「やったぜ!これで総隊長も!!」

一護「まだだ・・・月・・・牙・・・天・・・衝・・・!」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 22:18:06.94 ID:umjp7rzD0
一護「終わったな」

恋次「ああ。終わった」

一護「後はルキアを貧乳にすれだけか」

恋次「このまんまでいいんじゃね。どうだルキア」

ルキア「考えてみたが悪くない気分だ」

織姫「チッ」

一護「そういえば一角は」

恋次「知らねえ」

一護「どこ行ったんだあのハゲは」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 22:29:51.54 ID:umjp7rzD0
一護「本当にいいんだな」

ルキア「ああ。良い」

恋次「早速隊長に見せてやろうぜ」

織姫「チッ」

一角「お、おーい・・・」

ルキア「くっ・・・眩しい・・・」

一護「しっかりしろよ」

恋次「大丈夫っすか」

一護「白哉驚くだろうな」

ルキア「どうだろうな」

一角「くっ・・・眩しい・・・」





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 22:37:40.56 ID:BzbEMFrlO




元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347361975/


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/14 01:52 ] ブリーチSS | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。