それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊織「さっ、行くわよ」 P「ひとりで行け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 22:56:25.19 ID:CgcfwucJ0
伊織「はぁ~!? 何それ私に言ってるの?」

P「そうだよハゲ」

伊織「あんた、そんな事言ってると首にするわよ」

P「クビだぁ? こんな仕事こっちから願い下げだ!」

伊織「な、なによ……ほ、本当にクビするわよ……」

P「だから勝手にしろって言ってんだろ。俺は家に帰る」

伊織「……私の仕事はどうするのよ」

P「一人で行けば? 俺は家帰ってやよいのプロモ見て寝る」

伊織「……」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:00:44.16 ID:CgcfwucJ0
伊織「か、勝手に帰ったら許さないんだから」

P「へー、あっそ、じゃ」

伊織「本当に許さないんだからね。 一生就職できなくなくする事だって出来るのよ」

P「別に」

伊織「えっ?」

P「そうなったらそうなったでやよいの家で居候するわ」

伊織「なに……言ってんのよ……」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:04:29.62 ID:CgcfwucJ0
P「何も言ってねえよハゲ」

伊織「ハゲじゃ……ないわよ……」

P「嘘つくなよ禿げてんじゃん。後退してるじゃん」

伊織「違うもん……」

P「まぁ別にお前がハゲてても、ハゲてなくても、もう俺には関係ないんだけどね」

伊織「関係あるでしょ……プロデューサーでしょ、私の……」

P「もう辞めたって言ってんだろーが」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:07:25.49 ID:CgcfwucJ0
P「ほんじゃ、さいなら」

伊織「待ちなさいよ」

P「……」スタスタ

伊織「……待ってよ」

P「……」スタスタ

伊織「……行かないでよ」



伊織「……一人になっちゃうじゃない」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:08:37.08 ID:MhlUXkPw0
Pがクズすぎて死ねばいい


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:13:12.28 ID:CgcfwucJ0
春香「み、皆! プ、プロデューサーさんが事務所辞めるって!」

真「えっ」

響「な、何言ってるんだぞ春香。プロデューサーは自分をトップアイドルにするまで自分と頑張るっていってたさー」

春香「けど、昨日事務所に辞表出したって……」

美希「分かったの! ハニーは美希と結婚する為に事務所を去ったの! 名推理!」

雪歩「なんで急に辞めちゃったんですかぁ」

貴音「こんなに急に辞めてしまうからには理由があるのでは?」

美希「分かったの! ハニーは────」

亜美「とりあえず兄ちゃんに直接き→てみようよ→!」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:18:36.09 ID:CgcfwucJ0
やよい「うっうー、電話してもつながらないですー」

春香「きっと何か理由があるはずだよ」

あずさ「昨日って言うと、確か伊織ちゃんと仕事ね」

真美「いおりんが兄ちゃんを怒らしたんじゃない?」

真「あるかも。伊織はいつもプロデューサーにつらく当たってたし」

響「自分、伊織がプロデューサーに殴られてるの見た事あるぞ」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:20:21.71 ID:S0aiHjGri
伊織がPを殴ってんじゃないの?


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:23:35.29 ID:CgcfwucJ0
>>14「伊織がPを殴ってんじゃないの?」

響「あぁ、うん、そうだったさ」

春香「私も伊織がプロデューサーさんをイスにしている所を見た事ある」

真「実は僕も伊織がプロデューサーに足を舐めさせてる所見た事あるんだ」

雪歩「私は伊織ちゃんがプロデューサーの食べ物に───」


――――――

――――

――

「そうか、伊織のせいだ」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:25:25.66 ID:Ek8hqq8O0
いいなぁ>>14がアイマスの世界に居る


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:29:50.72 ID:CgcfwucJ0
伊織「……おはよう」

アイドル達「……」

伊織「な、なによ?」

やよい「伊織ちゃん、プロデューサーが事務所辞めちゃったんだよ―」

伊織「そ、そう」

真「伊織、何か知ってるんじゃないの?」

伊織「別に」

美希「ペロッ、これは嘘をついてる味なの!」

春香「本当は昨日、何かあったんゃないの?」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:29:58.74 ID:qNhCzIVyP
ゆっくりゆっくり

生きていることを確かめさせながら

死が近づいていることを認識させるんだ

残酷なほどに 優しく

切り刻め



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:31:53.68 ID:sHGauCD00
>>24
^^;;



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:33:39.13 ID:SiZe8FWP0
>>24 ?
?(´・_・`) ?
?



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:35:49.55 ID:2wM7kulQ0
>>24
流石にちょっと……



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:46:26.77 ID:HIhPcphI0
>>24
コピペ化ケテーイ



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:36:09.10 ID:CgcfwucJ0
伊織「……」

あずさ「黙ってたら何も分からないのよ?」

雪歩「うぅ……何が有ったかしりたいですぅ」

伊織「知らない、知らない、知らない」

貴音「何かあったのなら話してはくれませんか、伊織?」

伊織「私は悪くないもん。全部あいつが悪いのよ!」



美希「響、ミキの事見えてる?」

響「うん、無視されるのってつらいさー」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:41:18.35 ID:mUWi096qO
一番激怒しそうな春香が大人しい


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:41:22.43 ID:CgcfwucJ0
雪歩「やっぱり伊織ちゃんのせいなんだ……」

真美「最悪だよいおりん……兄ちゃんを辞めさせるなんて……」

伊織「ち、違っ」

真「違くなんてないよ! プロデューサーは、プロデューサーは……」


やよい「プロデューサーがいなくなっちゃうの、私イヤですー」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:46:12.79 ID:CgcfwucJ0
春香「もういいよ、それよりどうしたらプロデューサーさんが戻ってきてくれるか考えようよ」

美希「はるかぁ」

貴音「そうですね、今ならまだ戻ってきてくれるかもしれません」

亜美「じゃあ、ど→する? 兄ちゃんの家に突撃しちゃう?」

真美「けど、皆兄ちゃんの家の場所しらないんじゃない?」

「「…………」」

雪歩「あの、私途中までならわかりますぅ」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:51:34.71 ID:CgcfwucJ0
真「さすが雪歩、とりあえずそこまで行ってみよう」

雪歩「えへへ」

亜美「ゆきぴょんのお手柄ですな→」

ゾロゾロ

伊織「……」

春香「プロデューサーさんが戻って来なかったら……伊織の事許さないから」ボソッ

伊織「!?」


春香「ゆっくりゆっくり

生きていることを確かめさせながら

死が近づいていることを認識させるよ。

残酷なほどに 優しく

切り刻む」

伊織「ヒッ」ガクガク



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:52:05.31 ID:sHGauCD00
利用してんじゃねえよwwwwwwwwwwwww


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:52:07.22 ID:ScNzzJDe0
おいwwwww


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:52:32.64 ID:VN9DZOnw0
ワロタ


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:54:08.65 ID:2wM7kulQ0
これはできる>>1www
ただ恥ずかしいコピペで済まなくてよかったな



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:55:06.66 ID:k1gL1+gF0
これは卑怯


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:55:36.43 ID:v9XXGwu60
まさか利用するとは想定外だった


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:58:07.36 ID:CgcfwucJ0
響「はるかー、早く来ないと置いてくぞ―」

春香「ごめんごめん響ちゃん」

伊織「……」ガクガク ブルブル




雪歩「ここの公園の近くまでは知ってるんだけど、後は分からないの。ゴメンネ」

貴音「雪歩のおかげで、プロデューサーに近づき来ましたよ」

雪歩「えへへ///」


響「なんで雪歩はプロデューサーの家を途中まで知ってるんだ?」

美希「それはきっと、聞かない方がいいと思うの……」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:03:01.13 ID:k64LWX2X0
あずさ「けど、ここからどうすればいいのかしら?」

美希「分かったの、この棒の先にハニーはいるの!」

パタン
美希「あっちなの」

→ 壁

「「……」」

響「自分分かってるぞ!美希は皆の気分を盛りあげようとしたんだ」

美希「……うん」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:06:12.33 ID:tHtJcuBe0
こんなに柔軟な対応が出来る>>1は久しぶりだな


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:07:22.79 ID:MGe49ryKP
そういえば>>14も利用してるんだもんな


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:07:47.36 ID:k64LWX2X0
貴音「手掛かりがないと、どうしようもありませんね」

「「……」」

亜美「う→ん……あれっ?「

真美「どったの亜美?」

やよい「千早さんですー」

真「あれ?千早の家ってこっちだっけ?」

響「確か、もっと遠くだったはずだぞ」

春香「ま さ か」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:08:47.36 ID:vheiIXke0
千早はPの自宅を知っている(意味深)


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:12:01.43 ID:HGkRPUGj0
いやだって
→壁

って・・・ねえ?



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:14:23.78 ID:k64LWX2X0
真美「あの千早お姉ちゃんが鼻歌歌ってる」

亜美「ご機嫌ですな→」

響「あれ、スーパーの袋だぞ、千早って確か料理は……」

雪歩「苦手って言ってたような」

やよい「?」

真「と、とりあえず後をつけてみようか?」

貴音「そうですね」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:15:44.64 ID:axfjapBr0
72してんだろな


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:17:18.39 ID:pd5FKiTj0
72って、そりゃ72だろ


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:19:05.60 ID:sPEJv+QY0
72やら修羅場の予感ですな


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:19:37.39 ID:k64LWX2X0
千早「ふーん♪ ふふーん♪ ふーん♪」


響「だ、誰だあれ!? 本当に千早なのか!?」

あずさ「確かに普段の千早ちゃんからは想像できない姿だわ」

伊織「後をついいていかなくていいの?」

亜美「そうだよ→」

真美「おいてかれちゃうよ→」

雪歩「後をつけるのは得意なんだよ真ちゃん」

真「はは」(なんで?)



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:19:48.62 ID:li4HoMqR0
72が起こってるんです?


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:19:56.39 ID:RWwuBIoJ0
72ィ!?


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:20:11.91 ID:s1VibE580
くっ


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:20:38.13 ID:MGe49ryKP
千早がつくったおいしそう72ものが食べたいです


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:20:50.81 ID:k3exlleK0
72かな


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:22:55.11 ID:MKHm3CtjO
千早が72をしたっていうんだ!いじめはやめろ!


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:23:12.60 ID:k64LWX2X0
コンコン
千早「もう起きてますか?」

コンコン
千早「……」

コンコン
千早「プロデューサーもう出掛けちゃったんですか?」



美希「ハニーの家の様なの……」

春香「なんで千早ちゃんが知ってるんだろ? なんでだろう?」

やよい「仲良しなんですねー」



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:23:29.94 ID:tHtJcuBe0
これから72がおこるんだ


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:25:52.32 ID:k64LWX2X0
コンコン
千早「……プロデューサーいるんでしょ?」

コンコン
千早「居留守は止めてくださいよ」

コンコン
千早「別に私は怒らないから出てきてください」

コンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン


貴音「なにやら様子がおかしいようですね」

あずさ「ちょっと怖いわね~」



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:28:22.96 ID:IrZlzdwIO
俺「彼なら昨日引っ越したよ」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:30:18.25 ID:bgivaoB00
> 春香「なんで千早ちゃんが知ってるんだろ? なんでだろう?」

すっごいこわいんだが



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:32:02.68 ID:FvF3jabUi
伊織がメインかと思ったら別にそんなことなかったぜ


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:32:43.40 ID:k64LWX2X0
コンコン
千早「もう、恥ずかしがってるんですか、プロデューサー?」

コンコン
千早「けど、これ買って来たんで良かったら食べてください♪」

ゴソゴソ
千早「どんどん入れますね」

ザラザラザラザラザラ


春香「な、何かをポストから部屋の中にいれてるようだけど……」

伊織「あれは……大豆?」





88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:33:33.91 ID:HGkRPUGj0
えっ?72こいつ怖い


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:35:15.14 ID:s1VibE580
千早は72を考えているんだ


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:36:19.33 ID:tHtJcuBe0
大豆……バストアップに効果的な食べ物だな


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:38:02.20 ID:k64LWX2X0
あずさ「聞いたことがあるわ、大豆の中には確か……」

美希「イソフラボンが入ってるの!」

貴音「いそふらぼん……」

真「確かイソフラボンって胸を大きくする作用が」

やよい「そうなんですかー」




真(良い事を聞いたぞ)



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:39:54.10 ID:bgivaoB00
果たして本当にPの家なのか…


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:40:21.70 ID:jlxOxvX50
 ゆっくりゆっくり
                                       / ̄ ̄ ̄ ̄\
 生きていることを確かめさせながら               /;;::       ::;ヽ
                                     |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
 死が近づいていることを認識させるよ。           __|;;::        ::;;|
                                  /_|;;::   c{ っ  ::;;|
 残酷なほどに 優しく                   /|   |;;::  __  ::;;;|
                                /ー、\ヽ;;::  ー  ::;;/
 切り刻む                         /  _| |∴\;;::  ::;;/ \
  ____________________|_\||ー|-ー'⌒|---------------、
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄||_|  | | \--------------′
                               \__\人从∧人  /   |
                                    \      \/    |
                                     \     /  _/|___
                                  / ̄ ̄     |__」  / ̄\ / ̄\
                                 <_O ̄     |   /_  / \ 々)
                         ,ーーーー川 ̄|        /∥ /  )     \/
                   ___/|  ___/       ∠/  /\  /      /
          ,ーーーー ̄ ̄_____/       |       /  |。/__/|      /
        /     |   /・∥\       __|_,ーーー| | ミ/     |   _/
      /\      |   \_/   _,ー ̄ ̄        |   /     / ̄ ̄ /
    /    \__,---------- ̄ ̄               |◎ |      |     |
  /   ===/                              /   \    \    |
 /  /__|                              /∩ \  \    | ⌒\\
   ̄ ̄ ̄                               ι/ \_|_「∪   /_____>



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:41:06.34 ID:xBFfB4DJ0
>>95
クソワロタ



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:41:08.20 ID:4oahxnlV0
>>95
おい



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:41:54.16 ID:xFuNVjBp0
>>95
AA誕生の瞬間である



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:42:07.16 ID:GOcXyOr50
>>95
ヒッ



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:42:52.24 ID:RWwuBIoJ0
>>95
ガクガク



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:42:54.67 ID:b5NFreuH0
>>95
ヒッ



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:42:40.36 ID:56Uo3zjl0
>>95
使いにくいようで意外と汎用性の高いコピペ



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:44:53.62 ID:k64LWX2X0
やよい「! プロデューサーから電話ですー」

「「!!」」

やよい「もしもし、プロデューサーですかー?」

やよい「はい、……あの、プロデューサーはお仕事辞めちゃうんですか?」

やよい「うぅ……」

春香「ちょっといいかなやよい?」

やよい「春香さん、はい」

春香「プロデューサーさんですか?」



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:49:16.16 ID:k64LWX2X0
春香「はい、はい、できれば皆で話を聞きたいんですけど」

春香「……」

春香「いいんですか! じゃあ今から皆でお家にいきますね」

春香「場所ですか、それなら……えっ」

春香「あぁ、わかりました、じゃあ今から向かいます」

春香「プロデューサーさんの家に来ても良いって」

「「えっ」」

伊織「……」



千早「ふふふ」
ザラザラザラザラザラ



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:50:41.99 ID:FvF3jabUi
あれ?じゃあ千早は今どこにいるんだ?


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:52:46.18 ID:s1VibE580
     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \           ゆっくりゆっくり
/: : : : : :               \         生きていることを確かめさせながら
: : : : : : : :.._        _      \        死が近づいていることを認識させるよ。
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l       残酷なほどに 優しく
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |       切り刻む 
: : : : : : ´"''",       "''"´       l       
: : : : : : . . (    j    )/       /  
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /         
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\     
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \      
: : : : . : : . : : .                   \
 (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ   
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:03:32.32 ID:IZZlHnxv0
>>109
やると思った



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:55:40.47 ID:xBFfB4DJ0
           __
         ./ ・  ヽ ゆっくりゆっくり
        /   .ノ・|
       /   ` / 生きていることを確かめさせながら
    __//    /|
    . ̄ 7    ./! L_  死が近づいていることを認識させるんだ
     ./    /  ̄ 
    / />__/       残酷なほどに 優しく          切り刻め
    ̄ ̄  ̄



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:56:33.09 ID:k64LWX2X0
春香「じゃあ皆でプロデューサーさんの家向かおっか」

真「場所って」

雪歩「あそこじゃ……」

春香「引っ越したらしいよ、この前」

亜美「じゃあ、あそこは」

真美「誰の……」



千早「ふふふ」
ザラザラザラザラザラ


     青い♪      | ひぃぃぃ!    .|  ザラザラ!
      鳥♪  |  <('A`;)>   ....|    ザラザラ  /
             / ̄ ( ヘヘ  ̄ ̄\
            /     >>81     \



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:57:57.98 ID:li4HoMqR0
>>81は犠牲となったのだ…


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:58:21.37 ID:56Uo3zjl0
さっきからちょいちょい外野を巻き込むなwwwwww


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:01:39.75 ID:k64LWX2X0
コンコン

ガチャ
P「おう、悪かったな、来てもらっちゃって」

春香「皆、心配したんですよ……」

真「そうですよプロデューサー」

雪歩「ひっく……戻ってきてほしいですぅ」

やよい「そうですー一緒にお仕事したいですぅ」

亜美「取りあえず→」

真美「兄ちゃんの家に入ろうよ→」

P「だな」



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:07:19.42 ID:hErqSq5/0
    ,,,..-‐‐‐-..,,,
   /::::::::::::::::::::::::ヽ        _,..-‐‐-..,,,
  l::;;-‐‐-:;;::::::::::::ヽ//-‐,,__ /:::::::::::::::::::::ヽ
  l:l     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ゆっくりゆっくり
  ヽ   /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-'^~~^'‐;;:l
   ~ヽ/      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽミ   .ll 生きていることを確かめさせながら
    / /て^ヽ   ::::::::::::::::;;;;;;;:::::ヽ  ,.ノ
    /  |o ゝ,_ノ|     ::/^'ヽヽ::::::l'^~  死が近づいていることを認識させるよ。
  ‐/-,, ヽ( )_,,ノ      |ゝ.,_ノ o.|:::::l
   l  ~^''     `‐'   ヽ..,,_( )ノ  :l   残酷なほどに 優しく
  '''l^^~~~   (         -‐‐‐--l-
   ヽ、 ,,,,   `'''''^''''~    ~^'‐..,,_/      切 り 刻 む 
    / (:::::}         ,,,,   イ~''
    l:  ~~         {:::::)  ::l
   l:              ~~   l
   l、                 l>
   /^‐-,,____,,,,,,,,..................,,,,,,,__,,,.--ヽ
   ~‐‐'~             ^'‐‐~



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:10:03.43 ID:k64LWX2X0
貴音「台所は……」

あずさ「あらあら、目的が変わっちゃってるわよ貴音ちゃん」

美希「ここがミキの新しいお家なのー」

響「これだけ大きければ、イヌ美達も快適に暮らせそうだぞ」


P「伊織も来たのか……」

伊織「ん……」

P「まぁ、入れよ」

伊織「……うん」



129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:10:52.22 ID:KprX/ihY0
              __
              ////. -―: : :―: . . 、__---. 、
           _,.ィ//: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、、: : : .
        ////{,../: : : : : : : : : :::::... : : : : : : : : : \、: : : .
          {////: :l/--..、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : .
          ∨/: : : :_{:::::/  ̄`ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : :∨: : : .
           }/: :_,-´          `ヽ、: : : : : : : : : : : : : ∨: : ::
         /: :イ             \: : : :!: : : : : : : :.|!: : :.|   ゆっくりゆっくり
          {: :/ , --       , -―- ヽ: :l: : : : : : : : |!: : :.!
        ハ: :! ´                Ⅵ: : : : : : : : !: : :     生きていることを確かめさせながら
          ;: Ⅵ                     ;: : : : : : : : :.}: : :
       ,: : ハ                 ,: : : : : : : : :;: : : :.!   死が近づいていることを認識させるよ。
         l: :.{ l,イ≡ミ      ,ィ≡≡ミ、  ,: : : : : : : : /: : : :.!
        ,: : :.Ⅵ    ,           /: : : : : : : :/: : : : :i     残酷なほどに 優しく
      ,: : : : :{                /: : : : : : : :/: : : : : ;
        ,: : : : 人     、  __        ,: : : : : : : :./: : : : : :            切 り 刻 む 
      ,: : : : : : :`ヽ、            ,ィ/: : : : : : : /: : : : : : : !
      /: : : : : : : : : : > 、 , - 、_  <{:/: : : : : : :./: : : : : : : : !
.    /: : : : : : : : : : : : : : _/_、  \  /: : : : : : :./: : : : : : : : : :.
    /: : : : : : : : :, .-―/ {_    〉イ: : : : : : :./: : : : : : : : : : : :.
    ,: : : : : : : : //{  l イ-、_ `  / /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :.
.  /: : : : : : : :////l  |ト、.     / /: : : :/: : /`ヽ: : : : : : : : : : : : :.
  /: : : : : : : : :{////!  l マ    ハ/: : : :/: : ////∧: : : : : : : : : : : :l
. ,: : : : : : : : : : /ヽ//  l/ハ     ',: : :./: : /////イ: : : : : : : : : : : :.!



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:10:56.56 ID:dPyDLxSD0

         ./^l、.,r''^゙.i′
         l゙:r i:i′ .|            ゆ っ く  り   ゆ っ く り
      :i^¨''iノー-i (_.vv,、
      i.、/:::::::::::::::::゙彳_ >
     _,ノ i::::::::::::::::::::.('`,.ヽ         生 き て い る こ と を 確 か め さ せ な が ら
     ( 、:|:::::.i;i;i:::::::::::i:.'^゙'<       
     '' ::.!:::::.ii;i.|::::::::::.i‐ ,フ''
    .< :::i::::::.ii;i;|:::::::::.,「=(          死 が 近 づ い て い る こ と を 認 識 さ せ る よ 。
     `ー::|,.:::::i;i;::::::::::/.\^':、
      ./゙,r|:::::::::::::::::,i゙.'!'=;^′
     .) ,/ソ,:::::::::::,l'_ .).:r          残 酷 な ほ ど に   優 し く   切 り 刻 む
      ゙'レ'´i''!゙ー/'(゙゙ | .|
         | ._,i'!(冫.;i .| 
            .. |. |           そ う  た ん ぽ ぽ の よ う に
              .! .i   ._,,,‐''^^'''''>
    、....,,,,..,,_      ! .;! .,/'゙`,_   .,ノ
    \  .⌒\  │ .|!.,,iミ/ ._,,,./′
      i  '^'''‐、..゙'hノ| .|厂 . ̄′
     .ヽ_    ゙メリ| .|
         ̄ ̄   |. |    ._,,,‐''^^'''''>



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:12:49.96 ID:k64LWX2X0
P「じゃあ、まずは何から話そうか……」

あずさ「あっ、私お茶を入れてきます~」

P「あっ、すいません」

雪歩「わ、私も手伝いますぅ」

貴音「私も」




やよい「プロデューサーお仕事辞めちゃうんですか?」

P「やっぱり、その話か……」



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:12:57.71 ID:03zvrVh60
使いにくいコピペって言って悪かった
この汎用性をみたらなんかうらやましくなってきた



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:17:35.29 ID:k64LWX2X0
真「辞めないで下さいプロデューサー!」

P「うん、えっと、えぇーっと……」




亜美「あっち怪しくない真美隊員?」

真美「探る必要がありますな→」


美希「お部屋いっぱいなの。ミキはこの部屋がいいな~」

響「ならこっちの部屋はブタ太に部屋さ―」



136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:19:58.05 ID:FvF3jabUi
プロデューサーの家ってそんなに広いのか
これならアイドル全員嫁に貰っても平気だな



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:25:05.43 ID:QF9NsQFY0
しかし千早は近隣の住人から通報されるだろw


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:27:48.14 ID:jlxOxvX50
このSSならこれ
                           ,r―、     ,r―,、
                     , 、   r-l   l_____j   i
                     /  ヽ-l' / /::::::::::::::ヽ、   jヽ_ ゆっくりゆっくり
                    ヽ_,イ  i./ '´:::::::::::::::::::::::::::: ̄::`i ヽ `ー、
                   / ./ ヽ__j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   l__ノ 生きていることを確かめさせながら
                  // /::::::三三=- _ _ _-= 三ニ= ヽ_ノ`ヽ`ト、
                 // ./:::::::::::::::::::::: ̄ =:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ',.’、 死が近づいていることを認識させるんだ
            /|      / /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   ,  ,
         /! |      /./ /!:::::::::::::::::/!:::l::::::i::::::i ||::::::::| l:::::i:::::::::::::::::::::::::i  ',  ', 残酷なほどに 優しく
          ! ! |      V  i i:::::::::::::::_/_j:::i:::::j|:::::::|||:::i::::l l::::::',、:::::::::::::::::::::i   i  ',
    -──|┼|─‐-    |  i l:::::::::::::l ´ ̄ ̄`  ̄ !L!L_!L_!ヽ、::::::::::::::::l.   i   ', 切り刻め
 /  -─┼|┼‐-、   .\l !:::::::::::| ,__           ` `i::::::::::::::::l   i__ノ
./ .// ̄ ! ! |          l:::::::::::| !、!__ア      -r- r-、 !::::::::::::::::|   j
  / .      ! ! |         |:::::::::::l            ー ┴ ' .i::::::::::::::::::!_,/
    r‐-、 |┴          l::::::::::: i      ,i         /:::::::::::::::/
    ト-イ/^Y´\        |::::::::::::ヽ             /:::::::::::::::/
    |-‐!/o/´\o\     r'::::::::::::::::::::' 、  ー― '     /:::::::::::::::/
    入 /o/   \o\.    l::::::::::::::::::::::::::::\       /::::::::::::::::::/
   _( /\/\    入o\  ヽ、::::::::::::::::::::::::_コヽ _,, -‐ ´!::::::::::::::::::::/
 (  \__)/`ァ─‐' /\/   _i::::::::::::::i´ ̄ _l i     l、::::::::::::::::ヽ、
  (`ー-r'ヽ /   r‐'.       `ーー┴'"´        \,r―,、::::,二ニ-
  `r‐‐'     _/.                            ヽ、j:::::::ト、
  /\    /



140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:28:19.59 ID:k64LWX2X0
P「実は……」

伊織「ごめんなさい」

春香「ふむ」

伊織「わ、私がいけなかったの……」

伊織「ごめんなさい、プロデューサー」ポロポロ

P「伊織……」

真「伊織……」

やよい「伊織ちゃん」

春香「ほう」

P(言えない、新居に早く行きたいからテキトーに伊織に切れて帰ったなんて言えない……)



141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:28:56.86 ID:QLQT/1Hh0
おいPwwww


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:29:33.92 ID:etxH3eBz0
仕事やめたのは…?


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:34:24.38 ID:QfcFr6LK0
このPも所詮中身は俺らだったか


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:36:01.06 ID:k64LWX2X0
P「い、いいんだよ伊織!」

伊織「プロデューサー……」

P「俺は伊織がこんな良い娘に育ってくれて感動した」

春香「そ、それじゃあ事務所に戻ってきてくれるんですか?」

やよい「うっうー」

P「俺も事務所に戻りたい。けど、辞表を出した手前、社長が許してくれるか……」


P(昨日は伊織を泣かして社長に首を宣告されたからな……)

P(うまくいけば事務所に)



149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:39:10.12 ID:S0Z9M6qsO
P普通に大ピンチじゃねえか


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:39:48.25 ID:k64LWX2X0
真「なら、僕達が皆で社長にお願いします」

P「真は良い娘だな~」ナデナデ

真「んっ、プロデューサー///」

やよい「うぅうー私もお願いしてみますー」

P「やよいも良い子だ」ダキッ

やよい「ふぁ///」

P(ひょひょひょ、このまま全員を陥落させていけば……)



151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:41:06.69 ID:6YQgspTL0
なんだただのだめP かよ


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:41:25.88 ID:SO2t+6DK0
         ,,-‐----‐、 , -'"` ̄ ̄"`''-,__, --‐‐-..,
        /  、゙ヽ、 ‐-'´          ヽ‐- / /   ヽ
      ,/´ .., ヽ,,l_)'    zェェェァ'  ;rfァt ヽ ,ト/ /    ヽ ゆっくりゆっくり
     /    ヽ,r' ,l′    _,,,   . __,,  ,l゙.-〈__r,'、   ヽ_
    _.l    ヽ」   ,l    .イてソ` l イにj`,/    ゙‐ヽ、_,,  /l 生きていることを確かめさせながら
    ,l l|  -'´ll   ,l      rソi"  ヽ じ'' f゙l    .,//゙l   //\
    l`l|     l|ヽ  v'⌒ヽ        .,ノ  j/    |l    //   } 死が近づいていることを認識させるんだ
   l  \    l| ,l  l_U>     r‐--‐ァ  ,l    |,l   //    l
   /   '\   l|`l   ゝ_,´    ゙ヽ__r′ .,.'   ___l ヽ //     | 残酷なほどに 優しく
  ,l     '\ l| .lヽ__lL..,,,  __ ,, _イ___./ |  ∨/      ,}
  |       ヽl |    ,| .ヽ \   //ヽ     ,|          ,l 切り刻め
  |          l    ,l   ヽ \//  l \           /
  ヽ          |   \.   ヽ /   l   ヽ         /j
    \        /     ヽ   /   |   l          /
     ゙l\..     /       ヽ /    j   |     ,    /
     ヾ              Y     /    ヽ   /    ,l
      ヽ、            l     l     } /    ,r′
        ヽ            l     |     /′  ,,...''
        `'':..、  ___ ___,..-.|,     ,l ,  :..-‐'"´
            ̄ /lr‐‐‐'--、_ l_,..-'''""'- "



153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:41:51.77 ID:CdzXpkrk0
>>152
ヒッ!



154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:43:48.99 ID:etxH3eBz0
AAが着々と量産されてゆく


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:46:35.85 ID:k64LWX2X0
あずさ「あら///」

貴音「らぁめん!」

雪歩「ヒャッ///」

亜美真美「しょうがないっしょ→」

美希「もー未来の旦那さんの為ならしょうがないのー」


春香「……」

伊織「……」



157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:48:23.06 ID:SO2t+6DK0
     ____
   /__.))ノヽ     ゆっくりゆっくり
   .|ミ.l _  ._ i.)   生きていることを確かめさせながら
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ   死が近づいていることを認識させるんだ
  .しi   r、_) |   残酷なほどに 優しく
    |  `ニニ' /   切り刻んで わしが育てた
   ノ `ー―i



160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:49:39.39 ID:JiTWJC6J0
今更ながら言うけど、その言葉BLEACHのやつだからな


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:53:44.74 ID:JiTWJC6J0
たしかザエルアポロのやつだった気がする


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:52:56.06 ID:k64LWX2X0
P「伊織!」

伊織「な、何!?」

P「本当は俺は伊織が一番好きだよ」

P「この前はちょっと感情的になったけど」

P「俺はこれからも伊織と一緒に働きたい!」

伊織「も、もう///……分かったわよ///」

P「ありがとう伊織」ギュっ


P(スーハスーハ―、いおりん良い香りやでホンマに)クンカクンカ



164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:59:26.84 ID:k64LWX2X0
P「さて後は――――」


P「春香」

春香「はい……」

P「俺は春香の事がこの世で─―――」

春香「私の事が一番好きなんですよね?結婚したい位好きですか?」

P「えっ、ああ、うん……そのくらい好きだ」

春香「分かりました、私も社長に言います」

P「そうか、ありがとう」

春香「はい、けど、さっきの言葉が嘘だったら……

ゆっくりゆっくり

生きていることを確かめさせながら

死が近づいていることを認識させて

残酷なほどに 優しく

切り刻みますから」




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:00:01.35 ID:GOcXyOr50



169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:01:00.38 ID:xBFfB4DJ0
万能過ぎだろ


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:01:05.73 ID:RWwuBIoJ0
こえーよ
しかし24が全部持っていったな



172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:01:40.95 ID:SO2t+6DK0
>>24に完全に支配されたスレだったな


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:02:24.94 ID:FvF3jabUi
72は…72はどうした!?


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:02:56.14 ID:6kUTQ6BkO
最後上手くしめたなwww




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:03:44.20 ID:QSQFZDII0
俺のポストに大豆詰めてるよ(震え声)


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:05:49.04 ID:k64LWX2X0
なお響はトイレに閉じ込められた模様

響「ドアノブがとてちゃったぞー」

響「新しい家だって言ってたじゃないですか―」

響「イヤダ―」




そして千早は豆を詰めた。




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:08:36.24 ID:QSQFZDII0
乙、楽しいスレだった


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:08:44.42 ID:RTs62Cs/0
GNH君は犠牲になったのだ


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:15:37.53 ID:AmYgnFR70
 認識させ      ヽ 丶  \
      て    \ ヽ  ヽ     ヽ   (´・ω・`)
/  /    ヽ    \ ヽ   ヽ
 /   |  ヽ \     \  ヽ  ゝ           (切り刻む)   (´・ω・`)
ノ 丿       \  残  \   ヾ  (´・ω・`) 
 ノ  |   |  丶  \ 酷  \           (切り刻む)
   /          \ なほ \/|                (切り刻む)
 ノ   |   |      \  ど    |         ↑
     /\        \  に   |         (  ↑
   /   \       /      |          )  (
  / 死が近 \      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         (   )
/_        \                    ) (       ゆっくりゆ
 ̄  | こ   づ| ̄         ノ⌒ ̄⌒γ⌒ ̄⌒ゝ            /っ/
   | と   い|         ノ   優 し く    ゝ          /く」/
   | を   て|        丿              ゞ      _/り∠
   |     い|       丿/|/|/|/|\|\|\|\|\ゝ     .\  /
   |      る|               │                V
――|        |――――――――――┼―――――――――――――――――
   /      ヽ   巛巛巛巛巛巛巛巛確かめさせながら巛巛巛巛巛巛巛巛生きていることを



185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:16:52.92 ID:QSQFZDII0
>>184
やめろwwwwwwwwww



187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:27:24.75 ID:IZZlHnxv0
>>24
実は師匠か…




元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345816585/

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/09 02:18 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。