それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルキア「あ、あつい・・・」 一護「どうしたルキア?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:13:30.94 ID:l8nzLJ8I0
ルキア「暑いのだ!私は脱ぐぞ!!」

一護「おい!やめろよ!」

ルキア「暑い暑い暑い・・・」

ルキア「体が火照ってしかたがない・・・」

一護「早く服着ろよ」

ルキア「と言いつつも私の裸を見て興奮しておるのだろう」

一護「しねえよ」

ルキア「遠慮するな。さあ見るのだ!」

ルキア「どうだ一護!!!」

一護「お前!頭おかしいんじゃねえの」

ルキア「私は正常だ!!!!!」

一護「落ち着けよ。お前の裸みても誰も興奮しねえよ。な?」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:14:02.75 ID:7PRkqf660
チャドはまだかよ


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:14:20.84 ID:G5ze6/oH0
石山はまだか


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:14:25.75 ID:xUDTMfUe0
石木はそんなこと言わない



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:16:39.62 ID:l8nzLJ8I0
浦原「・・・」

一護「何かわかったか浦原さん?」

浦原「これは暑さによる精神異常ッスね」

一護「?」

浦原「ほら空座町じゃ最近日照り続きじゃないッスか」

一護「それと何か関係あるのかよ」

浦原「朽木さんは氷雪系の持ち主。色々とあってこれッスよ」

一護「ふ、ふーん・・・」

ルキア「一護ォ!!!」

一護「やめろォ!離せ!!」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:18:48.45 ID:l8nzLJ8I0
織姫「へえ朽木さんが」

一護「俺の家クーラぶっ壊れてるだろ」

織姫「そういえば暑いよね今日も」

一護「40度らしいじゃねえか。普通死ぬぜ」

織姫「茶渡くんのアパートもこの影響で崩れちゃったよね」

一護「そういやチャドは?」

織姫「公園でテント張ってるよ」

一護「まあチャドだし」

織姫「うん。茶渡くんだし」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:20:52.42 ID:gjQIVK2z0
またそうやってチャドを・・・


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:22:02.57 ID:l8nzLJ8I0
石木「なるほど朽木さんが」

一護「ああ」

石木「大変デース。それはとっても大変デース」

石木「黒崎ボーイ。僕も手を貸しマース」

織姫「さすがは石木くん」

石木「ユーたち困ってる。ミーもとってもとっても暑いデース」

一護「助かるぜ」

石木「うるさい!暑苦しんだ死ね!!!」

一護「・・・」

石木「おっと冷静さをかいてしまいました。アイムソーリー」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:24:22.48 ID:LSzBLnlM0
は?石木って誰だ?
最近の新キャラか?



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:24:33.97 ID:3CtZLEBl0
久しぶりだな石橋


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:24:35.83 ID:zRiYDHdE0
石田来た


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:24:48.10 ID:l8nzLJ8I0
一護「って事でよ。冬獅郎に」

恋次「日番谷隊長なら実家帰ってるぜ」

一護「なん・・・だと・・・?」

一角「それに今日はみんな出はらってるぜ」

石木「説明しなサーイ」

一角「鳥死神コンテストだよ」

恋次「年に一度自作の飛行機作ってな。みんな出るんだよ」

一角「松本も弓親も出てるんだぜ」

一護「へえー」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:28:35.94 ID:l8nzLJ8I0
一護「仕方ねえ。冬獅郎の家に行くか」

織姫「どっちなの?」

一角「あっち」

恋次「こっちっすよ一角さん」

一護「どっちだよ!はっきりしろよ!!」

石木「僕はこっちだと思いマース」

一護「お前には聞いてねえよ。引っ込んでろ」

石木「黙りなサーイ」

雀部「あーん?困ってるみてえだな」

恋次「さ、雀部副隊長!」

雀部「俺様に任せろよ。なあ狛村」

狛村「ウス」

恋次「さすがは雀部副隊長だ」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:29:38.81 ID:9MQY5MBqi
チャドのアパートが消えた


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:32:12.39 ID:l8nzLJ8I0
チャド「テブラデイク。ソレダメ」

一護「お前居たのか・・・」

チャド「・・・」

一角「甘納豆が好物らしいぜ」

恋次「一護。あるか納豆」

一護「ねえよ」

石木「僕が持ってマース」

一護「この際普通の納豆でもいいか」

雀部「いいぜ。俺様が許可する」

織姫「納豆も甘納豆も変わらないよね」

恋次「同じ豆だからな」

一角「そうそう」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:35:04.47 ID:l8nzLJ8I0
雀部「付いたぜ」

一護「どれが冬獅郎の家だ」

恋次「あの一際デカいの」

一角「噂に聞いてたが・・・派手すぎだぜ」

一護「冬獅郎ー!俺だ来てやったぞ」

恋次「納豆っすよ!!」

一角「出てきてくださいよ!日番谷隊長!」

石木「君は完全に包囲されてマース。出てくるデース」

織姫「オナってるんじゃない?」

一護「仕方ねえ。突っ込むか」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:38:24.82 ID:l8nzLJ8I0
狛村「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

チャド「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

一護「何すんだてめえは!!おお!?」

日番谷「うるせえ!黙れ!!!」

雛森「おばあちゃんが・・・おばあちゃんが・・・」

婆「ヒューヒュー」

恋次「どうしたんだ婆ちゃん?」

雛森「死にそうなの」

一護「ルキアがピンチなんだよ。婆ちゃんなんて後でいいだろ」

日番谷「うるせえ。後で行ってやるから勘弁してくれ!」

一護「どうする」

石木「んふふ。僕に考えがありマース」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:41:29.74 ID:OaRWSH/e0
最近は石木だけじゃなくなってきたなキャラ崩壊


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:42:26.47 ID:l8nzLJ8I0
石木「僕も黒崎も医者の息子デース」

一護「そうか!見よう見まねで」

石木「yes」

日番谷「おい!やめろ!」

恋次「大人しくしてくださいよ」

一角「すぐに終わるっすから」

雛森「お代は」

雀部「俺様が立て替えといてやるぜ」

石木「さすがは雀部の旦那。貴方には教えられる」

一護「始めるぜ石木」

石木「石木じゃない。ドクターIと呼びたまエ」

一護「お、おう」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:45:46.56 ID:l8nzLJ8I0
石木「まずはゼーレシュナイダーで・・・」

日番谷「バカじゃねえの!!」

石木「僕は手芸部デース。ヤバくなったら」

織姫「私がいるよ」

日番谷「ちょ、てめえら離せ!更木と朽木にチクるぞ」

恋次「いいっすよ」

一角「覚悟はできてるっすから」

石木「なるほど・・・」

一護「どうした石木」

石木「まったく理解できまセーン」

一護「だよな」

石木「お手上げデース」

日番谷「バカ野郎!せめて縫えよ!」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:50:00.35 ID:l8nzLJ8I0
一護「頑張ったんだ。夏が終わるまでいいだろ」

日番谷「行くわけねえだろ」

一護「仕方ねえな。恋次、一角」

恋次「日番谷隊長。これ見てくださいよ」

雛森「キャーッ。助けてー」

一角「大人しくしねえと・・・わかるっすよね」

日番谷「卑怯だ!てめえら卑怯者だ!」

雀部「あーん?寝言こいてんじゃねえぞ」

石木「観念するデース」

一護「一緒に来ねえとこの女の穴という穴を犯すぜ」

日番谷「くっ・・・」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:52:51.26 ID:7vT88TPK0
相変わらずのクオリティ


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:56:25.57 ID:l8nzLJ8I0
一護「街全体を凍らせろよ」

日番谷「くそ・・・」

一護「これで一安心だな。なあ」

石木「安心デース」

織姫「うん」

チャド「アア」

一護「居たのかお前」

チャド「・・・」

日番谷「みろよ!これが氷輪丸の力だぜ!」

日番谷「天は俺の物」

雀部「あーん?聞き捨てならねえな。俺の厳霊丸はな」

日番谷「てめえ!天才なめてんのか!こら!!」

雀部「いいぜ。こっち来いよ。俺様の実力を見せてやるぜ」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 22:59:52.33 ID:l8nzLJ8I0
日番谷「いい加減にしろ!」

チャド「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

雀部「それは俺様のセリフだぜ!なあ狛村」

狛村「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

日番谷「そぉら!凍れ!」

チャド「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

雀部「見えてるんだよ。お前の攻撃は!俺様の手に取るようにな!」

狛村「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

一護「やべえな」

石木「あっちこっちで落雷と吹雪が」

一角「俺知らねえからな」

恋次「俺も知らねえ」

一護「ああ。知らねえ」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:02:35.50 ID:7vT88TPK0
いつものチャドと狛村


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:04:17.50 ID:l8nzLJ8I0
雛森「ねえ。これどうするの」

日番谷「いや・・・だってあいつが」

雛森「そうやって・・・いつも言い訳するよね」

雛森「わかるよね。ただ涼しくすればいいのにメチャクチャにして」

日番谷「・・・」

雛森「聞いてるの?ちゃんと聞いてよ・・・わかるよね私が言いたいことは」

日番谷「雀部だって」

雛森「今はシロちゃんの話してるんだけどなぁ・・・理解してる?」

日番谷「・・・」

恋次「大変なことになってるぜ」

一護「ぺギラが通過した後みたいだ」

石木「町の復旧に時間がかかるネ」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:04:20.18 ID:x2HP3eya0
謎の安定感と恐怖感


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:05:09.07 ID:zRiYDHdE0
雛森は相変わらずウザイな


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:08:18.64 ID:l8nzLJ8I0
一護「次はあっちの家とこっちだからな」

チャド「ナゼオレスル!オレカンケイナイ!」

狛村「ウッス」

一護「力自慢なんだろ。これぐらいしか役に立たねえだろお前」

チャド「・・・」

日番谷「俺は帰るぜ!」

雛森「また逃げるんだ。そうやっていつもいつも」

雛森「情けないね・・・所詮は顔だけだもんねシロちゃんって」

一護「だっせえあだ名で呼ばれてるぞほら働けよ!」

恋次「そうっすよ」

一角「これ運んでくださいよ」

日番谷「殺してやる・・・殺してやる・・・殺してやる・・・」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:11:53.40 ID:l8nzLJ8I0
雛森「ダサい?」

一護「いや・・・ダサいっていうか・・・芋臭いっていうか」

雛森「私が付けたあだ名にケチつける気ですか?」

一護「何とかしてくれよ恋次」

恋次「・・・石木のとこ行ってこよ」

一護「一角」

一角「俺も行ってくるか」

雛森「訂正してください。立派なあだ名だって」

一護「はい。立派なあだ名です」

雛森「私・・・貴方に見捨てられて刺されたこと絶対に忘れませんから」

一護「はい・・・」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:13:55.05 ID:7vT88TPK0
うぜえwwwwwwwww


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:14:51.52 ID:EJgO0O3Z0
石木の喋り方なんか似てるなって思ったらペガサスに似てんのか


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:18:47.41 ID:l8nzLJ8I0
一護「町直すまで逃げんなよ」

雀部「わかってるぜ。なあ狛村」

狛村「うっす」

一護「雀部さんと犬は石木の家に行ってくれ。狭いから家じゃ」

一護「井上はルキア泊めてやってくれ。家じゃまずい」

一護「冬獅郎と雛森・・・さんはチャド」

雛森「いやあああああああああああああああああああああああああ」

日番谷「何で俺たちがあんなのと何だよ!!」

雛森「私たちが嫌いなんですね黒崎さん!!」

日番谷「こんな奴と一緒なんて拷問だぜ!」

一護「うるせえな・・・」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:23:36.70 ID:l8nzLJ8I0
一護「なら俺の家でいいだろ」

雛森「レイプする気だよ黒崎さん」

日番谷「ああ。阿散井と斑目もくせえ」

一護「うるせえ!ぶっ殺すぞ冬獅郎!」

恋次「日番谷隊長!勝てるんすか俺たちに」

一角「実力ねえくせに隊長になりやがって!」

雛森「またシロちゃんをいじめるんですね」

雛森「いつもいつも周りの人たちはバカにするんだよね」

石木「oh・・・クレイジーデース」

雀部「狂ってやがる。雛森って女は」

日番谷「黒崎!てめえは雛森を見殺しにしたんだぜ!」

一護「あ?挽肉にすんぞ」

雛森「いたた・・・お腹が」

一護「・・・」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:26:52.68 ID:l8nzLJ8I0
一護「野郎・・・調子に乗りやがって」

恋次「ああ。雛森ってあそこまでうぜえなんて」

一角「色々あって豹変したんだろうぜ」

夏梨「一兄。邪魔」

一護「わりい。俺たち部屋に入れねえんだ」

恋次「追い出されてよ」

一角「はぁ・・・」

一護「何とかならねえのかよ」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:30:01.02 ID:l8nzLJ8I0
石木「危ないデース!」

雀部「あーん?」

石木「ぐわあああああああああああああああああああああああああああ」

雀部「おい石木!!」

石木「ぐへぁ・・・」

雀部「やべえ死んじまいそうだ」

雀部「石木は勇敢な男だ。そうだろ狛村」

狛村「うす」

雀部「俺の命・・・お前にやるぜ」

石木「ぐふぇ・・・ごぼぉ・・・」

雀部「・・・」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:32:01.00 ID:7vT88TPK0
イエスマン狛村


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:33:18.35 ID:l8nzLJ8I0
雀部「起きろ。起きろ」

石木「んん。眠いよママ・・・」

雀部「馬鹿言ってんじゃねえ」

石木「は!どこだここは」

雀部「お前は死にかけてんだぜ。時間がねえ。こいつをやろう」

石木「ええーっ!ということは僕は死にかけるのかい!?」

雀部「俺様の命をお前にやるぜ。ついでにこれを」

石木「オー!眼鏡デース!!」

雀部「こいつをピンチの時に」

石木「うんうん!」

雀部「ヘッヘッヘ。心配する事はない」

石木「あっ!待ちなサーイ」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:37:05.07 ID:l8nzLJ8I0
織姫「朽木さん・・・ぐっすりと寝てるな・・・」

織姫「ここで死んだらライバルが一人減るよね・・・」

織姫「ごめんね・・・ごめんね・・・」

兄貴「やめるんだ織姫!!」

織姫「兄者・・・成仏したはず」

兄貴「うぬが心配で来たのだ」

織姫「離せ!離さぬか兄者!!」

兄貴「やはり俺が恐れていたことが!うぬは取りつかれておる!」

織姫「兄者に何がわかると言うのだ!」

兄貴「うぬの気持ち・・・一番理解してるのはこの俺だ」

織姫「兄者・・・」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:41:09.92 ID:l8nzLJ8I0
一護「さすがに斬魄刀持って家で暴れたくねえ」

夏梨「これでいいのか」

恋次「バットなら被害も最小限だぜ」

一角「ゴラァ!出てこいや!!雛森ィ!!日番谷ァ!!」

一護「早く出てねえとボコボコにしちまうぜ!」

恋次「出ろや!おお!?」

一護「出て来ねえな・・・」

恋次「立て籠もりやがって」

一角「出ろって言ってんだよ!ざけんな!!」

一護「人の部屋に立てこもりやがって・・・あのクソバカコンビが」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:48:21.60 ID:+d4dDk0zO
チャド(笑)


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 23:54:40.91 ID:l8nzLJ8I0
チャド「オレスルノカ」

一護「突撃してくれ」

チャド「ワカッタ。イチゴトモダチ」

恋次「こういう時にパワー馬鹿は役に立つぜ」

一角「どうせこれぐらいだろ。役に立つのって」

一護「チャド。やれ」

チャド「ワカッタ」

チャド「オレコワスモノ。イチゴノテキコロス」

一護「・・・」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 00:22:42.34 ID:sn0E/2nA0
ルキア「ああ・・・よく寝た」

織姫「朽木さん起きたよ」

一護「起きたか。じゃあ行くぞ」

ルキア「どこにだ?」

一護「しばらくお前の家に泊めてくれ」

ルキア「何を言っておるのだ!?」

一護「冬獅郎達が立て籠もってんだよ」

恋次「ずっと出て来ねえんだぜ」

一角「ずっとな」

一護「頼むぜルキア」

ルキア「やれやれ・・・仕方がない奴だお前は」





61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 00:25:01.83 ID:ZUadszGs0



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 00:27:43.75 ID:KObFshvT0
チャドをいじめんな


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 00:28:15.13 ID:4wmsMrL00
お疲れ様


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 00:42:58.90 ID:rgN7JBMnP
けっきょくルキアって立ち位置はどこなんだろ
ヒロインなのか?と思ってたらオリヒメがヒロインっぽいし




元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346159610/

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/30 02:11 ] ブリーチSS | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。