それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クレス「最近、チェスターかっこ良くなってきたよな……」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 10:54:55.18 ID:cB5pssQ30
忍者の里、温泉にて

クレス「チェスター、最近体が引き締まってきたよな」

チェスター「ん? そうか? まあ、旅はキツいし、稽古もしてるしな」

クラース「確かに、加入した頃に比べて頼りになってきたしな。
     今じゃ無くてはならない戦力だ。がんばったな、チェスター」

チェスタ「な、なんだよ気持ちわりいな///」

クレス「いや…ほんと…引き締まってきたよな……」

チェスター「お、おう」

クレス「……(じゅるり)」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 10:55:46.86 ID:EKAEa5ci0
\\   / .:::::::::::::::::::::::::::::::::  く
\   / .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::   )  く   ホ  す
  \ l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::: く   れ  モ  ま
     Y           ,!ミ::::::: ヽ  な  以  な
`ヽ、  |           くミ:::::::: ノ   い  外  い
     |、__  ャー--_ニゞ `i::::,rく   か  は
``''ー- ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;! ,ヘ.)  !  帰
      ゙ソ   """"´`     〉 L_      っ
      /          i  ,  /|    て    r
≡=- 〈´ ,,.._        i  't-'゙ | ,へ     ,r┘
,、yx=''" `ー{゙ _, -、    ;  l   レ'  ヽr、⌒ヽ'
        ゙、`--─゙      /!         `、
  _,,、-     ゙、 ー''    / ;           `、
-''"_,,、-''"    ゙、    /;;' ,'  /         、\
-''"    /   `ー─''ぐ;;;;' ,'  ノ          ヽ `ヽ、
   //    /     ヾ_、=ニ゙、、,,_     
///   //    ,、-'´
//    // /  /



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 10:59:01.61 ID:FSNBT6qX0
ほもこわい


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 10:59:57.22 ID:cwfSR6oLP
ファンタジアとか珍しくて来ちゃったけどホモスレだった



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:02:56.81 ID:cB5pssQ30
チェスター「いやー、いい湯だったぜ」

クレス「それ以上にチェスター、いい体つきだったよ」

チェスター「お前さっきからそればっかりだな。何かおかしいんじゃねーか?」

クレス「そ、そんなことないよ。僕も負けてられないなってことだよ」

チェスター「変な奴だな… さて、ちょっくら散歩でもしてくっかな」

クレス「(はっ、これは秘密特訓だな。あいつはいつもそうだ。
     隠れて練習して、努力を人に見られるのが嫌なタイプなんだ)」

クレス「チェスター、僕も付き合うよ」

チェスター「はあ? いや…えーと、一人になりたいんだ。
      だからまた今度な」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:08:43.31 ID:cB5pssQ30
クレス「そんなこと言って、アーチェと二人っきりで秘密特訓するんだろ」

クラース「あ、アーチェと二人で秘密特訓だと!!?」

チェスター「な!! なんでアイツが出てくるんだよ!!」

クレス「僕は前に見たんだよ。チェスターが秘密特訓しているときにアーチェがやってきて
    なんだかシリアスな話し合いをしていたのを。会話の内容は聞こえなかったけどね」

チェスター「あれは、アイツが俺に弱そうって言ったのを謝りに来たんだよ!! それだけだ!!」

クレス「どうだかね!!」

アーチェ「あ、いた。ねえねえ、チェスター!」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:12:30.56 ID:QD3dT+mt0
なぜファンタジアのssは妙な方向に行くものが多いのだろうか
期待



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:13:00.38 ID:cB5pssQ30
チェスター「な、なんだよアーチェ」

アーチェ「あのさ、今日の買い出しでたまたまサーカスのチケットもらったんだけどさ…
     あいにくミントもすずちゃんも予定が合わないのよね」

チェスター「おう」

アーチェ「だから、仕方なくよ!! 捨てるのも勿体無いし……
     ホントは嫌なんだけど……アンタと行ってあげてもいいかな…って///」

クレス「ちょっと待った」

アーチェ「!!!」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:16:36.79 ID:6XB6Ej7rO
クラースさんが身を固めないのはホモだから説が有力になってきましたね……


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:17:00.78 ID:cB5pssQ30
クレス「ホントは嫌なんだったら、僕が行くよ」

アーチェ「あ、あたしと…?」

クレス「僕がチェスターとサーカスに行くよ」

アーチェ「ちょ、ちょっと待ってよ! あたしは…」

クレス「チェスターと行くのは嫌なんだろう?
    僕はチェスターと行きたい。それならチケットも勿体無いしいいアイデアじゃないか!」

アーチェ「いや、嫌っていうか…嫌じゃないけど…」

クレス「決まったね(ニッコリ)」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:22:29.94 ID:cB5pssQ30
クラース「ちょっと待った」

クレス「!!!」

クラース「私もチェスターと行きたい。勝手に話を進めないでくれるかな。クレス」

クレス「そんな!! クラースさんまで」

クラース「ここは年功序列で私が行くべきだ」

アーチェ「(いい大人なんだから身を引きなさいよ!!)」

クラース「さあ、誰と行くんだチェスター。はっきりしろ!!」

チェスター「そんなこと言われても…
      ん? このチケット4人までいけるぞ。4人で行きゃいいじゃねえか」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:24:37.37 ID:GUNcFJx80
ホモしかいないのか…?


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:25:23.75 ID:0sPllYrwO
オリジン『なんと愚かな人間どもだ…』


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:29:52.61 ID:ITZOtIvu0
                            , -‐ "  ̄ ̄ `' 、
                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
                          r':::::::::::::::::::::::::,,_,,、;;;;_,-、::::::::',
 __                      、l ̄"~´/i/^´      |::::::::::l     ____
     \ :'´⌒ヽ               {:|          _ |:::::::::::i   /
      |i   " )_,,, _            {,---‐ッ ゞヒニ二二-`i:/⌒i|   |
      |i         ヽ          | i  ̄t i!    ´__てj"' |:lr'` l  | ホ 目 お
 や 全 |i      / ・ i          '、',  ̄|       ̄  冫'/  | モ  を い
 っ  員 |i          t         ヽ!   、 ,、        イ:i   | だ 離 お
 ち     |i         〃 ●         '!   ゙'     ij   ,' i::l  < ら  し い
 ま    |i   r一 ヽ      )         '、   '.==-‐   /  ':i   |  け た ち
 お    |i   |   i   ∀"          ヽ  ""´   ∠i   '、  |  だ 隙  ょ
 う     |i   |    i   ノi            ノ:i\    /   l    `|  ぜ に  っ
 ぜ    |i ニ|   |二二◎        __,..'| /   ̄     /   ::::|       と
 !    |i  i    i   ヽ      __,,:'´   t/       /    :: |
       li           }    ,_:'´     {    ,,___ /     ,,/i \____
       |i           |  /j\    _:ヘ:ニヽ,,,/_,,    , /:::j      j
  __ /          / ⌒`)⌒) i:::::ヽ::`r‐'___ `   ヽ ,,:_,,_,,/:::::ノ"ノシ    〃
      ,ノ フr フ   メ   / ノ  ゝ:::::: ゝ- 、 ヽ     |::::::::::::::::::::ソ /     ./



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:30:05.30 ID:cB5pssQ30
サーカス当日

アーチェ「わあー、見て! 会場ってこんなに広いんだ!!」

チェスター「ったく、ガキみたいにはしゃぐなっての! まあ、体型は子供だけどな」

アーチェ「なによー!! あんただって性格は十分ガキでしょ!!」

クレス「チェスター!! 会場ってこんなに広いんだね!!」

チェスター「それ、アーチェが同じ事言ったろ」

クレス「でもチェスターの胸板はもっと広いよ!!」

チェスター「……」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:34:04.02 ID:6XB6Ej7rO
ダオスは全身タイツだし目がキラキラしてるからホモ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:34:09.56 ID:cB5pssQ30
チェスター「でも、クラースの旦那は欠席か」

アーチェ「うん、残念だよね」

チェスター「まあ、サーカスくらいいつでも見られるだろ」

クレス「でも、クラースさんが欠席だなんて本当に残念だね」

チェスター「だから、さっき俺が言ったろそのセリフ」

クレス「でも、クラースさんが欠席だなんて本当に残念だね(皮肉)」

チェスター「だめだこりゃ」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:39:29.34 ID:QD3dT+mt0
クレスうぜえwww


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:41:58.97 ID:cB5pssQ30
空中ブランコ

チェスター「ひょー!! すっげえなあ!! アクロバティックすぎるぜ!!」

アーチェ「あたしだって箒があればもっとアクロバティックなことできるもん!!」

クレス「僕だってチェスターへの気持ちはアクロバティックだよ!!」

ジャグリング

チェスター「うわー、すっげえ玉の数と速さだな!!」

アーチェ「あたしだって詠唱のスピードは負けないんだから!!」

クレス「僕だってすっごい量だし、2,3分でいっちゃうよ!!」

チェスター「クレス、何の話なんだよ…」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:46:15.26 ID:cB5pssQ30
猛獣ショー

チェスター「うわー、ライオンに象…こんなにいっぱい出てきて大丈夫なのか?」

アーチェ「ほんとだね。ゴリラにキリン…まだ出てくるのかな?」

チェスター「もう終わりか…? いや、最後にもう一匹なにか出てきたぞ」

アーチェ「あれは……クラース!!!」

チェスター「しかも全裸だ!!! いみわかんねえ!!」

クレス「(くそっ!! やられた!!!)」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:47:13.09 ID:ITZOtIvu0
           ,,x-ー:: ":::::
        ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ:  
    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::  
    `"i`ー'"        ヾ  
      !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ  
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、  
     ヾ::ヽ     -┴'~   
      ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"   
      /_              
     l    '' )    i   
      ヽ,,、'~`      U
       ゙, __ ,-、_,ノ`
 |/      ゙, `'" ,,y
 |/  彡  ゙、`-'"
   /|/     i
   /        !    ,, -'"
    |     `ー '"|::
    |      /|||ヽ
          /|||||/心
          |ヾ/ /`ー



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:50:46.14 ID:cB5pssQ30
クラース「チェスター!!! 助けてくれえええっ!!!」

チェスター「バカ、名前を呼ぶんじゃねえよ!! 知り合いだと思われるだろ!!」

クレス「くそっ!! 僕も負けてられない!!!
    負ける……ものかぁ~~~~っ!!」ビリビリッ

チェスター「なんでクレスも全裸になるんだよ!!」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:57:46.68 ID:cB5pssQ30
モリスン「私も脱ごう」

ルーングロム「私も脱ごう」

ブラムバルド「私も脱ごう」

チェスター「み、みんななぜここに!! なんでアンタ達も全裸なんだ!!」

ダオス「忌々しい人間どもめ!! 私の最終形態を見せてやろう!!」ビリビリッ

チェスター「ダオス(全裸)!! お前がなぜここにいるんだ!!!」

クレス「さあ、チェスターも脱ごう!! それしか方法はない!!」

チェスター「うう…うわあーーーーーっ!!!」ビリビリッ



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:58:28.70 ID:ZxY+Je/n0
(;´Д`)…!?


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 12:02:16.07 ID:cB5pssQ30
サーカス内の全漢が全裸になったとき、
恥辱を乗り越えた男たちの凄まじい精神力が具現化し、デリス・カーラーンへ飛んでいった。
そしてそのエネルギーは復興へのエネルギーとなり、デリス・カーラーン奇跡の復活を遂げた。
しかし、そのエネルギーは凄まじいものであり、エネルギー供給過多となりデリス・カーラーンは結局滅んだ。



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 12:03:55.60 ID:QD3dT+mt0
滅んだwww


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 12:05:41.44 ID:cwfSR6oLP
ちょっと目を離した隙に超展開


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 12:06:57.46 ID:WedyUW2T0
今の下りいるのかwwwww


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 12:07:40.99 ID:FSNBT6qX0
雑だなwww


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 12:10:47.69 ID:cB5pssQ30
アミィ「…めでたしめでたし。どうかな? あたしの作ったお話」

チェスター「途中から訳がわからなかったが、まあ、いいんじゃねえか?」

アミィ「そうだね。こうやって、貧しくともいつもどおり過ごせる。
    それが、本当の幸せなんだってこと。この話を通じてわかったよ」

チェスター「ああ、そうだな。見てみろアミィ!! 空がこんなに青いぞ!!」

アミィ「ホントだ!! 青い青い!! すっごく青い!! 青い!!」

皆さんも窓を開けて空を見て下さい。きっと青空が広がっているはず。
アミィのようなそんな幸せな日々を噛み締めてくれたら…そう思ってこのSSを書きました。


おわり



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 12:26:06.11 ID:QD3dT+mt0
窓開けて空見てみたけど曇りだった





元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343526895/


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/29 15:27 ] SSまとめ | TB(0) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。