それ2chのまとめだったんじゃない?
ヘッドライン

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一護「・・・・・」シコシコシコシコシコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:31:30.76 ID:z8K2va+E0
遊子「お兄ちゃーん」

一護「どうした遊子」シコシコシコシコシコ

遊子「秀ちゃんが来てるよ」

一護「秀・・・ちゃん・・・?」シコシコシコシコシコ

遊子「うん」

一護「誰だよそいつ・・・ちょっと待ってくれ」シコシコシコシコシコ

夏梨「早くしろよ一兄ィ」

一護「うっ」ドビュッ

一護「今行く」



関連?
藍染「砕けろ、鏡花水月」
チャド「阿散井・・・・・阿散井・・・・・」シコシコシコシコシコ
一護「おいチャド。パン買ってこいよ」 チャド「・・・」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:32:23.17 ID:hEwBJ6DF0
お前が今こうしてオナニー出来るのも月島さんのおかげだ



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:34:49.96 ID:z8K2va+E0
月島「やあ」

一護「えっお前・・・何で!」

月島「近くに寄ったからさ」

一護「お前と話す事はねえよ。帰れ」

夏梨「おい一兄ぃ。酷いだろその言い方」

遊子「そうだよお兄ちゃん」

月島「いとこ同士じゃないか一護。昼間からナニを」

一護「おい言うな!わかったよ俺の部屋に来いよ」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:38:07.93 ID:z8K2va+E0
一護「何の用だよ」

月島「僕の能力って無敵だろ」

一護「そうでもない」

月島「僕のこの力は全ての死神・破面を超える物と思ってたんだ」

一護「で?」

月島「藍染惣右介。この僕と似たパクリ者を打ち取りたい」

一護「・・・わかったよ。ついて来いよ」

月島「素直だね」

一護「お前みたいなタイプは何を言ってもずっと居座るからな」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:39:14.49 ID:fztbZMMy0
なんか前も似たような雰囲気のSSを見た気がする


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:40:41.69 ID:z8K2va+E0
一護「おい藍染。おい!」

雛森「あっ黒崎さん」

一護「藍染は」

雛森「それが・・・」

藍染「ギン!痛いからもっとそっとしろ」

市丸「そないなこと言われましても」

雛森「屋根から落っこちてあのザマです」

一護「あれが藍染」

月島「へえー。へえー。へえー」

一護「他に何か言うことねえのかよ」

月島「無いよ」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:44:37.74 ID:z8K2va+E0
藍染「私の鏡花水月は五感を支配する。凄いだろ」

月島「僕のブック・オブ・ジ・エンドは過去を改変するんだ。凄いでしょ」

藍染「何言ってんの?私の方が上だからね。規模が違うから」

月島「一護に負けた君が調子に乗らないでほしいね」

市丸「知り合いなん?」

一護「・・・」

月島「いとこ」

藍染「いとこ?どうりで学の無い顔をしていると思ったら」

月島「そういう君こそ頭が悪そうだよね」

藍染「・・・」

月島「・・・」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:46:19.36 ID:laFh/YZkO
今日は月島さんか


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:49:49.96 ID:z8K2va+E0
藍染「虚閃撃てるの?」

月島「あんな低俗な技」

藍染「はい私の勝ち。1ポイントだ」

月島「君は友達は居るのかい?僕は全ての人間が友だけど」

藍染「うっ・・・ギンと雛森くんと黒崎一護と・・・」

月島「僕の勝ちだね」

藍染「じゃあ君の職業は」

月島「・・・」

雛森「何なのですあの人のご職業は」

一護「無職」

藍染「私は隊長だ!隊長だぞ!隊長兼十刃の首領だ!これは2ポイント」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:54:29.07 ID:z8K2va+E0
月島「嫌いな食べ物は」

藍染「人参」

月島「僕は好き嫌いが無い。勝ったね」

藍染「黒崎一護!どっちの方が強敵だった!」

月島「僕だよね?」

一護「藍染は何やっても一歩上を行くし月島は精神的に堪えたし・・・」

藍染「どっちだ黒崎一護」

月島「一護」

市丸「黒崎くん」

雛森「黒崎さん」

一護「・・・ウルキオラ」

藍染「ウルキオラ・・・だと・・・?」

月島「誰だい。それは」

ウルキオラ「俺だ」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:59:04.24 ID:ZFTDK2hH0
乳か


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:59:47.63 ID:yqOc3TZm0
何かわからんが変な会話だ


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:01:45.54 ID:z8K2va+E0
ウルキオラ「どう見ても俺のが強い」

藍染「私の方が・・・」

ウルキオラ「小細工ばかり使うお前たち二人に」

一護「そうだぞ。お前たちより市丸の方がヤバかったぜ」

市丸「嬉しいわ」

ウルキオラ「俺は全てにおいて最強だからな。そこんとこよろしく」

藍染「・・・」

月島「何だよこいつ・・・」

ウルキオラ「精進しろよ」

一護「おい!どこ行くんだよ」

ウルキオラ「覗きだ」

一護「・・・」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:04:31.18 ID:tJBS/PmL0
ウルキオラ自重しろ


20 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/06/22(金) 21:05:00.10 ID:Fzu32q7d0
ウルキオラのキャラ崩壊がひでえww


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:05:31.41 ID:z8K2va+E0
藍染「でも過去を改変とか凄いよな」

月島「自分でも訳がわからないけど」

市丸「何やそれで悪戯できるんとちゃう」

一護「やめろよ。お前たちはいい加減に」

ウルキオラ「おい藍染。また来たぞ。客だ」

藍染「もうこんな時間か・・・やれやれ」

日番谷「藍染!!!!!!!!!!」

藍染「黒崎一護。たまには君が」

一護「嫌だ」

藍染「遠慮するなよ」

月島「僕が行こう」

一護「手加減してやれよ」

月島「任せなさい」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:11:33.50 ID:z8K2va+E0
月島「終わり」

ウルキオラ「1分15秒か。まだまだだな」

藍染「ウルキオラの5秒の壁を超える者は出ないようだ」

日番谷「ううっ・・・」

一護「大丈夫か冬獅郎」

日番谷「ひ、日番谷隊長と・・・」

藍染「生意気を・・・ぬかすな!」

ウルキオラ「身の程をしれ」

月島「そうだぞ。この小さき者よ」

市丸「止めんでええの?」

雛森「いいんです。シロちゃんにもやっと心から触れ合える友達ができたんですから」

一護「おい」

市丸「ええ子やな」

一護「おい!やめろ三馬鹿!」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:14:40.95 ID:z8K2va+E0
藍染「馬鹿扱いされたんだけど」

月島「超心外なんですけど」

ウルキオラ「これだから真面目は」

一護「隅っこで大人しくしてろ!」

日番谷「もういい帰る」

市丸「もう帰るんか?今日は早いな」

日番谷「変なのがもう一匹増えたから」

月島「一護。バカにされてるぞ」

藍染「怒っていいんだぞ」

ウルキオラ「やれ黒崎。思い知らせてやれ」

一護「もう勘弁してくれ」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:18:55.31 ID:laFh/YZkO
何で仲良くなってんだよ


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:24:21.06 ID:z8K2va+E0
日番谷「チクショー・・・」

藍染「ペッ」

ウルキオラ「ペッ」

日番谷「・・・」

一護「大丈夫かよ」

日番谷「うるせえよ・・・」

一護「待てよ」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:28:36.07 ID:z8K2va+E0
一護「月島も謝れよ」

月島「ごめん」

一護「もういいだろ冬獅郎」

日番谷「許さねえ」

一護「何か奢ってやるから」

月島「何でもするよ。僕は」

日番谷「・・・本当か」

月島「嘘は言わないよ」

一護「何でも言ってみろ冬獅郎」

日番谷「あの」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:31:31.07 ID:z8K2va+E0
一護「なあ月島」

月島「何?」

一護「くだらねえ願いだよな」

月島「僕からすれば余裕だけどね」

一護「確かにそうだけど」

月島「任せといてよ」

一護「変な事すんなよ」

月島「心配しないで」

一護「心配だ・・・」



30 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 2012/06/22(金) 21:33:43.84 ID:FSE3a0Azi
またキミか


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:46:04.68 ID:z8K2va+E0
月島「ほら」

石田「何だよいきなり」

織姫「?」

チャド「むっ」

一護「成功したんだろな」

月島「完璧さ。彼の名前は」

石田「日番谷隊長」

織姫「日番谷隊長」

月島「ほらね」

日番谷「おおーっ!」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:46:45.30 ID:RpFBvUA70
ちっちぇえwwww


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:47:22.88 ID:fztbZMMy0
泣ける


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:49:17.14 ID:z8K2va+E0
石田「もう帰っていいか?」

一護「悪かったな石田!井上!」

織姫「また明日ね」

日番谷「黒崎・・・俺の名前は」

一護「冬獅郎」

日番谷「おい!こいつにもやれよ」

一護「俺は別にいいだろ。日番谷隊長」

日番谷「まあな・・・」

一護「さてと恋次のとこにでも行くか」

月島「これでいいんだろ」

日番谷「お前凄いよ」

月島「フフフ」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:56:34.39 ID:z8K2va+E0
月島「・・・」

一護「何やってんだ」

月島「朽木白哉の椅子に画びょうを」

恋次「馬鹿野郎。黒く塗らねえと」

月島「なるほど」

一護「アホかこいつら」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:57:47.97 ID:q2zGR0Vl0
レンジも嫌ってるのかよ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:58:35.15 ID:n2W1ymko0
画びょうてあんたらwww


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:59:35.53 ID:tJBS/PmL0
アホだこいつら


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:00:41.27 ID:z8K2va+E0
日番谷「今日は藍染に勝てる気がするぞ・・・」

ウルキオラ「胸に虫が止まってますよ」

雛森「止まってません」

日番谷「よお雛森」

雛森「おはようございます!日番谷隊長」

日番谷「・・・へっ?」

雛森「?」

日番谷「日番谷隊長って・・・えっ?」

雛森「どうしました?日番谷隊長」

日番谷「いや別に・・・」

ウルキオラ「いよいよ愛想尽かされたんだな」

日番谷「・・・」

ウルキオラ「プッ。藍染に言ってやろ」

日番谷「・・・」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:04:40.97 ID:z8K2va+E0
吉良「ええーっ!?日番谷隊長がいよいよ雛森くんに愛想を尽かされたのかい!?」

ウルキオラ「そうだ」

藍染「やった!何故か知らんが愛想を尽かされたのか」

市丸「イヅルも藍染隊長も嬉しそうやな」

ウルキオラ「日番谷隊長って言われててさ」

吉良「ついに僕の時代が到来ですね!市丸隊長!」

市丸「うん。それでええと思うよ」

ウルキオラ「藍染。感想は」

藍染「今日はとことんおちょくってやろうと思う」

ウルキオラ「面白い」

市丸「捻くれてるわ。この二人だけは」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:08:48.49 ID:z8K2va+E0
月島「お邪魔してるよ」

白哉「・・・」

月島「ほら座って」

一護「俺は知らねえからな」

白哉「兄の事だ。何か良からぬ事を」

月島「怯えてるんだね。僕に」

恋次「ガツンと座ってくださいよ!朽木隊長」

月島「ほら」

日番谷「月島!月島!月島!月島!月島ああああああああああああああ」

月島「はい」

白哉「うぎゃあああああああああああああああああああああああああああ」

一護「白哉!しっかりしろ!」

恋次「顔面からダイブしやがった隊長の奴・・・」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:09:07.72 ID:q2zGR0Vl0
片っ端からか


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:13:29.42 ID:z8K2va+E0
月島「いいだろ別に」

恋次「何か文句でもあるんすか日番谷隊長」

一護「白哉。大丈夫か」

白哉「謀ったな黒崎一護」

一護「えっ何で」

日番谷「でもお前いきなりお前それはお前あれだぞ」

月島「いいだろ別に」

白哉「日番谷隊長。狼狽えるな」

日番谷「顔面から血を流してる奴が何言ってんだ」

一護「あんまり刺激するなよ。白哉を怒らせたら」

白哉「散れ」

一護「ほら見ろ」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:20:52.96 ID:z8K2va+E0
一護「大丈夫か冬獅郎」

白哉「氷輪丸。これは没収しておく」

日番谷「か、返せ・・・」

白哉「ダメだ」

月島「君もとことんやるね」

白哉「我が妹ルキアの袖白雪の方が100倍最強だ。何が氷輪丸。片腹痛いわ」

一護「返してやれよ」

白哉「考えてもみろ。袖白雪は美しいルキアは可愛い。二つ合わせて最強だ」

恋次「何言ってんだこいつ」

白哉「それをいつもいつもルキアの周りに居るのは下劣で野蛮な赤パイン」

恋次「・・・」

白哉「粗暴で無知なオレンジ頭」

一護「・・・」

白哉「本来ならこの二人も殺したいとこだが今日は日番谷隊長だけで勘弁してやる」

日番谷「返せよ朽木・・・返せよ」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:23:01.66 ID:qEcpMJhd0
赤パイン……


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:25:34.30 ID:z8K2va+E0
月島「派手にやられたね」

一護「もう帰るぞ冬獅郎」

日番谷「婆ちゃんのとこに行きたい・・・」

月島「そうか死にたいんだね」

一護「違うからな。まだ生きてるみたいだから」

月島「何だつまんないの」

ウルキオラ「黒崎一護」

一護「何やってんだよ。こんなところで」

ウルキオラ「来い」

一護「・・・」

ウルキオラ「いいから来い」

月島「僕も?」

ウルキオラ「秀ちゃんもだ」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:28:39.03 ID:z8K2va+E0
藍染「やーいやーい。嫌われてやんの」

一護「お前は子供か」

日番谷「・・・」

藍染「言い返して来ない・・・だと・・・?」

市丸「重症やな」

一護「もうやめてやれよ。首くくるぜ」

ウルキオラ「お前何とかできないのか」

月島「・・・無理だね」

日番谷「一人にしてくれ・・・」

藍染「ちょっと待ってよ!日番谷くん」

日番谷「うるせえよ・・・」

藍染「張り合いがない・・・」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:33:17.61 ID:z8K2va+E0
一護「・・・そんなに傷つく事か?」

ウルキオラ「お前ポケモンをやった事あるか」

一護「あるけど」

ウルキオラ「ずっとヒトカゲと呼んでた奴をいきなりシゲルとか呼べるか」

一護「・・・」

ウルキオラ「それと一緒だ」

一護「意味がわからん」

市丸「僕かて乱菊にいきなり距離置かれたらちょっと戸惑うな」

月島「なら実験してみるか一護」

一護「実験・・・?」

月島「そうだよ。いきなり呼び名が変わったらどうなるかって」

一護「また変な事じゃねえだろうな」

月島「うふふ」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:37:16.53 ID:z8K2va+E0
ルキア「邪魔なんだよ!」

白哉「やめろルキア」

ルキア「いつまでも兄貴面してんじゃねえよ!」

白哉「ああ・・・私のわかめ大使が」

ルキア「何だよこんなもん」

白哉「待つんだルキア!戻って来い!」

ルキア「ふざけんな!死ね!ゴミ虫!」

白哉「ルキア!ルキア!」

月島「ほらね」

一護「色々と変わってるじゃねえか」

白哉「あの清純派のルキアが凶暴性満点に・・・やはり黒崎一護と阿散井の影響か・・・許さない」

月島「がっくりと肩を落としてるだろ。朽木白哉が」

一護「いきなりあんな事されたら誰だって落ち込む」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:50:47.69 ID:WSH74/0QP
>>52
わかめ大使ってなんだよww



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:37:39.17 ID:fztbZMMy0
極端な


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:42:07.29 ID:z8K2va+E0
ウルキオラ「雛森さん雛森さん」

雛森「はい?」

ウルキオラ「この写真の人は誰でしょう」

雛森「日番谷隊長?」

ウルキオラ「貴方とこれの関係は」

雛森「顔を合わしたら挨拶するだけですね。近づきにくい人です」

ウルキオラ「そうですか。そうですか・・・うん」

雛森「はい」

ウルキオラ「シロちゃんよ。お前の時代は終わりを告げたんだ。合掌」

雛森「?」

ウルキオラ「今晩俺の部屋に来い」

雛森「えっ?」

ウルキオラ「返事は『はい』だ」

雛森「は、はい?」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:42:57.62 ID:fztbZMMy0
なんだそのいいセリフ


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:47:01.72 ID:z8K2va+E0
月島「ただいま」

藍染「・・・」

一護「どうしたんだ藍染のやつ」

市丸「日番谷隊長を待ってるんや」

藍染「いつもなら私に挑んで来る時間なのに」

市丸「朝と昼と夕と夜は必ずきっちり来てたのにな」

一護「お前らがあんな事するから」

藍染「ウルキオラ。嬉しそうだな」

一護「真顔じゃねえか」

藍染「満面の笑みだ」

一護「真顔だろうが」

ウルキオラ「スケベの女が今晩来るんだ。黒崎一護」

一護「?」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:52:46.59 ID:z8K2va+E0
月島「どんな子なの?」

ウルキオラ「来た」

雛森「来ましたよ」

ウルキオラ「さあ寝て寝て」

一護「何やってんだ!」

雛森「私まだ眠くないですから」

一護「警戒心0だ・・・どういう環境で育ってきたんだ」

月島「改変改変と」

一護「おいやめろよ!」

ウルキオラ「なぜ俺が呼んだかわかりますか?」

雛森「わかりません」

ウルキオラ「性行だ」

月島「その通り」

一護「はぁ・・・」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 22:57:02.29 ID:z8K2va+E0
ウルキオラ「・・・」

月島「・・・」

一護「引っ叩かれただろ」

ウルキオラ「いいんだ。これで」

一護「よくねえよ」

月島「いいのさ」

一護「おい月島。帰るぞ」

月島「もう帰るの」

一護「これ以上居てもお前が何かやらかすだけだろうが」

月島「一護だけ帰れば」

ウルキオラ「さようなら黒崎一護」

一護「残るよ・・・残ればいいんだろ・・・」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:01:38.38 ID:z8K2va+E0
藍染「来ないな」

市丸「おはようさん」

一護「ずっと待ってんのか」

藍染「張り合いがないじゃないか!」

一護「自分から行けよ」

藍染「私のプライドが許さない」

市丸「気高いお人なんやで」

一護「あいつ斬魄刀まで取られて落ち込んでるんだぜ」

藍染「なら元気づけてやればいい。そしていじめる」

ウルキオラ「そうだ。それがいい」

月島「一護。呼びに行って来て」

一護「・・・」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:09:46.48 ID:z8K2va+E0
日番谷「・・・」

藍染「元気を出せシロちゃん。こう言えばいいんだろ」

ウルキオラ「シロちゃん。どういうプレーなんだ」

月島「そうだよシロちゃん。ダサいあだ名だよね」

日番谷「帰る」

藍染「待つんだチビ」

日番谷「うるせえな」

月島「ほら僕は秀ちゃん。君はシロちゃん」

ウルキオラ「まるで兄弟のようだ」

藍染「今黒崎一護とギンが取り戻しに行ってるから元気出せ」

日番谷「すまねえ」

藍染「そして私がいじめるんだ」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:14:46.49 ID:z8K2va+E0
一護「白哉」

白哉「・・・」

一護「貰ってくぞ」

白哉「好きにしろ」

市丸「落ち込んでるね」

白哉「妹がグレた・・・」

一護「戻るぞ」

白哉「グレたんだ・・・」

市丸「大変やね」

白哉「・・・」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:20:50.21 ID:z8K2va+E0
雛森「あっ日番谷隊長」

ウルキオラ「雛森さん」

雛森「何ですか」

ウルキオラ「貴方は記憶を無くしている」

雛森「えっ?」

ウルキオラ「あそこに居る日番谷とは所謂一つのセフレと言う奴でした」

雛森「は、はあ」

ウルキオラ「肉体関係ですね。卑猥ですね。恐ろしいですね」

日番谷「おい離せよ」

月島「さあ準備はできた」

藍染「日番谷くんにご奉仕するのだ!雛森くん!!」

ウルキオラ「やってあげなさい」

月島「やるんだ雛森さん」

藍染「日番谷冬獅郎を復活させるんだ!」



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:23:39.43 ID:NseqGh1qO
なんだかんだ見た目が一番可愛いのは雛森


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:24:59.81 ID:z8K2va+E0
雛森「嫌です」

藍染「嫌・・・だと・・・?」

雛森「できませんよ!」

ウルキオラ「できるとかできないとかの問題じゃない」

月島「やるんだ」

ウルキオラ「ほらお前からも頼んで」

日番谷「別にいいよ俺は」

ウルキオラ「何だそりゃ」

藍染「メチャクチャじゃないか」

日番谷「ほっといてくれよ!」

月島「逃げられたね」

ウルキオラ「貴方がグズグズするからですよ雛森さん」

雛森「ごめんなさい」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:25:03.45 ID:zUP65hfZ0
スレタイはなんだったんだ


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:30:08.19 ID:q2zGR0Vl0
いつもの人ならスレタイの存在が消える


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:30:46.74 ID:z8K2va+E0
一護「おーい冬獅郎」

藍染「遅いわ馬鹿!」

一護「あ?無月決めるぞ」

藍染「や、やめてくれよぉ・・・」

一護「ったく調子に乗りやがって」

雛森「ウルキオラさん」

ウルキオラ「はい」

雛森「も、もしかして私って・・・」

ウルキオラ「言ってみなさい」

雛森「処女じゃないんですね」

ウルキオラ「ガバマンです」

雛森「・・・いつの間に私って」

ウルキオラ「単純だ」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:32:58.04 ID:fztbZMMy0
無月撃っても死なないじゃないすか


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:34:14.31 ID:z8K2va+E0
一護「戻してやれよ月島」

月島「いや徐々に思い出そうとしてる様が面白い」

一護「お前の能力って完璧じゃ」

月島「一護。誰にでも弱点があるんだよ。この僕にも」

藍染「私は弱点は無い」

一護「無」

藍染「冗談だよ!冗談だから」

一護「大人しくしてろ馬鹿」

藍染「はい・・・」



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:39:29.50 ID:z8K2va+E0
ウルキオラ「清純ぶってても処女捨ててるんですよ」

雛森「言わないでください」

ウルキオラ「淫乱」

雛森「やめてください!」

ウルキオラ「痴女」

雛森「いやあああああああああああああああああああ」

一護「おい藍染」

藍染「どうした」

一護「雛森さんって本当にあれか」

藍染「処女だよ。だって私一筋だからね」

一護「お前手を出さなかったんだな。悪党のくせに」

藍染「当たり前だ!そんなの事した日にはロリコン隊長のレッテル貼られるっての」

月島「一護はホモだったかな。茶渡くんが言ってたけど」

一護「あのクソ野郎・・・」



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:46:15.06 ID:z8K2va+E0
一護「やめとけウルキオラ」

ウルキオラ「もっとイジメたいんだが」

雛森「・・・」

ウルキオラ「藍染が許されて俺が許されないなんて差別だ」

月島「安心して君は処女だよ」

雛森「本当ですか?」

月島「嘘」

一護「もうやめろって何でお前たち2人はいつもそんなんなんだ!」

ウルキオラ「雛森さんをいじめるのが何となくいい」

月島「ノリかな」

市丸「藍染隊長しっかりせな」

藍染「よっしゃ」

ウルキオラ「何か文句あるの」

藍染「な、ないよ」

市丸「アカンわ。このお方は」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:55:30.69 ID:z8K2va+E0
藍染「ウルキオラはこんな感じなんだよ」

市丸「せやで黒崎くん」

藍染「アーロニーロの水槽に穴開けようとしたり」

市丸「ザエルアポロの倉庫を燃やしたりもしたな」

藍染「スタークが寝てるのをいいことに派手に落書きしたり」

市丸「ハリベルのお乳を揉もうともしたり」

藍染「バラガンの椅子をわざと壊れやすいようにしたり」

市丸「ノイトラを毎日のようにボコったり」

藍染「ヤミーをわざと迷子にさせた事もある」

市丸「従属官に対しても悪戯してたな」

一護「グリムジョーは」

藍染「あいつはこれと唯一渡り合えてたから」

ウルキオラ「懐かしい。いい尻だ」

雛森「触らないでください」



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 23:59:22.71 ID:laFh/YZkO
ゾマリ「・・・」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:01:58.68 ID:vScMrUou0
>>81
目が一杯ある人?



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:07:32.50 ID:9jnW7QCy0
ウルキオラ「なぜお触り禁止なんです」

雛森「嫌だからです」

ウルキオラ「それだけじゃ理由には」

雛森「誰だって嫌がりますから!」

ウルキオラ「俺ってイケメン」

月島「イケメン」

ウルキオラ「ほら」

雛森「顔の問題じゃ」

ウルキオラ「脱ぎましょうか」

雛森「結構です」

ウルキオラ「我儘なお人だ」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:11:22.51 ID:vScMrUou0
あの世界イケメンばっかりだから・・・


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:11:24.11 ID:PI4c9muU0
相変わらずどこへ向かっているのかよくわからないSSだ


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:15:34.60 ID:9jnW7QCy0
藍染「日番谷くんは」

一護「もういいだろ」

藍染「あいつをいじめるのが生き甲斐なんだよ!」

ウルキオラ「先っちょだけでいいから」

雛森「離して!」

市丸「・・・僕帰るわ」

一護「おいコラ!」

市丸「今の君にならこの子らを任せられそうやわ」

一護「市丸!おい市丸!」

月島「居ないよ」

一護「・・・」



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:25:45.02 ID:9jnW7QCy0
一護「ほら集まって」

藍染「何だよ」

一護「月島。早く元に戻せ」

月島「無理なんだよねこれ」

一護「ウルキオラは一々ちょっかいかけんな」

ウルキオラ「ホモのくせに」

一護「・・・雛森さんも無視してウルキオラのこと」

雛森「あ、はい」

一護「冬獅郎呼んでくるから大人しくしてろよ」

藍染「また呼ぶんだ」

月島「芸がない」

一護「うるせえ!」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:32:39.15 ID:9jnW7QCy0
ウルキオラ「待ってる間・・・暇だな」

月島「そうだね」

藍染「そもそも日番谷くんはどうして」

ウルキオラ「心境の変化だ」

藍染「・・・」

月島「じっくり待とう」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:37:50.49 ID:9jnW7QCy0
ウルキオラ「あっ」

藍染「どうした」

ウルキオラ「急に呼び名を変えたからショックを受けたんだ」

藍染「そうだよ。忘れてたのか」

月島「繊細だね。僕も秀九郎から秀ちゃんになった時はショックだったけど」

ウルキオラ「何故に変わったかはわからんが」

月島「僕のせいね」

ウルキオラ「元凶はあなたです」

雛森「えっ」

ウルキオラ「反省して」

雛森「すみません」

ウルキオラ「フフフ」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:41:35.67 ID:9jnW7QCy0
ウルキオラ「日番谷との思い出を思い出すのだ」

藍染「思い出してくれ」

雛森「と言われましても」

ウルキオラ「はい。アルバム」

雛森「いつの間に取って来たんですか」

ウルキオラ「さっき」

雛森「・・・」

ウルキオラ「頑張りましょうね」

雛森「は、はい」

月島「そんな事で僕のブック・オブ・ジ・エンドを打ち破れるかな」



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:42:29.83 ID:RkOfANsW0
月島さんヤっちゃえば解けるんじゃなかったか…


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:48:53.96 ID:9jnW7QCy0
ウルキオラ「思い出して」

雛森「・・・わかりません・・・」

ウルキオラ「今の困った顔は素晴らしい。もう一度」

雛森「真面目にやってください」

ウルキオラ「頬を引っ張ると・・・」

雛森「痛い痛いですよ!」

月島「何してるの?」

藍染「ああ。雨漏りを修復してて・・・」

月島「ふーん」

藍染「危ない!瓦が!」

月島「えっ・・・」

藍染「月島!大丈夫か!!」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:55:42.24 ID:9jnW7QCy0
雛森「・・・」

ウルキオラ「どうしたんです」

雛森「懐かしいですね。シロちゃんもまだ小さかったな」

ウルキオラ「あっ元に戻ってしまった」

雛森「?」

ウルキオラ「俺のおかげだな。だが黒崎が帰って来るまで・・・」

雛森「ど、どうしたんです?」

ウルキオラ「いじめたろ」



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:59:04.29 ID:cNgskyzU0
完全にキャラ崩壊しててわけがわからん


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:01:16.61 ID:vScMrUou0
本編より活き活きしてるわ


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:04:10.87 ID:9jnW7QCy0
一護「連れてきたぞ」

藍染「月島!起きるんだ!」

雛森「いたいいたいたい」

ウルキオラ「そらそら」

一護「・・・冬獅郎」

日番谷「何だよ」

雛森「シロちゃん助けて」

一護「ああ月島が何かぶっ倒れてるから解けたんだ・・・」

ウルキオラ「藍染。日番谷だ日番谷がやる気を出したぞ」

藍染「マジか!よし」

日番谷「よくも人を散々甚振ってくれたな」

藍染「日番谷いじめ再開だ!」

一護「・・・」



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:15:01.88 ID:9jnW7QCy0
藍染「相変わらず弱いね」

日番谷「ううっ・・・」

藍染「スッキリした!」

一護「良かったな」

ウルキオラ「見てよ日番谷冬獅郎」

雛森「もうやめてください!」

日番谷「何やってんだお前」

ウルキオラ「4の字固め」

日番谷「てめえ・・・」

ウルキオラ「おっと。まだ血は出てない。でもナニを突っ込めば出るかも」

日番谷「ぶっ殺す!」

ウルキオラ「元気だなこいつは」

一護「起きろ月島。帰るぞ」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:16:36.62 ID:PI4c9muU0
月島さんは大丈夫なのか・・・?


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:24:36.66 ID:9jnW7QCy0
日番谷「なあ黒崎」

一護「何だ」

日番谷「別に日番谷隊長なんて呼ばれなくてもいいかもな」

一護「今さら呼べないから俺は」

日番谷「お前は冬獅郎、雛森はシロちゃん、井上は冬獅郎くん」

一護「・・・」

日番谷「それぞれ違う呼び方で俺を呼んでくれる。それだけで俺は十分かもしれねえ」

ウルキオラ「雛森さんをいじめるのも案外面白い」

雛森「酷いですよウルキオラさん」

ウルキオラ「デコピン」

雛森「いたっ」

日番谷「おい待てコラ」

ウルキオラ「何だまたやられたいのか」

月島「・・・銀城に出会えたよ」

一護「死にかけてたんだお前」



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:30:17.74 ID:9jnW7QCy0
一護「来たな」

石田「何だよまた」

織姫「どうしたの?」

チャド「・・・」

一護「こいつの名前は」

石田「日番谷冬獅郎」

織姫「冬獅郎くん」

日番谷「元に・・・戻ったんだな」

一護「これで俺もやっとこさ帰れるぜ」

月島「世話をかけたなシロちゃん。僕の事は秀ちゃんと呼んでくれ」

日番谷「またな・・・秀ちゃん」

月島「うわぁ・・・本当に言っちゃったよ」

一護「帰るぜ石田、井上、月島」

日番谷「月島秀九郎か・・・すげえムカつく」



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:37:48.92 ID:9jnW7QCy0
藍染「来た来た」

市丸「ホンマに生き生きしてるな」

日番谷「今日こそは・・・」

藍染「倒すって言いたいんだろワンパターンだな君は」

ウルキオラ「頬っぺたツンツン」

雛森「ちょっと!何するんですか」

日番谷「藍染どけ」

藍染「やだね。可哀想にずっとツンツンされるぞー」

日番谷「この野郎!」

吉良「何だよ元気になってるじゃん・・・死ねよもう」

市丸「・・・」

ウルキオラ「ツンツン」

雛森「やめてください」



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:45:40.18 ID:PI4c9muU0
楽しそうだな


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:47:57.74 ID:9jnW7QCy0
月島「僕もそろそろ行くよ」

織姫「お元気で月島さん」

石田「僕たちは月島さんの事を忘れない」

チャド「月島さん」

一護「どこにでも行ってくれ」

月島「またね。井上さん、石田くん、一護」

一護「ああ。どうせ帰ってくると思うけど」

織姫「さようなら」

石田「さようなら」

チャド「さようなら」

一護「行っちまったか」

石田「でも僕たちには新たな戦いが待っている」

織姫「うん」

一護「・・・はあ。何やってたんだろ俺」




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:50:16.56 ID:ruGhmTY20
チャドさらっと無視されてるな


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:51:16.01 ID:PI4c9muU0
終わったか
今回も面白かった乙



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 02:01:10.95 ID:dfwiFc0SO
前のグリムジョーは雛森を慕ってたのに
ウルキオラはやりたい放題だな



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 02:04:58.63 ID:hXgT9DrY0
読みやすかった
お疲れさん



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 02:12:45.67 ID:RkOfANsW0

毎度面白い




元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340364690/


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/24 02:44 ] ブリーチSS | TB(1) | CM(0)
こちらもお勧め!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【一護「・・・・・」シコシコシコシコシコ】
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 20:31:30.76 ID:z8K2va E0 遊子「お兄ちゃーん」 一護「どうした遊子」シコシコシコシコシコ 遊子「秀ちゃんが来てるよ」...
[2012/06/24 19:00] まとめwoネタ速neo
プロフィール

ryo

Author:ryo
ACVDで忙しい
好きなように生きて
好きなように死ぬ
誰のためでもなく
それが、俺らのやり方だったな

twitter

人気記事
検索フォーム
ブログランキング
フィード
あわせて読みたい
フィードメーター - ネタ集めブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。